ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁ今年最後の日。
今日は映画『エイリアンvsプレデター2』でも。ゲームがメインのブログでありながら締めの内容が映画ってのもどうかと思いますが・・・意気揚揚と書けるネタがこれくらいしか思いつきませんでした( ´_ゝ`)

alien20vs20predator-762898.jpg
うげぇぇぇぇ・・・・キモィ・・・特にエイリアンがグロぃ・・・・

もはやB級映画を直球で行っている内容なのは見るまでも無くわかります。ストーリーは簡単に言うと

「プレデターが狩り用に飼育していたエイリアンの一匹にファッキンされ宇宙船が故障。たまたま近くにあった地球に不時着しちゃいました。ついでに乗っていたプレデターは死亡。」

と、地球人からしてみればまさに通り魔に会ったかの如く甚だ迷惑な話です。
宇宙船に乗っていたプレデターは落下直前に母星?のプレデターに信号を発進。キャッチした仲間のプレデター1匹が殺る気満々、意気揚揚と地球に乗り込んでくる流れで、地球人を相手にひたすら繁殖しまくったエイリアン相手にドンパチを始めます。

こうなると地元コロラドの住人はもはや餌でしかなく次々襲われるばかり。日本のエロゲーならば「らめぇぇぇぇぇ」なシーンが入りそうですがそこはアメリカB級映画。容赦なく殺すは寄生させるわ。プレデターは人を襲っているシーンは少なく殆どがエイリアンを狩るばかり。敵なんですが「いいぞ!もっとやれ!」と応援したくなります。

どうでもいいですが強さ的にはエイリアンを「1」の強さとするとプレデターは「5?8」くらいの比率の強さに見えます。まぁエイリアンを狩り用に養殖するんだからそれくらい強くないと返り討ちですもんね。装備の強さもあるのでしょうが。地球人なんて「0.3」くらいですよ。おまけにエイリアンの体液は強酸で銃で撃った返り血で溶ける溶ける。もはや打つ手なし。南無(-人-)

しかし解せないのはエイリアンは繁殖でいくらでも増えるのですが対するプレデターが1匹しかいないってのはちょっと微妙です。基本的に最後までタイトル通り「エイリアンvsプレデター」な訳ですから1匹しかいない場合、プレデターが死ぬと後はもうブラッドバス化するだけなのでオチもなく。つまりプレデターは最後の方まで絶対に死なない設定と読めてしまうわけですよ。

仮にプレデターが複数匹いればどこかでエイリアンに敗れるシーンもあるわけで、そういう意味では緊張感が多少なりとも出ます。でもそれがない。ここはもう少し手を入れて欲しかったです。あったとしても絶対にB級なノリから脱却は出来ないのですが・・・・w

オチも含め「どうせそうだろうと思ったよ」と言うのが正直な所。
始めから期待なんて微塵もしていなかったのでガッカリはしませんでしたが今年見た映画の中ではケツの方の順位です。好きな人ならいいんでしょうが、プレデターはともかくエイリアンが生理的に受け付けない人には多くの意味でキツイ内容でした(;´Д`)

-----------------------------------------------------------
さて、更新している現在、今年も残り30分あまりとなりました。
つたない日記ではありましたが訪れてくれた方、コメントを頂けた方どうもありがとうございました。来年もおそらく何の変化もなく同じ調子で続けていきそうですがよろしくお願い致します。来年はより楽しめるゲームが豊作であれば嬉しいですね!

では、皆様よいお年を m(_ _)m
スポンサーサイト

ほんとは今日は『CoD4』の事でも書こうかと思いましたがそれよりもインパクトがあったのが同じ『?』繋がりの『ストリートファイター?』。以前から実機でのSSが公開されてましたがついに実際に動いている動画がアップされはじめました。最初のPVはあくまでイメージ、SSのあの絵がどう動くのか興味が尽きません。



とりあえず見るのが軽いヨウツベ版を・・・(´・ω・`)

確かにあのSSの状態で動いています!
イメージ的にはやはり過去に発売された『EX』を彷彿してしまいますがそれも致し方ないかも。ただカプコンが持つ最新の技術で作られているだけあり、表情も3Dゲームでありながらかなりハッキリ表現されていますね。とりあえず今見れるのはリュウとケンだけですが春麗も海外メディアの情報では動いているのが確認出来たそうです。動いていますがこの映像に使われているモデルはまだα版前のモデルであり今後更なるブラッシュアップがされるかもしれません。

でもリュウとケンでこの濃いぃ顔ですからね・・・
スト?のキャラはほぼ全てが登場するそうですがこの分だともうすぐ40歳を迎えるであろう春麗やクールなキャミーがどうなることか・・・。あまり想像したくありません(;´Д`)

システム面では1UPに掲載された情報のまとめをGame*Sparkが掲載していましたのでそちらを見れば大体の内容は掴めそうです。システム的な部分は既に今回公開された動画でも確認できますね。Saving StrikeやEX必殺技を前ダッシュでキャンセルが可能とのこと。またウルトラコンボと呼ばれる技(スト?のスーパーアーツに当たる超必殺技?)も前後のダッシュでキャンセルがかかるそうで、今まででは考えれなかったコンボが成立しそうです。その分操作もせわしなさそうですが・・・w

しかし最初から気になっていたのですが、なぜこれらの情報の第一声が海外メディアなのか?
製作はカプコンジャパンが担当のハズでしょ?普通に考えれば日本のゲームニュースを扱うメディアから情報が出だすのが普通な気がしますがこの辺がよくわかりません。やっぱりそれだけ海外市場を意識しているから?単純に日本では格ゲーが下火でメディアもそれ程取り上げる気がない?

どちらも否定できない事ですがやはり今までアーケードで本作の人気を支えたのは日本のファン。
もっと日本のメディアもといユーザーにも情報を回してくださいよ!ネットではともかく、ゲーム誌では新しく公開されたSSすら掲載されていませんからね。

ぜひ春麗やダルシムのキャラ情報が出る時は日本メディアへも情報をお願いしたいですね( ´・ω・)y-゜゜゜

待ちに待った27日!そうです!『スパロボOG 外伝』の発売日ですよ!(゜Д゜)
今日は仕事も定時過ぎで仕上げたので帰宅後さっそくプレイ開始です。どうでもいいですけど説明書かなり分厚いですね。それだけ内容が多いのですがシリーズ経験者もとい『OG』を遊んでいた人なら特に大きな変化はないので読む必要ありません。



話の出だしから完全に『OG』の続き(と言うより最終決戦直前)からなので『OG』をプレイしたことがある人前提な流れですね。その分プレイした人にはニヤリとする演出があったりしてかなり楽しめます。まさかかの人物が生きていようとは・・・w

現在は5話目の途中までサクサクっと進めています。
相変わらず序盤は戦闘らしい戦闘もなくテンポが速いですね。驚いたのが雑誌には出ていませんでしたが序盤の操作キャラがヒューゴとアルベロ。どこかで見たヤツらだなぁ、と思っていたら『スパロボMX』で登場したオリジナルキャラじゃないですか!敵対していたはずなのに『外伝』の世界ではクライウルブズ隊の隊長がアルベロ、部下のヒューゴですか。音楽も『MX』のものが使われていて何か懐かしいです。戦闘には出ていませんが会話パートではちゃんとアクア嬢も出ていましたよ。機体はサーベラスではなくゲシュMk-?ですが・・・w

そして熱いのが何と言っても序盤からカイ・キタムラが使えること!これですよ!

( ゚∀゚)彡ダンディ!ダンディ!

音楽がやはり良いですね。ラミアも登場して使えるようになりましたしテンション上がってきますよ!ちなみに『OG』と『OG2』のクリアデータ(2週目以降のデータ)があればボーナスとして開始時に資金10万が貰えました。無いよりはマシですが10万ぽっちなんて・・・・。まぁ序盤だしそんなにガリガリ強化する必要なさそうですけどね。

新機体の「量産型ゲシュペンストMk-?」もさっそく登場。
見た目的にはMk-?の等身を少しだけ上げた様な出で立ち。武装にジェットマグナムS(PVでもあった背負い投げするやつ)がありますが必要気力が105と低いのがいいですね。武器もF2Wキャノンなど威力もそこそこで射程もあるなど旧ゲシュMk-?の使いにくかった欠点が補われています。 新発見と言う程ではありませんがジェットマグナムで撃墜すると殴り後に「ゲシュペンキック」の様な締めのポーズが追加されています。

いや?もう初っ端からかなり楽しませてくれます。
どこで仲間になるかわかりませんが説明書の絵ではアルトやライン・ヴァイスも出る様で『OG』の主要キャラは全て出てくると見てようさそうです。機体も『OG』の後なので最初からリーゼやライン・ヴァイスっぽそうで。『CoD4』もやりたいけど『スパロボOG 外伝』やりだしてからまたスパロボ魂に火が付きました!休み中は充実した時間を費やせそうです!

あ・・・でも・・・。2本もソフト買ったけどまだ『ロスオデ』クリアしてなかったな・・・。
ディスク4枚目突入で面白くなってきたのですがこれは困った!時間が足りなさそうデスヨ(;´Д`)

今日も今日とて暇な時間を見つけてはコッソリとネット巡回をしておりました。
最近360は年末商戦と言うことでソフトもポンポン出ましたしレビューサイト「mk-2」もかなり賑わっています。もちろん自分が買ったソフトがいかほどの評価が下されているのかも興味があるところ。『ロストオデッセイ』はストーリー系が秀逸と言うことでAランクとかなりの好評価が。

私が気になったのが『VF5』のコメントの1節。
どうもソフトの出来以外の部分でちょっとケチがついているではありませんか。それは格ゲー好きなら必須ともいえる「アーケードスティック」です。『鉄拳』や『VF』、『DOA』は操作ボタンも4つなのでパッド操作も出来ないことはない。しかし『スト?』系の6ボタンゲームでパッドはまず無理!どうせなら全ての格ゲーをアーケードと同じくスティックでキチンとやりたいのが格ゲー好きの本音でしょう。

むろん『VF5』もスティック操作の方が快適です。
しかし、コメントによるとどうもセガの出荷数自体が少ない上に生産は初回分だけっぽくかなり入手が難しいそうです。値段も転売が横行して吊りあがっているそうな。ちょろちょろっとヤフオクで検索してみると・・・

sample00.jpg

おぉぅ!高っ!(゜Д゜)
残り時間30分とは言え13000円ですか!?定価の倍額近い価格ですよ!?他にも入札されているのはどれも定価を超えているものばかり。スティック自体が6ボタン対応なので別に『VF5』専用にせずとも『DOA4』なり『餓狼SP』なり、他のゲームでも活用がきくところが大きな魅力でしょう。来年には『ソウルキャリバー?』も発売されますし。かつて『DOA4』と同時発売された3ボタンスティックは他に潰しがきかないので中古屋でゴロゴロ転がっている始末。

ちなみに360の入力端子はUSBだからPC用の変換機繋いでPS2とかのスティック使えばいいじゃん?と思う方。それは不可能なのですよ。360のパッドやスティックにはかならず個別認証用の通称「マツタケボタン」が付いています。コンバーター経由で他のスティックを挿してもマツタケボタンがないので本体が認証せず動きません。反応すらしません。メーカーは新しく買わせる必要がありウハウハかもしれませんがこれはかなりユーザー泣かせですよ・・・;;

セガもPS3版と同時に発売したスティックが回収騒ぎになりちょっと及び腰になったのでしょうか?でもこれは周辺機器の老舗「HORI」が出しているものですよね?「バーチャスティック ハイグレード」はセガ製だったはず。HORI製だとしたらなぜに出荷が少ないのか?

私も日本橋に友人と買いに行った時は発売から3日経っていましたが既にどこも完売状態。知っているゲーム屋を総当たりで行き店員に聞くまでしてもやっぱり品切ればかり。諦めかけ最後にエーツーへ行き店員に聞くと3個ほどまだ残っていた、と。しかもそれは店頭ではなくレジ上の棚の非常に気づきにくい場所にあったから残っていたっぽく、私も全く最初は気づきませんでした。他の方も気づかなかったから残ってたのかも知れません。

発売3日目からしてその状態でしたから追加生産がないとしたらボリ値でも泣く泣く買うしかないのかもしれませんね・・・。HORIもここでキチンと生産しとけばちゃんと売れたのに。機会損失がもったいないですよ。ひと昔前に比べて格ゲーブームも去り、今ではコアなファンしか格ゲーを遊ばないのでメーカーも苦しいところでしょう。PSで発売された『鉄拳2』がミリオンセラーを達成したのが今思うとほんと凄いです。格ゲーで100万本突破って・・・。

恐らく来年末くらいには格ゲーブームの火付け役『ストリートファイター』最新作の『?』が出ると思うのでまたアーケードに活気が戻ると嬉しいです。何と言っても数年ぶりとなる新たなナンバリングタイトルですしね!発売機種が未定ですがもちろんアーケードでも出してくれる!と勝手に期待しています( ´_ゝ`)
ARMORED CORE for Answer』の発売日が3月19日に決定しました。
ゲームソフトで水曜日に発売ってのも珍しいですね。普通は木曜なんですが(´・ω・`)

同作品は『AC4』の新作ですが基本的にミッションやパーツを追加したアペンドディスクみたいな感じですね。ただパーツを追加しただけでなく巨大兵器アームズフォートが新たに敵で登場します。また今までオフで一人でプレイするしかなかった各ミッションのほぼ全てがオンラインで協力プレイできるそうです。

acfa00.jpg
巨大兵器アームズフォート

手前に映っているネクストの大きさから考えるとその巨大さがうかがいしれます。
アームズフォートを全て見える距離まで引くとネクストが豆粒ほどだとか。『AC4』にもコジマ粒子砲を積んだ巨大兵器が登場しましたがそんなの目じゃないくらいデカそうですね。また対アームズフォート戦にはネクストが背部に巨大なジェットエンジンの様なパーツをつけて2000km/n以上のハイスピードバトルが行えるそうで通常とは違う感覚で操作する仕様らしいです。

ファミ通の記事によればパーツ数は約2倍、戦闘フィールドも約4倍にアップされているそうで。開発者インタビューでも前作『AC4』はハードの発売に間に合わせる必要があり全ての要素を盛り込むことができなかったそうです。そう聞くと聞こえはよさそうですが只の猛将伝商法にも見えてしまいます( ´_ゝ`)

要素があったといいつつコンテンツのDL販売ではなく新作と称して出すあたり苦しい言い訳にもみえますが・・・。またDLコンテンツと言えば実は全てのデータ(パーツ)は既にディスクに入っており、販売しているのはその解除キーだけと言うじゃないですか。知っているところでは『クロムハウンズ』や『AC4』、ほかでは『デッドライジング』がその手の方法使っています。

確かに遊べるのはキー購入後ですが最初から入っているものをあたかも「ネット上からデータそのものをDLして追加した」的な言い方で定価を払った後にもユーザーから搾取するのは頂けませんね。購入自体はユーザーの選択まかせで「嫌なら買わなければいいだけ」と言うユーザーの足元見た考えだとしたら呆れます。

クロムやACの様なパーツ単位で販売可能なゲームにはもってこいの商法でしょうが果たして今回も追加パーツと言いつつキー販売するのでしょうか。基本的な内容はミッションも含め『4』と同じなのに値段はちゃっかり7140円(税込み)と新作と同じ価格設定しているあたりほんと商魂たくましすぎますよフロムソフト( ´_ゝ`)
3連休初日!今日も映画を観てきました。
大阪まで出向いて夜の上映(レイトショー)へ友人と。値段も1200円と時間が遅いので割引価格でお得です。なんで夜に行ったかって・・・?仕事の帰りだなんて悲しくて言えな(ry

i_am_legend_poster2.jpg

TVCMもやっていますよね。ウィル・スミス主演で「地球最後の男」と言うキャッチコピーが使われています。まぁ、全然最後じゃないんですけどね・・・ネタバレは極力したくないので言いたいけど言いません!(`・ω・´)

CMだけ見ると人類滅亡した後一人生き残ったロバート・ネビル(ウィル・スミス)が誰も人がいなくなったNYでサバイバル生活をしています。CMでもチョロっと出てましたが敵がいます。要所は言えませんが強暴化した人々です。ゾンビとも言われていますがバイオ風な出で立ちではなく日の光(紫外線)に触れると肌が焼けるなどある種吸血鬼っぽいです。知性はほとんどありませんが驚くほど運動能力は高く夜になると行動します。

ま、早い話がそいつらとネビルのバトルがメインなのですがとにかく演出が疲れる!これに尽きます。ホラー映画じゃないのにやたらと大音量で突然敵が映ったりと終始ハラハラドキドキです。良い捉え方をすると最後まで集中が切れることなく見れるのであっと言う間に「あれ?もう終わり?」と言う感じです。

これは夜見たら後は寝るだけなので構いませんが昼間に見るとそれだけで疲れてしまいそうです。
オチも・・・・ん?何だかなぁ・・・・(;´Д`)

何でも昔あった映画のリメイクだそうで知っている人は結構いるかもしれませんね。既にネタバレしてたりして。とりあえず言いたいのは予告編のCM!あれはちょっと違うんじゃないか?と言う気がします。もっと敵とか映しとけばいいのに一人でゴフルしたり街中車で走ってラジオで呼びかけたり。そんなのほんの触り程度で本編と全然内容が違いますよ。一応最後に凶暴化した人間(ナイトシーカー)が映ってますがもっとそっちを前面に出さんかい!

ま、とにかく疲れる映画でした。
『エイリアンvsプレデター2』も観に行く予定なのですがあちらはもっと疲れそうです・・・w

---------------------------------------------
全然関係ありませんが最近コメント欄に日記とは全く関係ない宣伝したり悪意あるURLを張っていく輩がいるようで。もちろんURLのアドレスみたらコメントとは関係なくどう見てもアダルトだったりページ開いただけでウイルスソフトがガンガン警告してきたりと明らかに悪意が感じられます。

よって暫くの間ですがコメント投稿を私ぱっちりんが投稿の管理を行うこととしました。決して都合の悪いコメントは載せない、とかの類ではなく単純に自身のブログにウイルスページへの誘導などの悪意あるものを掲載するのは容認できませんし、もし誰かがそのコメントからページを踏んでウイルス被害にあう可能性も考えられるからです。

普通に私の日記を読んで思った事を何でも書いて頂けることには大変ありがたく思っていますし大歓迎であります。以後もこのスタンスを変えるつもりもありません。

ただ、事が事ですので今回の処置については何卒ご容赦頂ければ幸いです。m(_ _)m
帰宅したのが0時30分・・・・死ぬ・・・・;;
あ?日記書きたいことあったのに日付は既に水曜ですね。2日に1度ペースが崩れ(ry

で、今日の本題ですがファミ通のフラゲ情報なのかあの『ファイナルファンタジー?』の続編が携帯用として開発されているそうですよ。既に紙面をスキャンした画像も出回っており、見る限り捏造の類ではなくマジっぽいです。携帯アプリですか・・・99%やらないですね(´・ω・`)

be641cc4.jpg 80ae7633.jpg

画像サイズがデカイのでサムネイルです。
主人公セオドアがセシルとローザの息子ですか・・・なんというか・・・また過去の思い出が汚され(ry

携帯用ソフトとは言え画面を見ると戦闘画面やフィールドはスーファミレベルで過去の『?』と遜色は感じませんね。セシルやローザ、シドやヤンなど旧?のメンバーも登場する様です。なんだか『テイルズオブディステニー2』みたいな印象を受けます。

だいたいこの手の名作と言われるソフトの続編、亜種はコケる傾向が強いですがはたして今回はどうなんでしょうか。どうせならDSかPSPで出してくれたらもっと良かったのにな、と思います。DSはDSでリメイクしまくりでアレもどうかと思いますが・・・。だからPSPで出せと(ry

携帯ゲームはグラフィック志向な私では見た目的にもやる気が起きないしまず操作性がとてもじゃないけど快適じゃない!と言う思い込みがあります。今の携帯にチョコボのゲームみたいなのが入っていましたが操作性が劣悪だし携帯の電池は減るしで良いことがありませんでした。ゲームで電池使って肝心の電話やメール時に電池切れじゃ本末転倒ですよ。

そういえばスクエニで続編と言えばあくまで噂レベルの話ですが「360でフロントミッションの新作が独占で発売されるかも」と言うニュースがXNEWSさんに掲載されていましたね。ソース元は1upですが噂とは言えこちらは続編物でもメカ好き人間としては是非とも実現して頂きたい!

『FM5』の出来がトレーラーとは裏腹にショボかったので次世代機パワーで復活したゼニスを見てみたいです。間違っても『2』の様に落ちぶれたロイドを出して過去を汚す様なことは絶対に却下ですよ。そもそもあれは本当にロイドなんでしょうか?
今でも謎です( ´_ゝ`)

全くもって音沙汰がないスクエニのFFXIIIですが未公開シーンを含む新しいトレーラーが公開されています。
と言っても基本的な内容はだいぶ前に公開されたやつと同じなので+αと言ったところでしょうか?




まずは無印FFXIIIのトレーラーから。
今までには見られなかった緑溢れる渓谷や都市部の空高くから滑空して落ちていく自称「高貴なる騎士」さん。また某掲示板で発表当時かなり話題になりスレッドまで立った「シヴァは変形してバイクになります」も見れます。相変わらず凄いセンスだ・・・。色んな意味でw



こちらは新しいかはわかりませんが『FF ヴェルサスXIII』のトレーラーもありました。
こちらはプロデューサーインタビューで答えていましたがあくまでも「こんなアクションができたらいいなぁ」的な意味合いを込めたトレーラーであって実際どういう形になるかはわからないそうです。スクエニは相変わらずツンツンやジャギーの入ったキャラを主役にもってくるのが好きですね。

日本では男の主役は「クールでスタイリッシュな若者」設定が多いですが海外だと「ハゲでマッチョなおっさん」が多く趣向の違いがまざまざとわかり面白いですね。

しかしスクエニはほんとに『FFXIII』シリーズの開発進めているでしょうか?
PS3向けのホワイトエンジンなるもの(UE3の様なグラフィックツールの類かと)を開発して作っているそうですがいつかの雑誌の開発状況が13作目だけに無印『FFXIII』が13%、『ヴェルサスXIII』が1.3%ともはやギャグとしか取れない数字を掲載していましたね。公式な発表があったのかはわかりませんが噂ではスクエニは「PS3が十分な数が普及して(FFが)100万本単位で売れる土壌が出来るまでは開発を中止(延期?)する」と言う話まで出る始末。

嘘かホントかわかりませんがただでさえ億単位の金額が平気でかかるPS3の開発で専用の自社製ツールまで使い開発しようというのだから経営者的な立場で言えばそれは正しい選択かもしれません。でも現状では

PS3が売れない⇒FFが出ない(出さない)⇒だからPS3が売れない⇒売れてないから余計にFF出さない

の悪循環に陥っています。PS3の普及が『FFXIII』だけにかかっているわけではありませんが世界的な知名度があるソフトだけに致し方ないのかもしれませんね。ポツポツ本体が売れるなら別にFFじゃなくても何でもいいんでしょうが起爆剤となると今のところ『FFXIII』か『MGS4』になりますね。マルチプラットフォームではなく「Only On」タイトルで、しかも日本でも爆発的なヒットが見込めるとしたら現段階ではこの2本でしょう。

私は『鉄拳6』さえ出たらPS3買いますよ、何度も言いますが(´・ω・`)
でも360にも力を入れているバンナムのことだから同時は無理でも『VF5』みたいに後から360版も、なんてことになったりしたら・・・。360用のアーケードスティックも買ったことだしむしろそっちの方が嬉しいなんて(ry

平日は時間がなく中々進める間がなかったのでこの土日はじっくりまとめてプレイしていました。風邪気味で外に出るのも嫌だったのでモニターの前で鎮座してひたすら『ロスオデ』を進めました。金曜の時点でヌマラにある「紅の森」へ行く前でしたが現在はDisk2の「エクスペリンメントスタッフ」まで来ました。

ここまで来る間にPT人数も一気に増えて今までの3人+クック、マック、ミン、サラとかなり華やかに。
今までは攻撃をカイムとセス中心でヤンセン1人で回復と攻撃をサポートしていたので雑魚相手でも結構カツカツな感じでしたが人数増えた分火力と回復分担が出来て戦闘がかなり楽になりました。特に戦闘が以前は普通に攻撃するだけでしたが雑魚も強くなり相手の属性に合わせたリングを装備したり効率よく倒す順番を考えたりとかなり面白くなってきたのは事実です(´・ω・`)

PTは5人までなので現在では2人が待機要員になっていますがメインメンバーになっているのはカイム、セス、サラで後の2枠をミン、ヤンセン、クック、マックで順番に。不死者は他のメンバーのスキルを覚えれるので必要なスキルを覚えさせればオリジナルのメンバーが抜けても問題ないのが強みですよね。

特にサラが良い!見た目(眼鏡&巨乳)と設定(人妻)が(ry

sara01.jpg
うらやましすぎるぞカイム・・・(゜Д゜)

『ロスオデ』はダメージディーラーがキャスター系なバランスで強力な魔法ほど多くのMPを消費しますがサラはスキル「リラックス(防御行動でMP回復)」があるのでMPの心配がそれほど必要ない!おまけに不死者なので様様なスキルを覚えれる!ミンやヤンセンは雑魚戦からMPを控えめにしていないとすぐガス欠になるのできつかったですがサラが入ってからはだいぶ戦闘に余裕が出てきました。

またサラのボイスアクターに噂の上原多香子が起用されていますがかなり良くないですか?台詞が浮いている事もなくヤンセンに続き好きなキャラです。少なくともクック&マックよりはかなりマッチしていると個人的には思うのですが・・・。あの姉弟はもはや触れるのさえタブーっぽいですよ。クックはまだそれでもマシですが弟のマックはもはやなぜこれで起用されたのか、何か裏取引でもあったんじゃないかと思う程下手です( ´_ゝ`)

またMaxさんの日記を見てから設定していましたが致命的欠陥とも言えたキャラの口パクですが英語音声だと実にマッチしているのが笑えます。もはや海外仕様も甚だしい。まぁ360ユーザー全員が買ってもミリオン行かない日本ではMSが出資している以上海外をメインに設定してしまうのも無理ないと言うもの。でもやっぱりこういう事されると「またかよ」と失望してしまいます・・・。

私の中では日本語音声で字幕ない部分まで聞くか、口パク回避の為に英語音声にするのか、かなり迷いましたが結局1週目だし日本語のまま遊んでいます。ヤンセンのアドリブが聞けなくなるのも勿体無いですしね。カイムも序盤に比べよく喋る様になってきましたしもはや口パクにも慣れてしまいましたw

メインのストーリーもメンバーが揃い盛り上がって来ましたし戦闘も若干バランス悪い印象ですが楽しくなってきたのでここにきて私の中で『ロスオデ』株が急上昇しています!逆に『VF5』が4日程やっただけで早くも飽きが入ってしまったのが・・・( ´_ゝ`)
今日はマケプレで配信されていた『BIO SHOCK』を遊んでみたことでも。
UE3を使用した超美麗な背景(特に水の表現)が話題になり海外ではとても高い評価を得た本作。日本語版も来年2月21日にスパイクから発売が決定されていますし今月号のファミ通360でもトップで記事が紹介されています。

世界感はデモ版の冒頭や記事から見ると「プレイヤーが乗った飛行機が墜落。主人公ジャックは灯台の下にある海底都市ラプチャーに迷い込む」と言うものでゲームシステムはFPSですが世界観ともにややホラーテイストですね。

bioshock-20070607110549728.jpg
海底都市ラプチャー。アニメ『ビッグオー』の第7話「The Call from the Past」に出てきた海中都市みたいだ!というのが第一印象でした。外観は綺麗ですが内部は過去に住人同士で「adam」なる遺伝子物質を巡り武力抗争が起きたらしく崩壊しています(´・ω・`)

生き残った人々?は狂人化してプレイヤーに襲い掛かってきますし幼い少女リトルシスターと少女を守るビッグダディ、ラプチャーを防衛する無人兵器の三つ巴の中に迷いこむことに。

001.jpg
ビッグダディこぇぇぇぇぇぇ!こっちくんな!(;´Д`)

相手は狂人など手ごわいですがプレイヤーも薬を打って特殊能力が使えます。デモ版では左手から放電する能力が使え、基本戦法は「敵に電撃で先制攻撃して感電させてから近寄り、スパナでガツン!と殴打」でほぼ必勝でした。マグナムやマシンガンも手に入りますが弾数に限りもあるので奥の手ですね。

このゲーム、UE3を使用していて全体的にも非常に高いレベルのグラフィック表現ですが何より特筆すべきは水の表現でしょう。海底都市なのであちこち浸水していて水が天井や壁から漏れていますがリアルタイムであるにもかかわらずムービーレベルとも言える程リアルな水表現に度肝抜かれます。

ホラーテイストなので暗い海底都市を進んでいくのも緊張感ありますしモンスターではなく狂人化した人間が相手なので違う意味でも緊張感あります。よく独り言を言ってたりして正気なのかと思いきや、こちらを発見したらいきなり襲ってきたりします。ちなみに海外ゲームなのでキャラモデリングはかなりバタ臭いです。

デモ版なので致し方ないのですが音声や文字が全て英語なので無線で味方が指示してきてもさっぱりわかりませんがほぼ1本道なので問題なく最後までプレイできました。デモ版にしてはかなり遊べ初回プレイで約1時間かかりました。う?ん太っ腹。FPSと言えどもガチの戦争ゲームに比べると難易度はかなり簡単な印象を受けました。

こりゃぁ日本語版は買いですよ。
グラフィック志向の360ユーザーなら一度はあの水の表現を見ておくことをオススメしますよ。なんだか・・・日本のゲームは完全にグラフィック面では海外デベロッパーに差をつけられちゃったなぁとしみじみ感じました。海外はPCがメジャーでしたしゲームエンジンにしろグラフィックにしろ上手いこと使いこなしますねホント。( ´・ω・)y-゜゜゜
正直「またやるだろぅなぁ・・・」とは思ってましたがナムコがまたまた『エスコン6』でアイマス商法を実施するみたいですね。もっとも今回は追加カラーの配信だけではなく「追加オンラインミッション」がメイン?
GameWatch

前回に引き続き今回も色んなカラーが配信されますが前回がF/A18などぶっちゃけ弱い機体で「使うか?」と言う感じでしたが今回はF-15やF-22などオンラインでもよく使われる機体がチョイスされています。正直どれもエンブレム程度の変化しか感じ取れないので補正される性能うんぬん以前に見た目的にあまり惹かれるものはありませんね( ´・ω・)y-゜゜゜

そして今回ももちろんあります、アイマスカラーの機体!
今回チョイスされた機体は「F-117A Night Hawk」でアイマスキャラからは「萩原 雪歩」なるキャラが。

ace6_12.jpg

う?ん・・・カラー自体も前回の美希カラーに比べて灰色と通常カラーとあまり大差がなく地味ですね。機体チョイスもちょっと・・・・。本編でさえ使うかどうか怪しい機体なのに・・・。終盤近くの渓谷隠密ミッションで最初使いましたが後半に敵機が大量に出てきて鈍足なF-117Aでは逃げきれずに撃墜。そこくらいしかまともな使用機会なさげな機体なんですけどなぜ選ぶ!?

『アイマス』自体も少しだけかじりましたが1回目のオーディションで止まっておりキャラも全く知りませんしこれはパスだなぁ。記事によると補正性能は「ちょっとひかえめだけれど、限界いっぱいのがんばりを見せたとき、その真の能力が発揮される。秘められた彼女の情熱を導き出せ!」とのこと。よくわからんし余計パス。価格も相変わらずの400MSポイントです。もう擁護する気なんてアリマセンヨ( ´_ゝ`)

前回に続きお気に入り機体「A-10」も新しいカラーが配信されますが「クリスマスカラー」でミリタリー色が弱くやや微妙。200MSポイントだしこっちもパスかなぁ・・・。

ace6_10.jpg


また初めて配信されるオンラインミッションはチームバトルを想定した内容だそうですが基本的にオフの装備そのままの状態なのでバランスが悪そうですね。みんなロングレンジミサイル搭載して遠くからミサイルを連射するだけ。強化された機銃が活躍することなんて殆どないですよ。

バランスを取る為にもオン対戦時はミサイルを実際の機体の様に数初しか積めない様にしたらいいと思うんですけどね。ミサイルは切り札で機銃でのドッグファイトだとかなり熱くなりそうなんですが。グルグルイタチごっこで目が回りますかな?追加オンラインミッションは有料で100MSポイント。通常機体の200MSポイントより安いって一体・・・・

ま、今回は多分どれも購入は見送りが濃厚です。
ゲーム自体も2週クリアして今のところお腹いっぱいです(´・ω・`)
最近メカ物のアニメと言えば相変わらずガンダム、ガンダムですが来年は違います。
なんと『マクロス』シリーズ最新作がTVシリーズとして来年春に放送されるそうですよ!タイトルも『マクロスF』、FはフロンティアのFらしいです(´・ω・`)

マクロスF公式サイト まだキャスト発表くらいしか情報ありません・・・
ファミ通.com こちらの方がPVの映像やキャラ、メカの絵があります。

マクロスと言えば「戦争&ロボット&歌」!(歌はイラネェっての・・・・)
OVAでは歌と言う要素があれど『マクロスプラス』や『マクロスゼロ』に見られる様に前面に押し出すよりは事象であったりシャロンの様に敵対要素だったりして押しは弱く、バルキリーでの通称「板野サーカス」と呼ばれるアクションを見せることが多かったですね。

でも今回はTV版。
TV版でのマクロスと言えば新しいので『マクロス7』系・・・・。やばい・・・・そっち系はやばいって・・・。
バルキリーを駆っての戦闘もありますが撃ち合いでのドンパチよりも「熱血&熱唱」で戦場をはた迷惑に縦横無尽に駆け回り歌で相手(宇宙人)を撃退!デカルチャー!!あ、『7』はもう「デカルチャー」って叫ばないんでしたっけ?まともに見てないのでシリマセン( ´・ω・)y-゜゜゜

新作『マクロスF』の公式を見ると「恋と友情と惑星の運命が交差する超銀河ラブストーリー」なる吐血級のキャッチフレーズがあります。どう見てもシリアス路線のOVA系よりお馬鹿路線のTV系の流れを汲んでいる様に見えます・・・。もう一昔前の様なガチの戦争系アニメではなく軟派な学園要素を入れたりしているあたり死臭が漂っている気も。でもPVを見ると割とマトモっぽそうにも見えます。

メカ描写はOVAに引き続き3DCG表現が採用されるそうでPVを見てもこちらは中々期待できそうですよ。
OVA系と言うよりも『ヴァンドレッド』みたい?ただPVの内容も最初はOVA並のクオリティかと思いきや最後はガンダム00の様なTVクオリティに下がっている始末。でも久々のマクロス新作ですから何だかんだ言いつつも期待してますし放送されれば見たいと思います。メカ好き人間としてはキャラや話は並でいいので戦闘などのメカ描写に力を入れてくれれば何も文句はアリマセンw

maclos1210maka09.jpg
VF-25オズマ機(ファイター)

maclos1210maka02.jpg
VF-25アルト機(ガウォーク)

うん、いいね。中々かっこいいですよ。
VF-25と世代は進んでいるのにVF-1臭いデザインなのも色んな意味で面白い( ´_ゝ`)

ぼちぼちプレイし始めて現在イプシロン山脈・山小屋でセーブしました。
序盤も序盤、セスとヤンセンがようやく仲間になったと言うことで少しはRPGっぽくなりましたかな?

lost-odyssey.jpg

ぶっちゃけ最初から期待なんてしていませんでしたが、これ、かなりヤバくないですか?
もちろん色んな意味で、です。確かにグラフィックはかなり綺麗ですし街中だとカイムから近いキャラや背景に焦点が合い、離れた物にはボカシの演出が入るなど今までのRPGにはない要素もあります。途中で入る「千年の夢」もかなり切ない内容で好きです。音楽と相まってちょっと泣ける部分もあります。

でもね・・・・はっきり言ってそれ以外はプレイしているとダメな部分ばかりが目に付くのはどうにかならないのかなぁ。声は人によっては好き嫌いありますしこの際何も言うまい。しかし!総じて言えるのがキャラや乗り物など、動く物のモーションがあまりにもザル過ぎる!なんでこれでOKが出るんだ??とかなり首を傾げてしまいました。

まずキャラは口パクで音声と全くタイミングが合ってません。
カメラワークもそれを隠す為か会話シーンでもキャラのアップよりは背後から映したり引いたカメラ位置がかなり多様されています。カメラが変わった時に前に喋っていたキャラの口がまだモゴモゴ動いていたのを見た時はコーヒー吹きましたよw

おぃおぃ・・・物語を見せるならキャラの表情や動きはかなり重要でしょう。イベント時の動きも主人公達を除き何だか人形劇を見ている感じにぎこちない。体を動かすリズムが硬いです。

戦闘時の動きもシンプルすぎて味気ないのも正直な所。
「王道RPG」をど真ん中で行けども何も新しい要素がないのではどういい繕ってもただ時代遅れにしか見えません。敵とお見合い状態だし攻撃時以外は棒立ち。敵が攻撃する為に近づいてきても無防備なのは今では手抜きにしか感じません。攻撃モーションも序盤だから一撃だけなのかもしれませんが出来ればボタン押しで連撃みたいなのできる様にならないと最後までプレイするにはキツイ程素っ気無い内容です。

ブルドラの方が影が色んな攻撃する分まだ新鮮さはありました。パクれと言う気はありませんが『グランディア2』や『VP2』みたいに多少のアクション性を盛り込むぐらいした方がいいと思うのですが・・・

ついでにもう1つ言わせてもらえば乗り物の動きも違和感ありすぎます。
車輪が前方に集中している車?みたいな乗り物。デザインのツッコミ所もありますが止まる時、発進する時つねに急発進&急停車で動きの余韻が全くない。エレベーターも同様の動きで不気味すぎます。「ガコンッ」と1テンポくらい予備動作を入れろよ・・・(;´Д`)

せっかく話は面白いのにその他の部分がとことん足を引っ張っている気がしてなりません。
ミストウォーカーは『ブルドラ』や『ロスオデ』を作る時に設立された新しい会社だからモーションデザイナー足りないんでしょうか?これで話が最初から魅力を感じなければクリアしようと言う気すら起きずに中古屋行きは間違いナイ。まだまだこれから沢山のキャラが出てくるでしょうし早くも話だけが楽しみになってしまった感じです。最後までモチベーション保つかなぁ(;´Д`)
買っちゃいましたよ『ロストオデッセイ』。
買ったのは昨日なんですけど『スト?』のニュースの方がインパクトあったので・・・。最初は『ロスオデ』だけ買ってのんびりプレイするハズだったのですがソフマップに買いに行った時、横に『VF5』が置かれていたわけですよ。発売日が同じなんですからそりゃ当然です。

いかん・・・パッケージ見てたら欲しくなってきた・・・。
デモ版を落として遊んだ時は「(悪い意味で)相変わらずだな」と感じ1プレイで終了しデモを消したのに製品版を目の前にしたら物欲センサーが点灯し始めてしまいましたよ!

(´・ω・`) 「4」は結構遊んだしそれなりに面白かったよなぁ

と過去のイメージを脳内で高速処理!
漫画『東京大学物語』の村上よろしく0.0001秒とかに迫る勢いで思考がグルグル回る回る。恐らくその時は脳がCELLプロセッサなんて目じゃないくらい複数の情報を同時に高速処理していたと勝手に自負していますよ!(゜Д゜)

で、結局勢いに任せて衝動買いシマシタ。
『ロスオデ』の分しか事前にお金を下ろしていなかったので『VF5』買ったことで会社へ戻る電車賃すら危うくなりそうでしたが今年1年貯めたポイントを使いなんとか回避。ちなみにポイントは620円分でした・・・。ほんとソフマップは買った時には全くポイント付かないな、と。一体いくらお宅の店で買ったと思ってんだ・・・。

『ロスオデ』はRPGなので時間が取れる土日メインでするとして、早速『VF5』を開封!
格ゲーなんだから取説なんて読みません!おかげでオフェンシブムーブのやり方とか全くワカリマセンデシタ。キャラは『4』に続いて梅小路葵!新キャラからはエル・ブレイズをチョイス!

vf5_00.jpg
どう見てもレイミステリオのパクリ・・・・w

AC稼働時から思ってましたが皮膚や服の質感ははっきり言って他の追随を許さぬリアルさ。
写真でもわかりますが手のシワまで超リアルに描画されています。また『5』は筋肉の隆起が今まで異常に再現されていてウルフとか凄いことになってます。女性キャラも腹筋が割れてはいませんが悩ましい腰周りがなんとも言えず色っぽい( ´_ゝ`)

ちなみにロード時間は最近の格ゲーにしてはちょっと長めに感じました。それでも多分10?20秒くらいだと思うのですが『DOA4』や『鉄拳DR』に比べたら若干長くちょっとイライラします。負けて再挑戦の時はかなり短くなりますがそれでもまだロードあります。

で、ミステリオ・・・じゃなくてエル・ブレイズ。初めて使いましたが技はかなりかっこ良いですね!連撃も下段から始まるのもありますし何よりも投げ技がルチャ・リブレらしくアクロバティックで見ていて楽しいです。強いんじゃないの?と思いきやCPUと戦いましたがコテンパンにやられました。初めて使ったので下手なのもありますがノーマルレベルなのにCPUつぇぇ・・・orz

防御も硬いですがやたらと投げをかけてきますね。
『4』の時はそんなことなかったと思うのですが・・・。リーチが短いし押し押しでいける技もなさげなので使うにはかなり苦労しそうです。晶も使いたいところですがパット操作では崩撃雲身双虎掌は出せるのですが修羅覇王?の操作が最後まで追いつかない・・・。

ボーナスも出たことですし明日スティックでも買ってきます。
『VF5』同時発売のスティックは6ボタンで他の格ゲーにも使えるので潰しもききますしね(´・ω・`)
以前公開された何とも味のあるトレーラー公開がつい先日の事の様に思えるくらいですが海外サイトの1UP.comでは早くも『ストリートファイター?』の実際のゲーム写真のSSが一枚だけ公開されています!トレーラーの墨汁で描いたタッチのキャラがどういうものになるのか!?2D?3D?

media.jpg

体力ゲージなどはありませんがこちらが本邦初公開の本番のゲームエンジンで描画されたまちがいなく実際の画面写真のSSとのこと。キャラクターや背景は3Dとのことですがゲームシステム的には完全に2Dらしいです。

Game*Sparkによると他にも
・6ボタン使用
・新技、ステージ、ゲームモードなども追加
・リュウ、ケン、春麗、ダルシムが登場。他は不明
・発売時期、ハードは不明

とのことです。画面見たら限りなく2Dタッチな印象を受けますが背景の建物、人物、リュウの胴着を見ると確かに3Dモデルだと言うことがわかります。ほんとカプコンすげぇ・・・(゜Д゜)

登場キャラもオフィシャル情報ではありませんがリュウ、ケン、春麗はわかるとしてなぜダルシム!?人気あるわけでもないだろぅになぜ!?ザンギエフならまだわかるんですけどね。情報が本当だとするとキャラチョイスの選定基準は一体何だと突っ込みたくなりますw

仮にダルシムだとすると登場するキャラの方面はスパ?系になるのでしょうか?3rdストライクのキャラはでないの?と。アレックスにユン、ヤン、変態ふんどし兄弟(ユリアン&ギル)は?いや、それ以前に同じ3D繋がりでEXのキャラが出たりして・・・。従来キャラの登場も良さそうですがやはりここはスト?になった時の様にメインの3人(リュウ、ケン、春麗)以外はALL新キャラでも良さそうですよね。

あと?の肝とでも言えるシステムも非常に気になります。
スパ?Xは従来のスタンダードなスト?の進化系、ゼロ系はIZMシステム、スト?はブロッキングとそれぞれ個性的であり非常に内容の濃いものだっただけに今回どう言ったシステムが採用されるのか?個人的にはスト?のブロッキングが格ゲーにおける最高峰のシステムだと思うのですが・・・。

とにかく今回のSS1枚だけでも想像が止まりませんし十分納得できるクオリティーです。
ストリートファイターシリーズの新しいナンバリングが施されるわけですし発売時期とかは気にせずにとにかく徹底的に作りこんで濃い内容になることを期待したいです(`・ω・´)
今日は久々にサイトを巡回していて吹きました。
もうね、ここまで来るといかにMSが日本を敵視しているのかわかりますねホント。
なんの冗談だよ、と( ´_ゝ`)
Xbox Live 「竹島」入力を拒否 「独島」は問題なし (痛いニュース)

昨日行われたXboxLive冬のアップデートでゲーマープロフィールの編集にモットー以外に「名前」や「国や地域」を公開する機能が追加されました。名前や国ってのは見たところゲーマータグの名前ではなくズバリ本名とリアル住所が出てくるのでこれってプライバシーの侵害じゃねぇのか?と。こんなの公開するやついるわけないってのにMSはバカですか?

記事ではその「国や地域」の部分に何かと問題になる「竹島」と入力すると

“ご利用いただけない言葉(特定の国や地域で不適切な表現となってしまう言葉)が含まれています。
恐れ入りますが、編集しなおしてお試しください”

と警告文が出ると言うもの。

ddab5724.jpg 291fb404.jpg 9a725e5e.jpg


開いた口が閉じませんがなw
MSは朝鮮人の手先かよ。確かMSゲーム部門最高責任者がセイン・キムとかいう半島人だったと思いますがその影響ですか?360開発コードが「プロジェクト ミッドウェイ」だったことは有名ですしもうこりゃ本物ですな( ´・ω・)y-゜゜゜

こんなことするからせっかく日本でも芽が出始めてきたのに自ら刈り取って自滅するんですよ。日本で売れないのも自業自得。そもそもCMすらろくに見ないしそれで売れろって言う方があつかましいわ!ボケ!

----------------------------------------
それはそうとマケプレで明日発売の『ロストオデッセイ』の冬トレーラーが配信されています。同時に以前行われた発表会の模様も配信されています。

台詞が入っていたので聞きましたがそんなに悪くないような?
子供の声だけかなり浮いている様に聞こえましたがカイムもそう悪くない様子。セスもいいじゃないですか。上原多香子が声を当てているメガネのお姉ちゃんも普通に聞こえました。一瞬だけだったので何とも言えませんがもしかしたら割と普通かも?トレーラーの内容も良かったし音楽がとりわけ良かった!

なんだか面白そうに見えてきました。
戦闘だけ相変わらずイマイチっぽかったですがとにかく明日買いに行ってきます(`・ω・´)ゞ
年末で欲しいゲームやフィギアがかたきの様に発売されて財布が洒落になりませんorz
そんな中、ガンダムフィギアの1シリーズ「HCM-pro」にHi-νガンダムが追加されるではありませんか!
ガンダマー.com

4543112517630_i07.jpg

4543112517630_i05.jpg

ぬぉぉぉぉぉぉぉ!これは欲しい!
Hi-νガンダムは以前MGでキット化されましたがここ数年は忙しかったりしてプラモは全く作っておらず手間のかからないG.F.Fとかに流れていました。G.F.Fはフィギアだけど完成度高いですからね。下手の横好きが作るよりもずっとかっこいいんだもん・・・w

写真だと細部のスミ入れする余地は残っている様なので仕上げは自前で、ですね。

HCM-pro版は足に金属パーツが入っているらしく安定性も確保とのこと。
ディテールも細部まで彫られていますしパッと見ではMGと見分けがつきません。気になる値段は定価4410円。ぐぅ・・・高いな・・・。ボークスの店員によると確か今月の13日でしたかな?リボルテックにヘルダイバーがラインナップされこちらも欲しい!でもリボルテックは値段安いですからね。そう負担にはなりません。

リボルテックはラインナップがどちらかと言うとややオモチャちっくな物が多い印象でしたがホビージャパンに掲載された写真とボークスで展示されていたサンプルを見た途端、そのミリタリーちっくなかっこよさに惚れました( ´_ゝ`)

やばいなぁ?。ゲーム+フィギアだけで今月2万以上使ってしまいそうです。
ただでさえ年末で飲み会とかがあり出費が重なるというのに・・・ _| ̄|○
いよいよ12月ですね。
これから年末にかけてかなりの数のソフトが出るのでどれを買おうか悩むと言うもの。そういう時に参考になるのがゲーム誌のレビュー。今月のファミ通360は一気に13本ものソフトレビューが掲載されています。これだけの数が掲載されるなんて年に1度だけかもしれませんね・・・w

『CoD4』はつい最近発表されたのでありませんが色々注目作が多い中、私が気になっているソフトのレビューがどれくらいの評価になっているのか調べてみました。(´・ω・`)

---------------------------12月6日発売-----------------------------

■バーチャファイター5 Live Arena (9/8/9/8)
一人用のクエストモードの充実は評価できる。アイテム集めなどプレイするモチベーションを高めてくれるギミックはやり込みがいがある。世界中のプレイヤーと対戦できることは単純に嬉しい。が、初心者には技数やストイックな作りは敷居が高いかもしれない。

■CONAN(コナン) (7/8/8/7)
『ゴッドオブウォー』に近い感じ。海外作らしく難易度は高め。技を習得させてアクションが増えていくのは楽しい。凝った演出はないがアクション部分は十分に楽しめる。スピード感はないがじっくり遊べるタイプ。ただデータ読み込みの遅さは一発死がある場面ではストレスになる。

■ロストオデッセイ (10/8/9/8)
ゲームシステムは王道を行くスタイルで非常にわかりやすく戦略性もある。シナリオ、演出がとにかく秀逸。「千年の夢」シナリオがなんとも切ない。UEによる映像表現もすばらしい。データ読み込みを極力感じさせないシーン繋ぎが徹底されている。一方、テキストとムービーが多くストーリー展開が遅いのは気になるところ。どうしてもテンポが悪く感じられてしまう。個性的なキャラクターと世界観がツボにはまれば楽しめるだろう。

---------------------------12月13日発売-----------------------------

■キングダムアンダーフィア サークルオブドゥーム (8/7/8/8)
『ディアブロ』や『PSU』に近いイメージではるがオフラインで一人で遊ぶにはやや物足りない。オンラインでのマルチプレイだと格段に面白くなる。グラフィックのビジュアルクオリティは高い。アイテム合成もやり込みがいがあってじっくり楽しめる。「不健康な快感」はビジュアル関連スタッフの執念とマルチプレイ前提のゲームデザインがあってこそ。攻撃のモーションもスムーズで爽快感は十分だが敵AIが単調なのでアクションゲームとしては大雑把。進む道がわかり辛く感情移入しにくいのも気になる点の一つ。シンプル&断続的な戦闘関連アクションにさえ納豆できれば末永く付き合える作品になりそう。

--------------------------------------------------------------------

ん?、どれも微妙すぎな感じが・・・・。
『CoD4』と『スパロボOG 外伝』の2本を買うので買いすぎても消化できずに積みゲーと化すのですが両方とも12月27日と末すぎて間に何か1本くらい挟みたい!最近は洋ゲーに食傷気味になってきたので和製RPGでもやりたい処ですが「王道RPG」と言う作りが『ブルドラ』を思い出し何か踏ん切りがつきません。

ボイスアクターに俳優を起用しているのも気になるところ。
別に俳優さんでも演技が上手ければ何も文句はないのですが(PDZの釈由美子とか)某掲示板によるとサラ役の上原多香子の評判がどうにもよろしくない模様。ポケモン劇場版にも声を当てていた様ですが相当酷かった様で早くも話題作りの安易な俳優起用が叩かれています。

声は実際に聞いてみないことには何とも判断できませんがそんなに酷いのでしょうか・・・。
個人的には声よりも『FF?』モドキの戦闘関係がどう改善されたのかが気になります。敵とお見合い状態のシステムも今では古臭い印象が拭えません。

もう1つ気になっていたのが『KUF』。
『N3』以来の無双系っぽいゲームですしビジュアル面がかなり綺麗。キャラクターもかっこ良いので評価良ければこちらが本命でしたがどうにも評価が分かれそうです。雑感インプレッションによれば開発したブルーサイドのディレクターからして「オフラインはつまらない」と言っていたそうです。ぉぃぉぃ・・・。バランス自体もマルチプレイ前提だそうで基本的にオフがメインの私としてはどうも手を出さない方がいいみたいです(;´Д`)

こうなると残ってくるのが『VF5』ですがデモ版で既に内容を確認済みでスルー率90%。
『ゴッドオブウォー?』をプレイしたばかりなので『CONAN』もスルー。こうなりゃもう捨てゲー覚悟で『ロスオデ』でも買ってみようか?と。期待してなければ意外と楽しめるかもしれませんしね( ´・ω・)y-゜゜゜
ロケテ後すぐに正式稼動が始まっていた『鉄拳6』。
今日もゲーセンに行き、前回確認できなかった新技や変更点を重点的に見てきました。プレイしたキャラは仁、一八、ファラン、スティーブの4人を中心に。メインは仁です。えぇ、前回使ったキャラとほとんど変化はありません!何か?(´・ω・`)

--------------------------------------------------------------
■風間 仁
05_jin.jpg
■新技
・直突き?左下段蹴り?右下段蹴り(LP、↓LK、RK)
・技名不明?(後ろ斜め下RP、LK)
・技名不明?(後ろRP、LP)
・計都(←、→RP、LK)
・鬼神烈洸(LK、LP、RK)
・左膝蹴り(←LK)

比較的シンプルかつ使いやすい新技が追加されています。使いやすいのは技名不明?と鬼神烈洸。?は転掌絶刀の1発目の後に後ろ回り踵落としを出します。鬼神烈洸は新しい連撃技で上・上・下判定。計都は羅喉の1発目の後に後ろ回し蹴り。2発とも中段判定なので使いやすいのですが当たると相手との距離が開いてしまい、接近戦で威力を発揮する仁としてはやや使い所に困ります。

従来技の変更点としては技名不明?が追加されたことで「右裏拳→左中段前回し蹴り」がなくなっています。また前作では出した後の硬直が長かった「右足刀」が出が早く硬直も短くなり近距離での牽制に使いやすくなっています。技自体も吹き飛ばし蹴りから中段ミドル蹴り風に変化しています。他には「残心・弐」からRKの「右下段後ろ回し蹴り・弐」の出が早くなっていて隙も小さくなり使いやすくなっています。

■コンボ
・追い突き→羅喉(2発止め)→直突き?縦蹴り→転掌絶刀

と空中で「直突き?縦蹴り」を決めると相手が尻もちダウンになり「転掌絶刀」が連続で入る様になり安定したコンボのダメージが更にアップしています。他にも浮かせ技から適当にコンボを決めても「直突き?縦蹴り」で打ち落とし「転掌絶刀」で締めがスタンダードになりそうな感じです。

--------------------------------------------------------------
■スティーブ・フォックス
27_steve.jpg

近距離で浮かせ技として使えた「ライトアッパー」がなくなっています。
代わりに同コマンドで新技「クレッシェンドフック」が出ます。中段判定のボディブローでカウンターヒットすると相手が尻もちダウンを起こすので「ダックインレフトフック(→RP、LP)」で拾いそこからコンボに持ち込めます。他の尻もちダウン誘発技としてはカウンターの「ドラゴニックハンマー(→→☆RP)」があります。

『6』になり浮かしてコンボをしても前程距離が離れない印象があり「ダックインレフトフック」x2から「ソニックファング」と普通に繋がります。新技に「ピーカブースタイル(→LKRK)」や「ヴァンガードラッシュ(RP、LP、RP)」がありますがどれも使いどころがまだよくわかりません。新技に頼らなくても弱体化している印象はなかったのでラッシュラッシュでガンガンいけます。

--------------------------------------------------------------
■ファラン
20071201232546.jpg公式にはなぜかファランのプロフィールがないですね・・・;;

前回、「ブラスターキックコンボ」が何かおかしい、と思いましたが原因がわかりました。2発目が浮かせではなくなっていました!なんじゃそりゃぁぁぁぁぁ!ヒットすると相手が普通にこけるだけです。使えん!全く使えん!もはやネタ技に。中途半端すぎてどう使えばいいのかわかりません・・・。浮かせ技は新技を見てもなく「ライトアッパー」か「レフトプラズマブレード」に限定されてしまいますね。

--------------------------------------------------------------
■三島 一八
06_kazuya.jpg

新技に「双殴両刃(LP、RP、RK、LK)」が良い感じです。「双殴腿砕き」の後に中段の蹴りが追加されてるだけですが使い易いです。他の技は・・・まぁ普通ですね(´・ω・`)

コンボは
・風神拳→貫乱烈洸(LK、LP、RK)の2発止め→六腑凶襲拳→雷神拳
が新しく入ります。六腑凶襲拳をヒットさせるとバウンド状態になり追撃が可能になっています。ただし浮かせた時に相手が後ろ向きだとバウンドをしても雷神拳がスカってしまいます。

--------------------------------------------------------------

今日は対戦もしましたが台が空いていてCPU相手に色々練習できて良かったですよ。ついでに仁でラスボスまで行きました。今回のボスはですね・・・。
2007-11-27.jpg
↑こんなヤツです。名前は「AZAZEL」

何、でかすぎてわからない?大丈夫、実際それくらいデカイのです(´・ω・`)
感じとしては『鉄拳3』のラストに出てきた獣バージョンのオーガが近いです。見た目は体中にクリスタルのトゲが生えたドラゴンがファラオの被り物(黄色と黒のシマシマの冠?)をしています。な?んじゃそりゃ。

技も奇抜なものが多くビームを放ったり(しゃがみで回避可能)や地面を殴って隆起させて攻撃してきたりオーガよろしく倒れたら空中にワープして体当たりとかしてきます。おぃおぃ、ラストがこんなのっていいのかよ・・・。『5DR』の仁八よりはマシですがそもそもこのドラゴンは何者なんだ?OPムービーの最後に出てきますがどこかの遺跡に鎖で繋がれていたりと不明な点が多すぎます。

その辺は家庭用の移植でストーリーが補完されるでしょう。
ともかく格闘ゲームとしては更に面白くなっています!ゲーセン通いがまた癖になりそうですよ。1試合の時間が短いのでお金が湯水の如く出ていきそうで怖いです・・・(;´Д`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。