ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も年末進行まっしぐらで忘年会や大掃除で忙しい中、友人と久々にアーケードに行った時ですよ。目を疑いたくなる様な物体が・・・・。
どうやら『アルカナハート』とかなんとか。何が問題かってまず目に入ってくる登場キャラたち。
20061230212719.jpg20061230212733.jpg20061230214807.jpg
こういう系のゲームナンデスネ(;´Д`)

登場キャラはロリから高校生くらいまで年齢は色々ですが10人全て女子キャラという始末。中学生、剣士、魔女ッ子、巫女、チャイナ、ゴスロリ、ブルマ、スク水と吐血級のキワモノばかり。
調べてみたら『サムスピ零』や『サムスピ天下一剣客伝』を作った会社が作ったゲームとのこと。何があったのか知りませんが方向性が180度真逆の属性を発揮しています。

ある意味怖くてとてもじゃないけどプレイできないオーラを発揮しまくっている本作。内容は今時にありがちないわゆるコンボゲーですな。
何かしらシステムあるようですが公式みても写真解説すらなく全くもって理解させる気0状態。プレイしているのを見ても特にオリジナリティあるようなものはなさげな様子。ついでにコンボゲーとは言えギルギアやメルブラと違い動きは変にスローペース。

どう贔屓めに見てもありきたりな内容を萌え系キャラで覆い隠し特定層のみからお金を毟り取ろうと画策したとしか言い様が無く下手したら早々に消えてもおかしくなさそうデスヨ。
消えそうと言えばPS3や360に移植が決まったVF5もVerBにアップされたのに無人の荒野でテンポの墨に追いやられてしまっていましたな・・・。逆に大型台で目立つ『戦場の絆』や『連ザ』などのガンダムゲームは常に誰かがプレイしておいて盛況だったのが印象的でした。

2D格闘からゲームに馴染んできた者としては3Dゲームに負けずに盛り返してほしい所ですがこういうゲームはむしろ首をしめる結果になるんじゃないかな?・・・(´・ω・`)
スポンサーサイト
今日はネット上で見つけた興味深いゲームの動画でも。
一つ目はGameTrailers.comの動画でPS3買った人の中でもプレイしてる人が多いであろう『Resistance』と今年もっとも世界中のユーザーを唸らせた『Gears of War』の比較動画。
相変わらずチェーンソーはグロぃ・・・・w

解説は英語ですが登場する銃器、背景、ライティング、物理演算、AIなど様様な面で解説しています。『GoW』はクリアもしてますし内容はわかりますが『Resistance』はPS3を持ってないこともあり実際の画面を見るのは初めてなので興味深々。

なんだか光源処理の影響か『Resistance』の画面は白っぽくてのっぺりしているような・・・。銃器はオリジナリティありますがどうもリアリティに欠けますね。オモチャみたい(´・ω・`)
とは言えFPSとしては無難な出来みたいなのでFPS好きでPS3持ってたら一度はやってみたいタイトルでしょう。

2つ目はPS3、360、Wiiそれぞれの『CoD3』の比較動画
リアリティが売りのFPSなのでまぁWiiはね・・・。何も言うまい・・・。
面白いのがPS3と360版の比較ですがどうも360の方が解像度とか高いような気が。最終的な性能面では同等でもやはりGPUの細部が違うし製作側の慣れもあるでしょうが結構変わりますね。PS3版は細部がピンぼけっぽく見えます。

最後は360でも発売日が決定したAC4ですがPS3版の実機プレイ動画
トレーラー以外で動いてるの初めてみましたが従来のAC系とは別物の様に変化してます。空飛びまくりにミサイル撃ちまくり。あそこまで長時間飛んでてもオーバーヒートしないんですかね?画面のレイアウトも全く別物だし新鮮ですね。それともあれはリプレイ画面?う?ん、雑誌でもその辺あまり情報でないから気になります・・・。

あとマップの広さが従来の16倍になったことでOB発動しても全然違和感ないくらい自由に動ける空間がいいですね。前まではマップが狭かったので発動してもまともに飛べば数秒で作戦範囲オーバーやオーバーヒートしてましたがかなり使いやすくなった?あれなら従来のムービーばりの動きできてかなり爽快感高そうです。反面大味っぽそうな気もしますが・・・。
早く360版で遊びたいです( ´∀`)
今日はちょっと古いゲームのことでも。
最近仕事の関係でマーベルコミック(X-MENで有名なアメコミ)に触れる機会があったのですがかな?り面白いですね。コマ割りが日本と結構ちがったりアクションよりも台詞の方が多かったりしますが話の内容やキャラの個性、人間関係を知れば知るほどハマリます。

今まで知らなかったのですがX-MENやスパイダーマン、キャプテンアメリカやアイアンマンなどアベンジャーズの面々とかは全部マーベルユニバースという一つの世界に一緒に存在してるんですね。
なので別作品と思いきやウルヴァリンとスパイダーマンが共闘したりしてるんだからびっくりしましたし面白い。ブレイドまで一緒の世界だったのは意外でした(´・ω・`)

マーベルに関してはファンサイトなど多数ありますが検索しても真っ先に出てくるマーベルファンクラブが相関図などもありわかりやすいですね。

前置きはこれくらいにして本題。
マーベルを扱ったゲームで有名なのといえばやはりカプコンの『MARVE vs CAPCOM』などのVSシリーズですがこれはリュウやケンなどカプコン系のキャラが出てくるので純粋にマーベル作品ではない(と解釈してます)。そういう意味でも一番思い出深いのは『MARVEL SUPER HEROS』でした。

アーケードでの稼動開始がVF2のすぐ後だってんだからアーケード全盛期ですね。塾行くのをサボってよくゲーセン入り浸ってました・゚・(ノД`)・゚・。
作品等についてはWikiを見るとシリーズ含め詳しく書かれており思わず「あ?こんなのあったなぁ」と頷くばかり。シュマゴラスの説明文が面白かったデス( ´∀`)
marvel.png Cアメリカvsシュマゴラス

で、マーベルコミックスで知れば知る程懐かしく思い思わずゲーム屋でPS版の中古を2600円で購入したわけですよ。何気に高い・・・・
内容はシンプルなマブカプ版ですがWikiにもある通りPSなので完全移植とは行かずアニメーションの削減が若干あったりします。ついでにエフェクトが派手な技を使うマグニートーやブラックハートがぶつかると処理落ちが(;´Д`)

とはいえ処理落ちも特定のキャラ同士の場合のみで他のキャラだと処理落ちも感じられないのでそこだけ割り切れば当時の思い出そのまま遊べますね。
アニメーションが減ろうがギルギアより滑らかに動いてる辺り感心します(´・ω・`)

ゲームモードもアーケード、VS、オプションと超シンプル。昨今の格ゲーみたいに蛇足が山盛りなのを考えるとほんとこれだけで十分な気もしちゃいます。
どうせならXbox Live Arcadeで配信してくれたらなぁ?とか思いました。Live Arcadeと言えば餓狼伝説SPは告知だけして完全になかったことに。
ガロスペ用に買ったMSポイントは今も残ったままですがどうしましょ・・・(;´Д`)
ロスプラもオフラインをオンラインに疲れた合間にやっている程度なので中々先に進みません。というかオフだと途中途中にボスがいますが何度もトライして攻略法を練っていかないとちょっと理不尽っぽい感じがしますね(;´Д`)

海外FPSを意識した作りなので高難易度化したのかもしれませんがプレイヤーの視点操作性がお世辞にも良好とまではいかないのにボスは360℃縦横無人に猛スピードで動く動く。
おまけに攻撃で周囲は煙だらけで状況確認できないうちに死ぬわ、ボスは例外なく巨大で接近されるとカメラが強烈な煽り視点になるため余計に操作しにくい・・・。

内容自体は『雪国版ロボに乗れるスターシップトゥルーパーズ』のですがまぁまぁこんなもんでしょ。ってか雑魚エイクリッドがスターシップとそっくり(´・ω・`)
Review-PC-StarshipTroopers-03.jpg ←こいつとか
StarshipTroopers.jpgスターシップと言えばコレ。アホ政府広報。⇒MORE

話は戻って、やはりメインはオンラインでの対戦が熱いです。
武器の強さもオンライン用に調整されているのでどの武器も程よくバランス良いですね。マシンガンだけは相変わらず豆鉄砲感が否めませんが・・・。

個人的にはサバイバルよりもデータポスト争奪戦が面白い。初期装備ロケランだったりしたらサバイバルも白熱して面白いです。雪原ステージは広大だしVSも縦横無人に動けてお気に入り。逆に雪賊砦は赤チーム(MAP下から開始)がどう見ても不利で余程じゃないと勝てる気がシマセン _| ̄|○

もっともオンラインも今はまだ盛り上がってますがLvも30超えるくらいになると早く追加武器やMAPが欲しくなります。せめて使用キャラのカスタマイズがもう少し幅が欲しかった(´・ω・`)

オン、オフ両方楽しめるので買ってよかったです。もっともその陰で『ブルドラ』が完全に途中放棄されており再起できるかどうかが非常に怪しいデス(;´Д`)
最近ネタになりそうな事が結構あります。
次世代機同士でのマルチプラットフォーム作品が目立つのが1つ。
先日『Oblivion』が日本でも発売が決定。ついでに『CoD3』もスパイクがローカライズして来年春に日本でも発売されて嬉しい限りです。海外版に手出さなくてよかった( ´∀`)

またPS3でしか出ないと思っていた『VF5』が箱360でも正式に発売が発表されました。但しこれは北米と欧州で、とのことなので日本は??というオチですが・・・。でもこれで日本でも『VF5』が出るなんてことになったらそれこそ『MGS4』や『FFXIII』くらいしかPS3独占の日本向けヒットしそうなタイトルがなくなっちゃいますね。

おまけにPS3版『VF5』はオフ専なのが更に痛い(;´Д`)
360にはLiveありますし何かしら対応するのでは・・・。もしオフ専でフルプライスなら大ブーイングで完全に死亡フラグが建ちますね。
昨日発売された『AC4』はオンライン対戦できますが360版の方がボイチャありますし(多分)振動機能もあるでしょうしもはやPS3を買う必要がな(ry

こうなった以上少なくとも日本市場もとい日本企業でPS3参入してるメーカーはより魅力的なオリジナルタイトル作る方がいいと思うんですがバンナム+コーエーでアホすんばらしいタイトルを持ってきてくれました。
-----------------------------------------------------------
20061222220512.jpg  (;´Д`) ぐはぁ・・・(吐血)

[プレスリリースからそのまま抜粋]
 本作はバンダイナムコゲームスが持つ『ガンダム』のキャラクターマーチャンダイジングのノウハウと、コーエーの発売する人気タイトル『無双』シリーズの技術を組み合わせたゲームソフトです。コーエー『無双』シリーズの制作で培ってきた3Dグラフィックスの技術を活かした地形描画や精密なモーションなど最先端技術が多数採用され『ガンダム』と『無双』シリーズの魅力を余すところなく引き出しています。
-----------------------------------------------------------
タイトルロゴからして何の捻りもない辺りすでに死臭が・・・クソゲー臭が猛烈にプンプン漂ってきます。バンナム+コーエーのお偉いさんは北斗七星の横で輝く星が見えてるんでしょうか・・・・。

値段高いPS3+ネタゲー+マルチタイトル続発=死亡&自爆フラグが見えなくもないPS3。これを買うのはそうとう勇気要りそうですね(;´Д`)
買いましたよ、『LOST PLANET』!
昼休みにソフマップまでダッシュで買いに行きました。予約もしてないので初回特典のビジュアルブックはナシでもいいや、と思いましたが普通に貰えました(´・ω・`)
LostPlanet2.jpg スキャンしてみました。

ページ数自体はそんなに多くありませんが初期のキャラクター設定画やVSや瑛クリッドまでのモデリングデータも掲載されておりこういうのが好きな私にはとても満足です。
次世代機らしく主人公のウェインはポリゴン数も多いですね。

で、肝心のゲームの方はデモ版に比べ数点ですが修正入ってますね。
マシンガン等の照準がデモ版では完全にマニュアルで銃弾当てにくかったのがある程度ならオートで補正してくれるようになってました。これならマシンガンも爽快爽快。

修正はされてるらしいですが相変わらず文字は見難い・・・。ハイデフ仕様なのでデカイTV買えって事デスカ?

チュートリアル的なオープニング?ミッション2まで進めましたがテンポいいですね。ショットガンが強い強い。エイクリッドから対雪賊まで怖いものなしの強さ。サウンドも5.1chだと銃声もいい感じでこれはおもろい・・・・。

マシンガンおそろかにした報いでミッション2途中の地下道で手持ちのガトリングガン&ロケットランチャーが弾切れになり接近戦と手榴弾のゴリ押しになったのは失敗しました(;´Д`)

ストーリーも他ではあまり見ない話なので続きが気になりますが一番何が気になるってそりゃぁルカの胸元から見えるおっぱ(ry
公式HPのキャラクター紹介のムービーでその一旦が拝めます。
雪一面の世界でなぜあのような薄着っぽい服を!いや、厚着されても困るからあのデザインはいいですよ。うん、とっても。

オフラインも面白いのですがやっぱりオンライン対戦の方が盛り上がります。さっそくオンラインの方もやらねば。今は日本人だけだし外人来る前に・・・・。
いざLiveに出撃!(`・ω・´)ゞ
まだ正式なアナウンスがないものの、海外でも絶賛されているRPG『The Elder Scrolls IV: Oblivion』が日本語化されて発売される、とのニュースが。
ソースはどうやら明後日発売のファミ通のスキャン画像のようで画像見る限りホントっぽいですね。
iup303026.jpg 見る限りマジネタっぽい・・・

ソフマップでも普通に海外版が売られていますがなんせテキスト量が半端ではないらしくとてもじゃないけど辞書片手にはやる気が・・・。
傑作とまで言われる本作に興味だけはあったのでこの機会は非常に嬉しいです。

海外のRPGは和製RPGと違いキャラがかな?り濃いのが多いですが『Oblivion』も例外ではなくトレーラーもマーケットプレースで配信されてるの見ましたが変にリアルすぎw
フェイシャルモーションも完璧で発音に合わせてちゃんと口の動きが合ってます。すごい・・・。

洋ゲーRPGは旧箱で遊んだ『Fable』だけですがテイスト的には『Fable』を1人称視点にした感じっぽいですね。世界観も剣と魔法の世界で似てますし。
発売日の部分がボケて見えませんが多分未定でしょう。決まってたらもっと前に情報出てるでしょうしね(´・ω・`)

で、今日は何と言ってもイカサマボクシングの時間が熱かったですよ。
     ┌─┐  ┌─┐
      │●│  │●│
      └─┤  └─┤
      _   ∩   _  ∩ ランダエタ!
    ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ランダエタ!
 ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡
 |●|    |●|
 └─┘    └─┘
結果はまぁどうでもいいですがTBSの実況が完全に亀贔屓だったのが腹が立つ・・・。ランダエタのヒットは完全無視ってオィオィ・・・
前回の引っ張りまくりの演出はなかったけども内容見る限り全く懲りていないですね。試合後の亀のコメントもツッコミ所満載で笑わせてもらいましたがツマンナイ試合でした。
ん?残念・・・(´・ω・`)
ようやくアジア版『Gears of War』クリアしました。カジュアルレベルですが・・・。
Act4はそんなに詰まる部分もなく順調にクリア。最後のAct5は長さだけなら一番短くラスボスのRAAM将軍までのオマケ程度な感じですね。
しかしラスボスのRAAM将軍がやたらと強かった。カジュアルレベルなのに20回近くリトライしたような・・・。
ガトリングガンが強力&コウモリがうざい(;´Д`)

最初はボウガンor爆弾でコウモリを剥がしマシンガンで攻撃してましたが全然効いてる感じがしないので最後は

?開始早々ボウガンでコウモリを剥がす。
?ボウガンを最速リロードでひたすら攻撃(×10)
?弾切れ&RAAM将軍が目の前まで来たのでカバー状態で爆弾(×2)

これだと2分程で撃破できました。下手に逃げ回るよりはガチでやりあった方が被害少なくて済むんでしょうか?カジュアルでこれならHardcoreやInsaneはどんな鬼っぷりなのか想像デキマセン。

で、『HALO』キラーとも言われている本作ですが全体の完成度で言えばやや劣るかな?と。
[GOOD]
■Aボタンだけで多くのかっこいいアクションを簡単に行える
■画面の綺麗さはどのゲームよりもリアルで迫力があり没頭できる。
■物音やうめき声など緊張感を維持する演出が良い。
■オンラインは日本人同士だとラグも感じられず良好。
■グロ表現も日本ゲームにはない刺激があり良い。
[BAD]
■1ステージにかかる時間は長いが5ステージしかない。
■武器数が少ない。落ちてる武器が背景と同化してわかりずらい。
■バグが結構ある。空中にテクスチャの破片が浮いてたりする所もある。
■対外人だとオンラインはラグが酷い。

荒削りな感じはしますが出来は決して低くなくむしろ予想以上に楽しませてくれること間違いないと思います。ダーティーワード全開で喋ってたりするのもワイルドでいい雰囲気だしてます。

字幕表示はないものと思ってましたがオプションで表示ができました。詳細な訳は不明でも高校レベルの英語力があれば海外版でも全然楽しめます。
日本版はグロ表現がマイルドになるらしくそういう意味でも本物志向?の人は海外版をお勧めします。

タグ集めや別ルートでの進行などまだまだやり込める要素もあるのでHardcoreでやってますが結構難しくなりやり応えありますね(`・ω・´)
画面分割での協力プレイやオンラインでの協力プレイも可能なので誰かと一緒にやれば面白さ倍増間違いないです。
箱360用ソフト『ブルードラゴン』で早くも裏ワザができることが発覚しちゃったようです。
YouTubeで配信されておりGame*Sparkさんやにゅーあきばどっとこむさんでも記事で取り上げられています。なんでもAボタン押しっぱなしで無限にEXPが稼げるみたいです。

ネタバレになりますしゲームをする楽しみが減っちゃうかもしれませんが動画のLv見たら57とか58とか・・・・。私の場合はまずそこまでゲームを進める必要が・・・。

まだLv15とかだしまだまだ先は長そうです。
のんびりやってるし辿り着いた頃もは忘れてるかも(;´Д`)

他にファミ通での愚痴(なぜかモーターストームやAC4のレビューが1週間遅れ)とか書こうかと思いましたが不毛なので却下。
昨日は集中力低下状態だったので『GoW』をやれども死にまくるわBerserkerには追い掛け回されるわで惨敗を喫したので今日は復讐の旅へ出ます。

ちなみにwiki攻略によるとBerserkerって性別は雌でDroneはBerserkerから生まれるんですね。
GoW_berserker.jpg 母その? この顔で・・・
GoW_Berserker2.jpg 母その? 見たまんま鬼嫁デスカ?
Drone.jpg 元気な子供達
GAME Watchなどでも出ている様に1月25日発売予定だった『スパロボOG』が発売延期になり発売日は未定になってしまいました。う?ん残念。
20061115211907.jpg
もっとも個人的には年末年始は積みゲーする程欲しいソフト多いのでかえってよかったかも・・・。

さてさて、最近雨が降ったりで余計に寒くなったお陰ですっかり鼻声状態になってしまいました。鼻水、鼻詰まり、喉は痛いしでたまったもんじゃありません。
なので文字を読む『ブルドラ』は集中できないのでローカスト共でもぶっ殺してやろうと今日は『GoW』を。

現在はようやくAct3クリア完了。
すばやいWretch(小型のローカスト)に手を焼きました。弱いんですけど天井などどこから来るか最初はわからないので緊張感ありまくりです。
ステージも工場の内部?地下施設?洞窟となり狭い&暗い。おまけに結果的に襲ってはこなくても突然うめき声や足音がするからたまったもんじゃありません。

ボス戦は攻略wiki見てなかったのでやたらと手間取る羽目に・・・・。
ボス戦後に手にはいった火薬ボウガンはやりすぎだろ、と。火薬付きなので敵に刺さった後に爆発しますが肉の破片が屋外だと建物2階くらいまで飛び散るのには開いた口が・・・w

( ゜Д゜)・・・・北斗神拳ばりに弾けてるよ・・・

バイオのロケットランチャー級に強くBoomer(耐久値高いローカスト)でさえ一撃で木っ端微塵なのは頼りがいありすぎ。他の武器いらないだろ・・・・。
ただAct4になるとローカストの中にもボウガン持ちがいてかな?り厄介デス。厄介と言っても『GoW』はローカストが出現する前は必ず「ド?ン」って効果音がなるので準備万端にできるので緊張感ないんですけどw

何も考えずに銃ぶっ放すだけなので楽だけどやっぱり鼻詰まりはツライ・・・
(;´Д`)鼻で息がデキマセン・・・
『ブルドラ』をプレイすること15時間。ようやくジブラル城下町にたどり着けました。地サメを追ってからようやく街らしい街に来た感じがします。長かったな?(´・ω・`)

ブルドラの公式サイトでもムービーで見れますが従来のRPGに比べ人が多い!あと何かワクワクする気分になるな?、となんでか理由考えてみたらたぶんカメラ視点がキャラの目線の高さに近いからかもしれませんね。臨場感ありますよ。

あと音楽がいいですね。お世辞抜きで癒される気がしました。
序盤はスキルも少なく戦闘も結構淡々としていたので微妙でしたが影が成長していくにつれカテゴリーの種類、スキルの組み合わせが楽しくなってきました。

どうせならカテゴリーに合わせて影も剣持ったりしてくれたらもっと面白かったかもとか考えましたが影を実体化して攻撃出来る様になったりもするそうなのでそこに期待してます。

魔法もダメージ与えるだけでなくて色んな状態変化がおきたりするのも意外な要素でかなり工夫されてますな。膨大に仕掛けられているアイテムも調べただけ後でちゃんと報酬が貰えたりと全ての行動が無駄にならない設計されてて時間忘れる程どっぷり遊べます。

家や城で人がいても堂々と物色してる辺り普通考えれば泥棒ですが・・・そこはまぁ王道RPGだしつっこまないで・・・・。
RPGと言えば最後にプレイした『ヴァルキリープロファイル2』以上の物は今後はそうないだろう、と思ってましたが王道RPGでもちゃんと作ればまだまだいけるもんですね。

できればずっと『ブルドラ』だけやっていたい所ですが『GoW』も非常に面白いのでどっちしようか真剣に悩みます。
久々にゲームプレイの日記らしい日記が書けそうなのが懐かしいデスヨ。
( ´∀`)
さてさて、『Gears of War』を買ってすっかりハマってしまいました。『ブルドラ』や『CoD2』等と交互にプレイしているのでまだAct2までしか進んでませんがホント面白すぎます。
20061210203445.jpg

銃撃戦やカバー(壁に隠れながら銃撃)アクションが操作のし易さも相まって抜群に面白さを後押ししています。Aボタン+方向キーでほぼ思い通りのアクションが直感的にできるシステムは『HALO』シリーズにもない良さです。

あえて上げるとするならジャンプがない為、いちいち障害物を乗り越える時に一度張り付かなければならないことくらいですがこれも些細なもの。

しかし敵も味方も出てくるやつ全部ゴリラですな(´・ω・`)
日本だとおっさんと言えどもスネークくらいで雷電なんて美形も出したりしますが『GoW』はシュワちゃん顔負けのイカツサ。ハゲ、アンチェイン、ヒゲetc・・・プレデターと戦えそうなヤツばかり。
Hoffmanだけ『HALO』の軍曹に見えました。

それは置いといて。
このゲームして久々に恐怖感を感じました。敵が木っ端微塵に吹き飛ぶ等のグロさもありますが超リアルなグラフィックで表現された敵と暗い背景。
Act2途中で猿みたいな敵が捜索中の屋内でいきなり扉破って襲って来た時は心底びっくりしました。バイオ2でリッカーがガラス越しに飛び込んできたのと同じ衝撃を受けました。

5.1chヘッドホンを音量でかめで付けてやっているのですがこういう時はかえって心臓に悪い・・・寿命縮むわ・・・(;´Д`)

また日本版に向けて音声吹き替えがされている様ですが最初は「なんで音声吹き替え?」と思いましたが元から字幕なしなんですね。な?るほど。
字幕見たら多少理解できるかも、と思いましたがヒアリングまでは無理なので日本版出たら買いたいです。内容不明でも十分面白いですがせっかくなので内容もね。

ちなみにF言葉だけはちゃんと聞き取れました( ´・ω・)y-゜゜゜
え?、日記のタイトルからもわかるように今日は『Gears of War』を。
早い話、買っちゃいました。アジア版。日本版が来月に出ますが現物を目にしたらどうしても待てませんでした。( ´∀`)

ブルドラ買ってやるものあるんですがど?しても先日見つけた海外版『Call of Duty3』が諦めきれずまたゲーム屋行ったんですよ。案の定あったんですが不思議なことにど?したものか買うのを躊躇してしまったわけですよ。

たぶんネックは8300円と言う値段。
値段>>>遊びたい という構図が最後まで尾を引きパッケージを凝視すること10分。諦めました・・・。迷う物は買うなってことですよ。

帰ってブルドラで気分転換だ、と思い途中のソフマップへ行った時に
「あ・・・・Gears of Warがあるよ・・・・」

1本だけだったのと人が多かったの為他の人に取られる前に即ゲッツ!『CoD3』買わなくてよかったよ!人間、自分に正直が一番デスヨ(*゚∀゚)=3
アジア版なので取説文字が漢字だったので英語よりも意味合いが何となくわかりやすかったので操作方法のみ確認していざ戦場へ!

20061208230411.jpg
ネットでの評判通りグラフィックは現在発売されているゲームの中でダントツ1番凄いです。さすがUE3の開発元。箱○の性能引き出してますね。
5.1chとこのリアルなグラフィックがあれば否応なしに世界に引き込まれます。Wiiの様な新しい試みも必要ですがハイクオリティな絵もやっぱり必要ですよね。

後はデカイTVがあれば・・・。
ブルドラも面白いのですがやはり「王道RPG」なだけあって安心感ある反面、やはり何か刺激が足りない気が。両方遊んだ感じではど?も『GoW』の方がプレイ時間長くなりそうです(´・ω・`)
明日発売の『ブルードラゴン』ですが一足早くゲットすることができました!ばんざい!(*゚∀゚)=3
万一ってこともあるかな?ってことで仕事帰りに日本橋の電気街へ足を運んでみたんですが案の定どの店も準備はしてあるけども物はおいてない状態でした。

が!1店だけ普通に陳列棚に並べてあるのを発見!まぁ閉店間際だったから並べてあったのかもしれませんが・・・。マウスパットがおまけでついてました。

ついでに他の商品を見たら海外版の『Call of Duty3』が8300円ほどでありましたがまさか両方あるとは思わなかったので持ち合わせが・・・
_| ̄|○

帰宅後、取説すらまともに読まずにディスクON!タイトル画面なしで「push start」と真っ白な画面だけが出た時は故障かと思いましたがいきなりゲーム開始。
20061206220921.jpg

ここで初めてロゴと鳥山明の名前とかが出ますがこの場面、キャラを普通に動かすことができます。ほっといたらムービーと勘違いして放置してるところですよ。
雑誌の写真とかだといまいち伝わりにくいですが実際動かすと独特のクレイアニメ調なCGが鳥山ワールドにマッチしすぎてていい意味で笑ってしまいました。

背景の質感や被写界震度で遠くまで見えるけどかすかにボヤけてるなど非リアルなのにここまで綺麗なのには普通に驚きです。音楽も良いですね。
開始早々盛り上がる展開が続きますが主人公のシュウが「負けねぇ」連発でちょっとアレかと・・・慣れたらスルーできますが(´・ω・`)

1時間程プレイしただけですが初期のドラゴンボールに似た不思議な懐かしさを覚えました。影もいい感じで動きますしロード時間が長くても2?3秒なので全く苦になりません。
音声がイベント時のみなのが残念ですが他は全く問題なし。「期待してない」なんて前まで書いてましたがスミマセン、面白いです・・・。

『Call of Duty3』も日本版の予定ないので売ってるうちに買っちゃおうかとも思いますが今年の年末は箱360がいいソフトたくさん揃えてくれました。
これで後は時間さえ確保できれば・・・(;´Д`)
マーケットプレースにて今日からHALO3のアメリカTVCM&テーマが配信されてます。BUNGIEの公式サイトでもCMは配信されています。
ineedaweaponsm.jpg

今回はプリレンダリングムービーなので前回のトレーラーも綺麗でしたがさらに美麗ですね。
ムービー中では砲撃に対してバリヤーを張ってましたが新兵器?
来年春にはHALO3のマルチプレイのテストが世界でも開催されるので非常に楽しみです。

DOAX2をプレイ初めてからLANケーブル抜いていたのでダッシュボードのアップデートやら配信コンテンツも溜まってた分一気にDLしました。
DOAX2のバグにはまだパッチが当たってなかったみたいなのでよかったよかった( ´∀`)

マーケットプレースで日本では発売ないでしょうが海外のトレーラーも配信されてますがもう海外の技術レベルはすごいものがありますね。
ITmedia+Dで連載されているハニーの「最近どうよ?」でも紹介されている様に技術面では完全に日本は遅れているのが否めません。他人事じゃないけど・・・・(;´Д`)

海外ゲームと言えばファミ通360の記事によると前作が日本でも発売された『Call of Duty3』やデモが配信されている『RainbowSixVegas』も日本語にローカライズされて発売される予定がないとのこと・・・。え?・・・

『CoD2』にはドハマリしたので『3』のローカライズ楽しみにしてたんですが残念無念。写真見ましたが表示されている英語もなんとなく脳内和訳できるのでこの際アジア版でも買ってみたいです。

『Gears of War』の記事にも「日本版にない表現をお求めの方いかがですか?」なんて書かれてる始末。日本版にはグロ規制で切断面が黒く塗りつぶされる、なんて噂もありますし買うならアジア版・・・でしょうか?

木曜の昼休みにブルドラ買いに日本橋行くことだしソフマップでも見てきますよ!ブルドラ早くやりてぇぇぇぇ(*゚∀゚)=3
今日は久びさに記事で興味引かれるのがありました。
後藤弘茂のWeekly海外ニュース-SCEIの社長交代がPS3に与える影響-
先日のSCEIの久夛良木氏が会長へ、SCEAの平井一夫氏がSCEI社長兼COOへの人事発表の裏に推測される北米市場と日本市場のPS3事情が語られています。

かな?り長い記事なので(しかも文字ばかり)途中ちょっとダレ気味になったりも・・・。
過去から現在までのPS3戦略から他ハードとの比較まで色々な視点から書かれているので「へ?、なるほどね?」と思ってしまいました。

で、日本のPS3はと言うとモーターストーム&AC4が発売延びちゃいましたね。1週間だけですが。だが甘い!1週間の延期なんぞ甘ったるい!
TEAM NINJAの作品を買ってきた人間なら半年は待てますYO!
今思うと涙出てきますね・・・。

DOAX2は前代未聞?の予告通り発売されましたが内容が新作と言うよりは前作の豪華Verアップ版な感じなので既にちょっと飽きが・・・。
帰宅後ちょろちょろっとする程度にはいいですが同じ事の繰り返しなので長時間は持ちません。
なのでまたDOA4やプロジェクト・シルフィードを引っ張り出してやったりしてますが21日のロストプラネットまでもちません!

もう何だかんだ言わずブルドラ買います。過度の期待もしなければ意外と面白かった時儲けもんってとこでしょ?(´・ω・`)

CMも当初のVerに比べ盛り上げてきていますよね。私的にはネネ(敵)役の若本規夫さんがナレーションするCMが好きです。役にハマリすぎ・・・w
カウボーイ・ビバップのヴィシャス思い出します( ´∀`)
今日は任天堂の『Wii』の発売日だったんですね。特に興味もなかったので昨日の夜のニュースで徹夜組がTVで映ってるのを見るまで気づきませんでした(´・ω・`)

ということで野次馬気分で近所の電気屋へ行ってみました。
PS3と違い出荷台数は十分あるっぽいことを聞いたので普通に売っているのか?と思ったらやっぱり抽選販売してました。もっとも抽選人数自体がPS3と違い倍以上の人数の表が張り出されてました。

で、PS3はどうなってる?と思ったらこちらはまだ店頭に並んでませんでした。発売から1ヶ月経とうというのにま?だ普通に買えないんですか・・・。
ガンダムのPS3ソフトだけが悲しく中古で5400円で売られていました。

そう。ガンダム!用も無しに出かけるわけもなく今日はガンダムを買いに来たんですよ!
ゲームじゃないですよ?(´・ω・`)
11月末に発売予定だった『ZEONOGRAPHY』最新アイテムのケンプファーを買いに来たんですよ!ゲームじゃないけどいいじゃないですか・・・・。

ちなみに『G.F.F』は買ってましたが『ZEONOGRAPHY』を買うのは初めて。
・ν-ガンダム(HWS)  ・EX-Sガンダム  ・ZZガンダム
・クスィーガンダム  ・クロスボーンX1フルクロス(X3)
結構数がたまってきたのでもう置き場所もないんですがやっぱり欲しかったんで・・・。

ジオン系にしてはシャープなデザイン&武器山盛りがなんともたまりません(`・ω・´)
で、店頭で商品を手にとって気づいたことが。
20061202211305.jpg 写真加工で・・・デジカメ欲しい _| ̄|○

左がパッケージ裏に載っているカラーで右が実際のカラー。色が違うだけですが明らかに違うのに最初戸惑ってしまいました・・・。一体何があったんだ!?
とは言え塗装&マーキング共にとても綺麗な仕上がり。以前から思ってましたがZEONOGRAPHYの方がG.F.Fよりも仕上げが綺麗な気がします。非常に満足いく出来でした。

パーツ換装でプロトタイプにも出来ますが元の方がカッコいいのでそのまま飾ってます。決して「めんどくさい」とか言うわけではアリマセンヨ?
けっして・・・(;´Д`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。