ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。

なんとかギリギリ間に合いました!
今しがたようやく残っていた『スパロボOG 外伝』最終話をクリアしEDみました。何だかんだ言いつつ一気にやると面白かったです。35話が鬱な展開だったのでゲンナリしていましたが最終話は雑魚もそこそこでラスボスのネオグランゾンも復活したりせず結構余裕で倒せました(´・ω・`)

SRWOGgaiden.jpg


クリアして思えば最初ファミ痛で記事を見た時はどうなることかと思いましたがかなり面白かったです。
アニメーションは『OG`s』の続編なので使いまわしが多いですが一部の技に追加演出があったり新規参入の修羅やコンパチカイザーなどがかなり気合入っていてあまりマイナスの印象はありません。もともと『OG`s』のアニメーションは凄いカッコいいし動きまくりですからね。



ストーリーも序盤は『2.5』と呼ばれる『OG`s』の続き色が強い話。それ以降は修羅がもっぱらメインの話でしたが製作期間の関係かちょっと短いかな?と。全部で36話ですからね。詰め込みすぎたのか見せ場が少ないキャラもチラホラ・・・。クライウルブズの面々は使えるステージはあれども結局主人公達と合流することもなく半分ゲストっぽい扱いでしたしね。

あ?、でも『OG`s』で死んだと思っていたアクセル・アルマーとアルフィミィが終盤仲間になりますしフェルナンドなどフォルカ以外の修羅も仲間になるのが良いですね。 アクセルとソウルゲインがおいしい場面持っていきすぎ・・・w  キョウスケが完全に喰われてますよw

面白いのがストーリーだけではなくオマケとは呼べないほど充実しているフリーバトルやシャッフルバトラー!ストーリーでは機体乗せ代えなどあまりする機会がありませんがこれらのモードなら自由自在!ついでにシリーズには御馴染み「ロボット大図鑑」(メカの設定などが見れるモード)にクリア後、そのキャラ固有の攻撃をいつでも見れる機能が追加されました。

『OG1』?『OG外伝』までのキャラを網羅しておりまさに完璧!
味方だけでなく敵まで全て揃ってます。これなら超お手軽にいつでも好きな機体の技が見れます。あぁ・・・アルベロの乗る量産ゲシュMk-?改がカッコよすぎる・・・・(;´Д`)
ヤルダバオトからグランゾンまで心ゆくまで堪能できます。

不満と言うと真っ先に浮かぶのが35話のバランス・・・あれだけは好きになれません。
それ以外は不満と言う程のものは特に私はありません。『OG』の世界観全てが好きな人なら続編ながらかなり楽しめるハズかと。ファミ痛だったかな?スパロボのプロデューサーの寺田氏が新作を作っているとインタビューで話していました。『OG』関係?と話をふれば『OG』の類ではなく従来の版権スパロボになるっぽいことが書かれていたと思います。全部読んでないんで曖昧ですみません・・・;;

次世代機になって超リアルなゲームもいいけどやっぱり日本のお家芸とも言える職人的な2Dアニメーションはなくならないでいて欲しいものだと思いました。版権スパロボも作品チョイスで賛否両論ありますがこれ以上『OG』は引っ張らない方がいいですね。いや、ほんと今回の『OG』関係は面白かったです( ´∀`)

スポンサーサイト
今日が火曜日で『DMC4』発売が明後日木曜日。
何とか『スパロボOG 外伝』をそれまでにクリアしようと思えどもラスト手前2話にて既に放置気味になってきました・・・。もうどうにもならん・・・(;´Д`)

難しい、と言う問題ではなく単純に毎度のことながらラスト直前は敵のHPが多すぎます。
『OG』の頃はまだシャドウミラーの面々でも雑魚は普通に倒せて気力を上げ、ボス級1?2体を一気にボコる形でまだEN的にも精神ポイント的にも余裕はありました。が、今回のは・・・

ファイターロアの宿敵・ダークブレインが出てきます。
まぁその面のボスだしそれは良し。問題は雑魚?で一緒に出てきたソーディアンズ・ガードなる敵。7?8体出てきてこいつらとダークブレインしかいないのですが、ソーディアンズ・ガード1体のHPが22万!22万!?最初見たいときは「はぁ?」と思いました。HP回復とか持ってないので地道に時間かければいつかは終わるのですが最初は気力低いから強い攻撃は出せないし回避率も低い。22万の雑魚敵が8体です。気力が萎えました・・・。

攻略サイトを見ると終盤のお約束、ボスが倒してももう一度復活しますがダークブレインも例外ではなくまた復活するそうな。ますます気力が萎えてくるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・・・_| ̄|○

4?5日かけて1ターンプレイしては終了、などを繰り返しようやくガードの掃除が終わりダークブレインと戦闘開始ですがこのノリでは最終ステージどんだけめんどくさそうな展開が待っているのやら・・・。ま、別に『DMC4』とバッティングしても交互にやれば問題ないですよね?(その調子でロスオデが完全に積みゲー化しているのはもはや忘れたいです;;)

で、話はかわり購入後怒涛の勢いで『DMC3 SE』をクリアしました。
仕掛けも覚えていたので2日でダンテを使いノーマル制覇。現在はノーマルでバージルを使っています。最初使った印象は「コンボの始動も遅く超接近戦タイプで使いにくすぎる!」でしたがコンボを続けるにあたり武器チェンジを織り交ぜていくと驚くほど面白いキャラとわかりました。

ダンテと違いバージルは最初から武器は3つ(刀とベオウルフと洋剣)と固定。
なのでコンボにこの3種類を始動はベオウルフ、浮かせてからは刀、と言う具合でチェンジさせることでダンテ以上の攻撃力を引き出せます。単体武器でゴリ押しは出来ないことはありませんがかなりキツイです。ただ刀は別で軽いジャンプから出せる「居合斬りx2」はボスさえハメれるほど強いです。

やべ・・・スパロボより断然面白い・・・(;´Д`)
スパロボは毎度のことながら後半は一気にプレイしきらないと気力が持ちませんね。修羅はともかくダークブレインとかは全然燃える展開もないですしストーリーとの絡みも弱かった。『OG』のシャドウミラー相手の展開は最後まで熱い展開が続いたので良かったのに『外伝』はちょっと蛇足っぽい敵が多い・・・;;

木曜は即『DMC4』をプレイするので実質今日の寝るまでと明日しか『OG 外伝』をプレイする余裕がありません。積みゲーにしたくないので突貫プレイするしかアリマセヌ!(゜Д゜)
ベイダーやヨーダが参戦など最近話題には事欠かない『ソウルキャリバー?』。
新規はもちろん嬉しいのですが既存のキャラまだ??と言うことで新たに3人のキャラのSSが公開されました。コスチュームも新たに一新され従来のイメージからは『誰?』と思うキャラもいます。画像サイズがデカイので今回はサムネで。クリックで元サイズの画像になります。GameSpyにはこの他にも新たなSSが掲載されています。

soulcalibur-iv-20080125104518520.jpgsoulcalibur-iv-20080125104507910.jpgsoulcalibur-iv-20080125104228345.jpg


新たに公開されたのは左からソン・ミナ、ホン・ユンスン、マキシ。
ミナとマキシはまぁ従来のコスと近いのですぐわかりますがユンスン変わりすぎですw
今までは『鉄拳』のファランと雰囲気が近く被りキャラっぽい感じでしたが今回上着を脱ぎバンダナを巻いて一気に軟派な兄ちゃんから羅漢っぽくなりました。心なしガタイも良くなっていますかな?派手さがなくなりちょっと地味な印象もしますが・・・そしてタキと双璧をなすお色気キャラのミナ。イラスト見れば見るほど胸が見えそうDA!こんな衣装じゃジャンプした瞬間全部めくれちゃう(ry

またキャラ公開に合わせて実機でのSSも公開されています。

soulcalibur-iv-20080125103734264.jpg

今までまだ少女の様なあどけなさがあった顔つきも一気に大人の女性になった感じがします。イメージカラーもオレンジの服だったのが緑になり落ち着いた印象がします。イラストはともかく実機ではちょっと露出度が減った気がしますが・・・う?ん( ´・ω・)y-゜゜゜

soulcalibur-iv-20080125103744388.jpg

いい兄貴!じゃなく海の男・マキシ。
今回も華麗なヌンチャク捌きに期待したいところです。やはり次世代機なので服や肌の質感が凄いですね。今までに比べちょっと腕細くないかい?とも思いますが角度によるのでしょうか?またあの勝利台詞が聞きたくなってきました。「ふ、髪が乱れちまったぜ!(`・ω・´)」

soulcalibur-iv-20080125103749185.jpg

一番印象が変わりましたユンスン。
イメージからは今までの華麗な刀捌き&足技と言うよりも豪快な技を見せてくれそうな感じがします。今までは御剣やマキシなどと比べるとヒョロい印象でしたが肉体アピールによりインパクト負けしませんね。

これで残る未公開の既存キャラはキリク、シャンファ、タリム、ザサラメール、雪華でしょうか。
隠し扱いのキャラだと他にもセルヴァンティスやリザードマン、ファン・ソンギョンなんてのもいますが『?』でレギュラーだったのは前者5名。開発も順調な様で発売待ち遠しいです。キャラカスタマイズも引き続きできるそうですがやっぱりオリジナルキャラ専用なんでしょうか?

技も声も装備も全てレギュラー陣に劣る感じだったので『VF5』や『鉄拳6』の様にレギュラー陣のコスをイジれるといいのに。そろそろその辺の情報も聞きたくなってきました(´・ω・`)

マケプレで『DMC4』のデモを遊んでからというもの、無性に欲しくなったので
難波のビッグカメラに行って『DMC3 SE(スペシャルエディション)』を買ってきました。『PS2 the Best』だったので2600円ほどですみました。スペシャルエディションなので通常verに加えてバージルが操作できるほか、「ブラッディパレスモード」や「ターボモード(ゲーム速度1.2倍)」、海外仕様の難易度『Very Hard』が追加されています。




『DMC』シリーズは相変わらずPVがカッコいいです。
SEなのでPVも通常verのアレンジっぽいですが私はこのPVが好きです。最近は『DMC4』のPVばかりみていたのですっかりヒゲの印象がありますがダンテが若っ!時間軸的には『3』が一番最初なので当然と言えば当然。『4』でちょっと見え隠れして(いそう)な青い人も。

『3』無印のクリアデータがあれば最初にデータを読み込むことでいきなりバージルが使える様になる他、ブラッディパレスも解除されました。データ消さなくてよかった( ´_ゝ`)

ハードをクリアした拙者にはダンテは生ぬるいでござる!と言うことでさっそくバージルを使用。
単純にダンテをバージルに置きかえただけではなく専用のイベントデモも用意されていました。抜かりは無いですね。ですが・・・ダンテにくらべバージルは銃を持ってない上に日本刀もコンボ初動は柄攻撃だったりするので接近戦を余儀なくされる派目に。

銃の代わりにPVでも見れますが空中から魔刀みたいなのを飛ばすのが遠距離攻撃になっています。
ダンテ同様、レベルも上がれば飛ばす数も増えたりするんでしょうけど最初なので1本しか飛ばせません。しかも連打が効かないのでキツイ。久しぶりの『DMC』なので操作もおぼつかず最初の死神でボコられて終了。

「ま、ストーリーもう一度復習のつもりでダンテから始めれば無問題ってもんだろ」
とポジティブに開き直ってもう一度最初からダンテで遊んでいます。『3』無印でハードをクリアしていても『SE』だと選べる難易度はイージーかノーマルなんですね。ストーリーも「こんなんだったな」と思い出しながらプレイしていますがカッコいいプレイスタイルのアクションゲームはやはり『DMC』かと。『ニンジャガ』は本気で倒しにくる敵相手にカッコよくはありますがCOOLに倒すイメージ。『ゴッドオブウォー』は単純にセクシー&バイオレンスですね(´・ω・`)

仕掛けの謎も覚えてますからサクサク進みミッション11まで到達。
ベオウルフ相手にするところまで来ましたが負けたのでちょっと休憩です。以前は思いませんでしたが魔界の銃アルテミスが強いですね。基本、銃はエボニー&アイボニーとアルテミス、剣はリベリオンとアグニ&ルドラがお気に入りです。ネヴァンは相変わらず上手い使い方がわかりません・・・。

回復アイテムが購入するたびに価格が上がっていくのがこのシリーズのキツイところ。
ニンジャガほどダメージはシビアではありませんが気軽にアイテム使えないのは緊張感あります。とりあえず目標としては『4』発売までにダンテでクリアしてバージルでもクリアです( ´・ω・)y-゜゜゜
『デビルメイクライ4』のデモ版配信きました!
31日なんて情報が流れヤキモキしましたが一安心。プレイ感覚を確かめるべくさっそく遊んでみました。関係ありませんが一度日記を書いて「記事を保存」を押したらなぜかログイン画面に・・・。ログインし直したら新しく書いた日記が更新されておらず消えてる始末。2度目なのでかなり萎え。どういう仕様なんだよFC2・・・;;

200742711260_3.jpg


デモ版で遊べるのは「10分限定のトライアル」かフロストやベリアルと戦える俗に言う「vsボスバトル」の2つが選べます。まずは10分限定モードをプレイし操作感覚を確かめてみることに。

基本的な操作や感覚は従来通り。
新操作としてはRボタンで敵をロックし続けることができます。またネロの右腕を使ったスナッチと呼ばれるアクションが中々面白かったです。中距離くらいの位置にいる敵なら「Rボタン+方向キー+B」で引き寄せる事もできますし近距離ではBボタンだけで敵を掴んで投げます。これを斬り上げからのコンボに組み込んだりするのがネロ流のアクションで、ダンテとは違ったスタイルが楽しめます。

剣戟アクションはスナッチが入ったことにより更に面白くなりましたが、操作面を含めちょっと「??」と思うところも。今までもそうですが「防御行動」がないのでニンジャガなどに慣れていると咄嗟の時に思わず防御行動を取ろうとして攻撃をモロに喰らってしまいました。回避動作が「Rボタン+左右キー+Aボタン」で出ますが「左右キー」もロックしている敵に対して見た場合の方向で、カメラも固定ではなくグルグル動くので確実に発動させるにはやや慣れが必要そうです。

ベリアル戦など一撃喰らうと痛い場合は必須になりますが確実ではないので私は2段ジャンプで逃げてました。絵的にはちょっとかっこ悪いかなぁ・・・と。またダッシュ移動が任意ではなく一定距離を走り続けなければ発動しない、等細かい不満がチラホラありました。

戦闘面に関しては従来のマンネリから脱却しきれていない所もありますがアクションゲームとしてはトップクラスの面白さは健在かと。デモ版なので遊べるのも基本的な武器やアクションだけでしょうしね。『ゴッドオブウォー』の様な残虐さ、『NINJA GAIDEN』の様な難しさはなく、その分をスタイリッシュなカッコいいアクションで楽しませてくれます。操作になれない内はガチャプレイでも何とかなります。ボイスも英語+日本語字幕で雰囲気も良い感じ。

来週木曜の発売日が楽しみでなりません。
『CoD4』は飽きたし『スパロボOG 外伝』は残り2話ですが従来通り終盤の敵のHPがインフレ気味に多くなり倒すのが面倒くさくなっています。『DMC4』発売までにはクリアしないと終盤にもかかわらず積みゲーになりそうなので急がねば・・・;;

ちょうど仕事で開発していたタイトルが2月頭で終了するのでお休みがもらえそうです。
『DMC4』の発売後ですしタイミング的にもバッチリ!ついでに延び延びになって放置していた『ロスオデ』もいい加減再開しないと遊び方忘れてしまいそうです(;´Д`)

久しぶりにPSPでちょっと興味をそそられるタイトルを発見。
その名も『SNK Arcade Classics』。そう、かつてゲーセン全盛時代にヒットしていた懐かしのタイトル16本をまとめたソフトだそうです。最近のSNKと言えばKOFシリーズがマンネリでグダグダな感じが否めませんがかつては『餓狼伝説』、『龍虎の拳』、『ワールドヒーローズ』など人気を博したシリーズを手がけていましたね。




収録タイトルは

・Art of Fighting(龍虎の拳)
・BASEBALL STARS 2(ベースボールスターズ2)
・BURNING FIGHT(バーニングファイト)
・FATAL FURY(餓狼伝説)
・King Of Fighters ‘94(ザ・キング・オブ・ファイターズ’94)
・KING OF THE MONSTERS(キング・オブ・ザ・モンスターズ)
・LAST RESORT(ラストリゾート)
・MAGICIAN LORD(マジシャンロード)
・METAL SLUG(メタルスラッグ)
・NEO TURF MASTERS(ビッグ・トーナメント・ゴルフ)
・SAMURAI SHODOWN(サムライ・スピリッツ)
・SENGOKU(戦国伝承)
・SHOCK TROOPERS(ショックトルーパーズ)
・SUPER SIDEKICKS 3(得点王3?栄光への挑戦?)
・TOP HUNTER(トップハンター)
・WORLD HEROES(ワールドヒーローズ)

Vol.1と言うことは今後Vol.2や3が予定されているのでしょうか?
収録タイトルを見てもシリーズ化されている作品の初代がチラホラありますね。数タイトル除けば全て知っているタイトルばかり。当時はもちろんアーケードで遊びました。懐かしすぎますね?(´・ω・`)

個人的に遊びたいのは『KOF94』、『龍虎の拳』、『ワーヒー』、『サムスピ』の順でしょうか?
もちろん『メタスラ』や『キングオブザモンスターズ』も遊んでみたいです。本来ならPS3や360、Wiiで配信しろよ、と言いたいところですが携帯機はいつでも気軽にできる手軽さが良いです。『鉄拳DR』も今PS2で腰を据えてやるのはキツイですがPSPなら外出時のちょっとした待ち時間に手軽にできるので重宝しています。

1つだけ気になるのは本タイトル、どうも日本では今のところリリースされるアナウンスがないと言うこと。
まぁ別にPSPタイトルは日本橋のゲーム屋で海外版も普通に買えたりするのでそんなに深刻と言う程でもないですがどうせなら日本でも出せばいいのに・・・。

あとUMDだと読み込み速度はどうなんでしょうね?
やっぱりディスクメディアだと若干でもあるのでしょうか?どうせなら各タイトル最初に多少の読み込みはあってもいいのでプレイ中はノンストップにアーケードそのままの感覚で遊べたらなぁ、なんて思います(´・ω・`)

今日はPS3で面白そうなソフトを見つけましたよ(´・ω・`)
セガが開発している『戦場のヴァルキュリア』。製作を手がけているのはかつて『サクラ大戦』シリーズを手がけていたチームらしいです。ってことはオーバーワークスですか?



以前からファミ痛に記事自体は掲載されており名前は知っていましたがなんせ見れるのは写真だけ。
写真で目を引くのは静止画なのでどうしても見た目になってしまいます。となると最近は『ギアーズ』や『CoD4』など超がつく様なりアル路線がトレンドになっているので日本らしいと言えばそうですが何かしら見劣りしてしまう印象でした。

が、トレーラーを見てかなり驚きました。
淡い色使いの絵作りは古くは『サガフロンティア2』などありましたが、それがフル3Dでグリグリ動きます。コレはコレで毛色が違っていて味がありますね。ジャンルもシミュレーション+ミリタリー?で個人的にもなかなかツボを突いています。360ソフトで言えば『オペレーションダークネス』っぽいかも?

キャラもなるほど、日本人受けしそうな美男美女。しかも若い!
最近は洋ゲーどっぷりだったのでたまにはこういう路線も趣向が違っていていいかも?だって・・・最近のゲームで軍人って言ったら


こんなのとか


こんなのとか

女キャラにいたってはかわいくても


これがいいところ。

あ、女キャラで他で有名と言えばララ・クロフトやジョアンナ・ダークもいますね。
まぁどいつもこいつもかなりバタ臭いんですけど・・・。でも『PDZ』の若かりしジョアンナ・ダークはそれでもかなり美人じゃない?と思うのです。釈由美子の声もマッチしていて良い印象でした。

話がかなりズレましたな・・・・。
製作を『サクラ大戦』を手がけたチームと言うことと見た目からして結構ユルそうな難易度っぽい感じを受けます。戦車もいいけど「光武」みたいなメカもこの絵なら面白そうじゃない?と。現在のところ発売ハードはPS3オンリー!発売日は4月24日ですか。ハード持ってたら評価良ければちょっと欲しいところです。兄貴がPS3持っているのでちょっと借りましょうかな( ´・ω・)y-゜゜゜

31日発売の期待のソフト『デビルメイクライ4』ですが海外サイトによるとデモ版の配信日がミニサイトで配布されていたブログ用ウィジェットに1月31日に配信されると表記されていたそうです。現在はトレーラーに差し替えられているそうですがIGNには証拠のSSが掲載されています。

dmc4-demo-dated.jpg
確かに「DEMO coming ?? on january 31st」って書いてますね。

デモは主に発売前のタイトルの一部を一足早く遊び、面白ければ購入を確実なものにするものと、既に発売済みのタイトルの場合は無料のデモ版を配信することで興味を持ってもらい上手くいけば製品版を買ってもらうと言うのがメーカー側の思惑の2つだと思います。デモを配信したことで「なんじゃこら」となりダメ押しの一打をすることもありますが・・・・(;´Д`)

今回の場合、日本でも注目のタイトルですし人気タイトル最新作と言うことで意味合い的には前者の方の位置付けだと思うのですが配信日が発売日と同時ですか!?木曜日は平日。休みの日なら朝いちでデモをDLして遊んでから購入するか判断もできますが平日にそれは・・・。日本時間の31日0時ジャストに配信してくれるならそれもギリギリありかと思いますがMSKKにそんな期待はするだけ無駄無駄。

PS3と360両方で発売されますが360ソフトは最近でこそまだマシですが発売日に逃すと入荷数が少なかったりした場合かなり待たされることもあります。

日本でも人気あるタイトルなので量販店も入荷が少数と言うことはあまりないと思いますが360版はそれでも安心できません!私は『DMC』シリーズが好きですし例えデモ配信がなくても購入は決定していますがせっかく無料で遊べるデモ版なら発売日前に予定してほしかった!

確か雑誌インタビューで開発者が「デモは発売日前には配信したい」なんて言ってましたがありゃ嘘ですか?それとも発売日前と言うのは(海外版の)発売日前と言う意味だったんでしょうか?それなら確かに31日でも十分「発売前」なんでしょうが作ってるの日本人だろ・・・?売上本数考えたらしょうがないけどあんまりそういう事すると同じ日本人から嫌われまっせカプコンさん( ´_ゝ`)

それとも『ロスプラ』や『デッドラ』から考えると既に切り捨てられ(ry ・・・・;;
年末の豊作ラッシュの後か、年が明けてからと言うもの大したニュースもなく。
「へ?」くらいのニュースはあれども日記のネタとして昇華できそうなものがなくなってきました。プレイ日記もですね・・・さすがに『CoD4』は飽きてきたと言うのが現状でしょうか。オフラインもそこそこ面白かったのですがノーマルレベルをクリアしたっきり。オン対戦ばかりしていますが階級も中佐になりましたし、マップもほぼ覚えてしまいさすがにダレてきました(;´Д`)

あぁ・・・早く31日にならないでしょうか・・・。
『DMC4』が待ち遠しくてたまりません。『スパロボOG外伝』も32話まで進み残りは4話ほど。根詰めてやるよりも完全に休日など時間が取れる時にやる流れになってしまいました。どうでもいいですけど『OG外伝』は更に仲間となるキャラが増えて完全に2軍どころか3軍落ちしているキャラ&機体が出る始末。

どのキャラも使えばそれなりに強いのですが後半になると完全に高威力の武器を持っている機体ばかりがチョイス対象となりヒュッケバインMk-?やジガン、サイバスターやヴァルシオーネ、グルンガストシリーズあたりが完全に戦力外通告を受けています。キャラもATXチームにSRXチーム、フォルカに教導隊など中核を構成するメンバー以外は完全に蚊帳の外です。ユウキやリオ、リョウト、マサキ、カチーナなどなど。

しかも残り4話ほどなのに結局クライウルブズの面々は仲間にならないとわかりちょっとがっかりしました。『スパロボMX』のヒロインキャラのアクア嬢なんて2?3シーン会話パートに出ただけで以降は音沙汰なし。変に期待もたせる演出すんなよ・・・。

『OG』の続編とは言え、ここまでメンバーや機体が増えるなら思い切って登場キャラを絞ってもよかったんじゃないかな?と思います。『フロントミッション』くらいの数(出撃可能数=仲間の総数)くらいでいいんじゃないですか?新メンバーもいるわけですしね( ´・ω・)y-゜゜゜

クリアしてないのに愚痴ってもしょうがない。
とりあえず今後の購入ソフトでも調べてみようかと思い雑誌をパラパラめくりました。

■1月
・DMC4

■2月
・BIOSHOCK

■3月
・アーマードコア・フォーアンサー

う?ん、ファミ通360見ても発売日が決定しているのが2ヶ月先までしかないってのはどうよ・・・。目ぼしいソフトはだいたいPS3とのマルチ展開ですがオンリーオンでもなければ手持ちのハード側を選択してしまうと言うもの。購入するかは未定ですが『アーミー オブ ツー』が少しだけ気になります。何せ敵として某将軍様が率いる北の国(と思わしき国)が登場しますから!グラフィックも結構綺麗ですよ。

1つだけ理解できないと言うか、趣味なんでしょうがプレイヤー2人組みが両方ともジェイソンよろしくホッケーマスク被ってます。外人的にはコレがCOOLでカッコいいんでしょう。
中身もきっとハゲなんでしょうね( ´_ゝ`)

AoT.jpg
どうみても悪役・・・

久しぶりの横シューティングが面白いです。『OMEGA FIVE』。
各キャラと武器の特徴を掴めば最初は困難だった場所も徐々に攻略できて来ます。噛めば噛む程のスルメゲー、と言えばいい過ぎかもしれませんが単純なゲームが多いLiveArcadeタイトルとしてはかなりやり応えがありますよ(´・ω・`)


 

ステージは全部で4つとやや少なめで特に難易度設定もなく。
ですがその分画面の綺麗さにはかなり力を入れているようです。アーケードで出しても何ら遜色ないと思いますよ。弾幕ゲーよりは攻撃パターンや位置取りを覚えて攻略していくタイプのゲーム。後半になるほど敵の数も多くなり厳しい展開が続きます。

私はまだ4ステージに行き着いたのがやっとでクリアできていません。
だいたい最初のクレジットが3しかないってのはどういうことよ?プレイ時間の経過と共にクレジットが1つ増えましたがそれでも現在クレジットは4。それでもキツイです・・・。

アーケードのゲームだとキャラ死亡時には今まで獲得していたパワーアップアイテムを1つか2つ放出されて復活後すぐそれらを取ることで初期化されることなくある程度また戦えますが『OMEGA FIVE』にはそれがない!死んだら武器の強さは最初からですしボムの数も回復しません。なので後半の、しかも敵がワラワラ出てくるところで死ぬといきなりジリ貧の状態から再スタートする派目に。

武器も弱けりゃボムも場合によっては残弾は0!後半の敵は硬いので一筋縄ではいきませんのでいくらクレジットが残っていてもあっさり追い詰められて死亡、の悪循環に陥りやすいんですよ。武器の強さも3段階にアップしますが正直、劇的に変化している感は薄いですね。ビームが太くなったりしている程度。もちろん威力もあがっているんでしょうが強化された圧倒感は弱いです( ´・ω・)y-゜゜゜

地道に何回もやれば攻撃パターンも覚えれるでしょうしいつかはクリアできるでしょう。
個人的にはステージ3のボスでやたらとクレジットを消費してしまうのが厳しいです。攻撃以外にも上から降ってくるジャンクパーツがウザ過ぎる!あと隠しキャラが2人いるそうですがどうすれば出現するのでしょうか?やっぱりゲームクリア?クレジットももっと増えてくれないかなぁ・・・(;´Д`)

--------------------追記-----------------------------
日記を更新後、改めてRubyでプレイしたら何と一発でノーコンティンニュークリアできてしまいました!
Rubyの赤色選択で使用できる武器が強ぇぇぇ!特殊攻撃のフック?と3段階まで強化された赤武器の威力は凄まじいですね!後半の硬めの敵でもボコボコ撃破できます。

Rubyは一見、壁反射する青武器が便利そうですが赤に比べたら若干威力が弱い気がします。
緑武器は・・・・使い所がイマイチよくわかりません・・・。とにかく私的にはRubyは赤武器がオススメですよ!威力も高く連射も早い!フック攻撃と絡めてすればボスも怖くありません! テンペストの弾反射も良いと思いましたがこのゲームは攻撃こそ最大の防御です!

クリア後に新キャラ「R.A.D」が使用可能になり、アーケード++、チャレンジ++、チャレンジのステージ4が解除、プレイが180分突破でクレジットが8に増えました。クレジットも増えましたしキャラも増えたしますますやる気が沸いてきます!こりゃぁおもしれぇ!(゜Д゜)

今週号のファミ通に『ガンダム無双 Scpecial』なる記事が掲載されていました。
なんでもPS3⇒360へと移植した『ガンダム無双』をPS2へ逆移植すると言うもの。従来機から次世代機へパワーアップして移植は今までもありましたが、逆パターンの移植ってのは一体・・・(;´Д`)

360がベタ移植だったのに対してPS2版は新たな機体が追加されるそうです。
その名も武者ガンダムMk-?!そう、昔SDガンダムで展開された武者シリーズの1つ!武者ガンダムが登場してたわけですしありと言えばありですね。

mk-?

せっかくのデザインもPS2じゃちょっと画像が粗いよ・・・。
ネットではまだありませんがファミ通にはカトキハジメ氏デザインのイラストも掲載されています。

で、何が言いたいかというと。
ぶっちゃけ『ガンダム無双Special』なんてどうでもいいんです。100%買いませんから。はぃ。気になるのは掲載されていたカトキ氏のイラストがどうみてもG.F.Fのテイストなんですよ。ってことは・・・・そのうちラインナップに加わるってことじゃないですか?武者ガンダムも発表後、G.F.Fで発売されましたしね!

武者ガンダムが昔のデザインとコンパチ仕様だったことを考えると、もし武者Mk-?がG.F.Fで出るとしたらやっぱり昔のMk-?とのコンパチ仕様?しかし武者ガンダムMk-?がSDシリーズで展開されていたのはもう20年近く前じゃないですか?デザインどんなのだったかなぁ?と思いちょっと探してみました。

A468_I1.jpg

そうそう!こんなデザインでしたね!パッケージも懐かしい( ´∀`)
風林火山編ではガンダムやMk-?以外にもZやZZ、ニューガンダムなど歴代ガンダムが武者化されてましたね。百式が百鬼丸なんてのにもなってました。懐かしすぎて感慨深いものがあります。

ガンダム無双も普通のZやZZ、GガンやWゼロを出しても何も新鮮味ありませんしいっそのこと武者シリーズで展開したら?と思いませんか?隠し要素でキャラが武者化したりとか。武者もいいですがそこまでやったらどうせならナイトガンダムも!ラクロアの勇者編、伝説の巨人編、アルガス騎士団編、光の騎士編!

そうなるともう無双と全く関係ないですな( ´・ω・)y-゜゜゜

アメリカ・ラスベガスで開催されているConsumer Electronics Show(CES)にて『ソウルキャリバー?』の新キャラが発表されましたよ!今までは女性の新キャラ・ヒルデガルドのみしか発表されておらずヤキモキしていましたが今回の発表はかなり驚きました!スターウォーズで御馴染みのジェダイナイト・ヨーダとシスの暗黒卿・ダースベイダーですよ!



また1UPには今回発表されたキャラの美麗なSSが掲載されています。
過去にPS2、Xbox、GCで発売された『SC?』にはそれぞれ鉄拳シリーズの三島平八、アメコミのダークヒーロー・スポーン、ぜルダの伝説からはリンクが各ハードのゲストキャラとして登場し話題を集めましたが前作『?』はそういう演出がなかったのでこの手のゲストは予想外でしたよ。

しかし感心したのはよくルーカス・アーツから許可が降りたなぁ、と。
日本では格闘ゲームブランドとしては『ストリートファイター』『鉄拳』『VF』と既に金字塔を打ち立てているビッグタイトルがあるだけに秀作ではありますが影はやや薄い印象。ですがこと海外ではかなり受けがよろしいらしく、売上も好評だそうです。そうなると海外の大手スタジオが保有するキャラとの共演もありえる、と言うものでしょうか。

また誰でも気になるのがジェダイと言えば便利な能力・フォースがどう活かされるのか?これでしょう。
過去『?』のスポーンは空中に浮かんで怪光線?を放ってましたしおそらく今回も似た感じになるんじゃないでしょうか?投げ技にフォースを使って空中に投げたり、とか。その辺が使い方としても無難と言うか王道ですよね(´・ω・`)

今回発表されたヨーダとベイダー、両方が使えるかと言うとそうでもないらしくヨーダは360、ベイダーはPS3のゲストキャラとして登場するらしいです。なんで?と思えばそれぞれのキャラが「ハードの印象に合っているから」なんて理由らしいです。確かにヨーダは緑色だしベイダーは漆黒で光沢あるヘルメットですけど・・・・。

『?』もそうでしたが持っているハードにキャラが限定されてしまうのはちょっと残念ですね。
ベイダー使いたいのにPS3持ってない。その逆もしかり。ソフトどころかキャラの為にハード買うなんて猛者はそうそういないでしょうしこの辺はもうちょっと何とか融通つけて欲しかった。ヨーダはエピソード2や3で今までのヨボヨボとは程遠い素早い動きとフォースを見せファンを驚かせたものですがやはりSWと言えばベイダー!あの独特の呼吸する音がインパクトありすぎです。

とりあえずこれで両ハードとも新規キャラは2名になりました。
まさかこれだけでお終いってことはないですよねバンナムさん?女性キャラ、版権ゲストキャラとくればあと1人男性キャラの新キャラくらいは欲しいですね。クロニクルモードとかキャラカスタム用アイテムとか小手先のアイテムなんていらないからしっかりデザインされた新キャラがいれば誰も文句言いませんよ!(`・ω・´)

いよいよ明日ですね。
Xbox Live Arcadeで『Omega Five』が配信されます。ジャンルは今ではすっかり珍しくなってしまった横スクロールシューティング。見た目は2Dですが自機や敵、背景は3Dで表現されていてLiveArcadeとは言えかなり綺麗な印象を受けます。



このクオリティで価格は完全版が800MSポイント。
とりあえずは毎度のことながらお試し版を遊んで感触が良ければ完全版をDLしてみようと思います。しかし懐かしい雰囲気がありますね。『エスコン6』などバリバリのフル3Dのシューティングはあれども、こういった一昔前のゲーセンにあった様なシューティングは久しぶりです。古くは『アインハンダー』あたりがこの手の走りだと思います。

操作キャラも戦闘機などではなく女性と男性が選べるみたいですね。
レーザーのエフェクトも綺麗ですし壁に跳ね返って攻撃などなかなか面白い工夫も見られます。男性キャラは手が4つ?コブラよろしくサイコガン風の武器から水の様なもので攻撃していますね。どういう仕組みなんでしょ?

動画を見て面白そう以前に思ったことが一つ。
男性キャラの武器と位置さ。あんまり言いたくないけどオブラートに柔らかく包んで表現すると「象さんが噴射している」っぽく見えたりしません・・・・?あんなゴツいキャラなら象さんじゃなくてアナコンダ?まぁどっちでもいい。ついつい位置とエフェクトからして下ネタに走ってしまいました(;´Д`)

またオフィシャルな情報ではありませんがGame*Sparkによると1月15日にアーケードで人気を呼び、スーパープレイ動画なども出ている『斑鳩』が配信されるかも?との記事も出ています。XboxLiveのパートナーネットってことは既に配信に向けてMSのレーティングも通過し最終テストくらいまで行っていると言うことでしょうか?

最近のLiveArcadeは当初とは違い、ある日突然アナウンスされその後すぐ配信など計画性と言う言葉とは程遠い状態。この辺の事情については新 清士氏のコラムでも触れられており中々予定通りの配信が難しい様です。この煽りをモロに喰らったのが当初の予定から1年近く延びた『餓狼伝説SP』なんてのがいい例でしょうか?

配信してくれるのは大いに歓迎することですし、無料で遊べるお試し版が全てのゲームに用意されているので急な配信でもとりあえずDLして遊ぶことができますがMSポイントを普段からふんだんに持っている人以外は欲しいコンテンツに合わせてポイントを補充するタイプじゃないですか?完全版は価格も大体が800MSポイントとそれなりの値段がしますし、もう少し早く告知して期限をきっちり守るなどしてもらえばユーザーも憂いなくMSポイントを用意できると言うもの。

私も残りが400MSポイントほどなどで少し買い足しておかなければ・・・。
お試し版でイマイチな感じでもポイントはテーマやアイコンなど他のコンテンツにも使えますしね。でもそんなことしてると本来の目的とは別にバカスカ使い込んじゃうんですよね・・・。商売上手ですなMS。
アイマス商法で味を占めたバンナム程じゃありませんけどね( ´_ゝ`)

今回も特にゲームネタはないので映画ネタでごまか(ry
と言ってもゲームと無縁ではなく、むしろ内容共にゲームファン向けかもしれません。2008年公開予定の映画『Resident Evil : Degeneration』。日本では『バイオハザード』の方が馴染みがあるでしょう。バイオ関係で映画と言えばミラ・ジョヴォヴィッチ主演の『Resident Evil』が???まで製作されましたが、あちらは世界観や設定はゲームを踏襲していますが主人公が映画オリジナルだったりしてやや亜種っぽいです。

ですが今回新たに製作されている『Resident Evil』はゲームムービーを彷彿させる全編フルCG!
しかも予告編にはクレアやレオンらしき人物まで映っているじゃないですか!これこそゲームのバイオが好きなファン向け『Resident Evil』でしょうか?

 


出だしのテロップによると「ラクーンシティの事件から7年後」とのこと。
時間軸的には『バイオ4』の1年後と言うことでしょうか。だからレオンも皮ジャンなわけですね。ポニーテール姿の女性はクレアかな?映画オリジナルのヒロインと言う可能性も捨てきれませんね。でもどうせならクレアを久しぶりに登場させて欲しいところ。

クレアが最後に登場したのはいつのことか。
外伝系を除けば『コード・ベロニカ』が正統シリーズでは最後でしょうか?映画『Resident Evil ?』ではアリ・ラーターがクレア役で出演していましたが正直微妙と言うか・・・・。カルロスはイメージバッチリだったんですけどね。『バイオ3』でのチョイ役だったはずの男が映画では『?-アポカリプス-』から出演するという快挙ぶり。どうせならクリスだして兄弟で暴れて欲しかった?(´・ω・`)

ゾンビもこれまた久しぶりの登場ですね。
トレーラー内でも登場し警官に襲い掛かってます。『バイオ4』でアンブレラ社は崩壊し、敵もゾンビからガナードに変わりゾンビはもう終了か?と思わせておいてまた懲りずに出てきてます。アンブレラ崩壊したならもうT-ウィルスもないんじゃ?例のグラサン男が生きていてまた何か企んでいるのか?そもそもなんで空港に・・・。飛行機が突っ込んでましたし運ばれてきたんでしょうか?誰が?⇒グラサン男?それとも乗客が機内で感染?

謎が謎を呼ぶと言いたいところですが根っからのバイオファンからしてみれば、だいたい話の5割くらいは予想できてしまいますか?

なにはともあれ個人的にはこの作品が『バイオ5』へ繋がる何らかの伏線になるのでは?と勝手に期待しております。『5』のトレーラーでは襲ってくるのはゾンビではなく『4』のガナードっぽい感じでしたがゾンビと何か関係はあるのか?などなど。

詳細な公開時期は不明ですが今年も映画館で『バイオ』シリーズを楽しめると思うと楽しみです。
『?』も出来は良かったので系統は違いますが続報に期待しております( ´∀`)

正月明けと言うことでゲーム関係のサイトもほとんど稼働再開しておらず特に新しいニュースがありませんね。こういう時は何をネタにしようか困ります。ないなら別に書かなくていいのにって思うんですけどね。今日はゲームではなくフィギアもといプラモデルの話でも。

昨日会社が早めに終わったので帰りに日本橋のボークスへ行きました。
特に何を買うと言う目的もなく。何か掘り出し物があればいいかな程度だったのですがかなりツボにハマるものを見つけてしまいました。ちょうど今『スパロボOG外伝』をやっているので余計に気になったのですが「究極造形アルトアイゼン」が!!

(゜Д゜)・・・・ほ・・・ホスィ・・・・

でも値段が定価から若干引かれていても1万円ちょっと。
う?ん・・・フィギアに1万円はなぁ・・・。パッケージは白い箱に写真が貼られているだけでガレキの様に自分で塗装する必要があるのか?それとも既に完成品が入っているのか?判断がつきませんでしたしやはり1万円は考えされられるので保留してその日は帰宅。

帰宅後にネットで調べてみましたが造形は個人的には全くOKなのですが、どうにもアクションフィギアとして見た場合の可動がかなり問題があるそうです。間接が殆ど動かなかったり等ですがそういう評判を見てしまうと「買うの辞めようかな・・・」と。私は昔作ったプラモもそうですしフィギアもですが基本的に動かして遊ばずにポージングつけて飾っておく人間。リボルテックの「ヘルダイバー」もポーズつけて飾ってます。動かさないですがポージングもろくに付けれないのはちょっと困ります。

惜しいなぁ。造形はかなり良いと思うのですが。
調べてみるとアルトアイゼンは過去にも色々なメーカーからフィギアやプラモが発売されている様ですがどれもこれも欠点があるみたいです。フィギアは値段も高額ですからできれば出来の良いものが欲しいのが本音。フィギアに求めるのが無理ならばプラモデル!

つい最近コトブキヤから新たに1/100スケール「アルトアイゼン」が発売されました。

alteisen.jpg
このパッケージが目印!

掴みはバッチリ!プラモデルですがかなり可動範囲は広い様でサンプルの写真を見てもかなり出来が良さそうです。つい先月程には夜間仕様のナハトも発売され『スパロボOG』の勢いを感じ取れます。昔はパテで溝埋めしたり電動コンプレッサを使って塗装もしましたがなんせ時間と手間がかかります。時間を持て余していた学生時代ならともかく働き始めた現在ではちょっと・・・。

意欲はあるけど時間がない!
無理にそこまでしなくても最近のプラモは素組みでも十分イメージに近い仕上がりになりますがどうせ作るならね?手間と時間の板ばさみに負けて結局スルーしてしまいましたがいつかまたプラモデル再開したいです(´・ω・`)

そう言えばだいぶ前のホビージャパンか電撃ホビーマガジンにSD化されたアルト(リーゼ?)が商品化みたいな記事が載っていたのですがあれはどうなったんでしょう?ついでに調べてみましたがそれらしい記事がなく発見できませんでした。SDなら別に本格仕上げしなくても十分割り切れるので手軽に買えそうなのですが調べ様にも今ではどこのメーカー製だったのかすら思い出せません。

欲しいけど丁度手ごろなのが中々ない。
そんな私の部屋には『スパロボOG』購入時に特典でついていた「アルト&ヴァイスリッター」のSDフィギアと食玩で発売されたアルトイアゼン・リーゼが飾られています。

00.jpg
食玩ですが中々良い出来です。
できればチェーンガンではなくバンカー撃ち出しポーズにして欲しかった(´・ω・`)
休みっていいですね。
忙しくて積みゲーになりそうだったソフトが多いのでここぞとばかりに消化しようと一気にプレイしています。『CoD4』はノーマルでオフをクリアし、現在はマルチプレイをストレス解消にプレイして合間に『スパロボOG外伝』をガンガン進めています。現在21話まで進みました。
『ロスオデ』は・・・うん、いつかクリアできたらいいなぁ( ´_ゝ`)

攻略サイトをたま?に見ながら進めていますが今回は文字通り『外伝』なので全部で36話しかないんですね。今21話終了ですからもう半分は到達している計算かと。敵もバルトールなどODEシステム関係の話から修羅に移行しフォルカも仲間になりました。

og_gaiden00.jpg
og_gaiden01.jpg

轟級修羅神だけあり鬼の様な強さ。
精神コマンドも集中や熱血など主人公に相応しいのを持っています。そして決定的なのが搭乗機ヤルダバオト!EN(小)とHP(小)の回復を持っているのでガス欠になることがない!運動能力も改造すれば160近くまで伸びますしフォルカが「見切り」を持っているので気力130を超えるとボス級の敵でさえ攻撃がまず当たらなくなる鬼っぷりを発揮してくれます。

攻略サイトの情報によるとストーリーが進むとさらに「神化」なる変化を遂げる様でエースとして活躍すること間違いナシのキャラですね。敵キャラもODEシステム辺りは無人のバルトールで盛り上がる展開もなく淡々と進みましたが修羅が出てきてからはノリが熱いですね!強力な修羅神は見た目はスーパー系っぽいですがリアル系の運動性にスーパー系のパワーを持ち合わせていると考えるのが近いです。

未プレイの方にはネタバレになりますがこの先いつアクセル・アルマーとアルフィミィが仲間になるのか?それが楽しみで仕方ありませんよ!あとクライウルブズ隊。アルベロとフューゴが搭乗するゲシュMk-?改のF2WキャノンLの演出がカッコいいですしアルベロのBGMが個人的にツボです(`・ω・´)

---------------------------------------------
スパロボとは関係ありませんが購入後1?2週間しか遊ばずそのまま放置していた『VF5』ですが現状を考えるに今後プレイすることはない、と結論し売りました( ´_ゝ`)

買い取り価格も3000円とまずまず。
オンライン対戦も出来ますしグラフィックも筋肉の表現や服の質感など次世代機に相応しいのですが、いかんせん中身が全く進化している気配がなかったのですよ。殴り合いと言うよりも技に設定されている動作フレームの足し算引き算で殴り合っている感じですし、バーチャらしいと言えばそうですが動きが相変わらず不自然です。

技を出してその硬直中に避け動作と投げ動作を入れたり(避け投げ抜け)など、もはやシステム的にも新規参入を頑なに拒んでいるのもちょっと・・・。だいたいしゃがみPが基本ってなんだよそれ。どんな高威力の技でも出始めが遅かったりすると必ずしゃがみPを「ペチッ」と当てられるだけで潰される。おかしいだろそれ(;´Д`)

同じ格ゲーでもこれならまだ『DOA4』の方がはるかに面白いです。
オン対戦もロビーあるしチャットもできますしping値も表示されますし。結局残ったのはアーケードスティックだけになりましたがこちらはこちらでアーケードゲームに適していますから無問題!そういえばLiveArcadeで『メタルスラッグ3』が配信されています。こういうゲームこそスティック操作ですよ!価格が800MSポイントというのがちょっと引っかかります・・・。エミュで散々遊んだし買うかどうかは微妙です。Live経由で協力プレイできたら素晴らしいんですけどどうなんでしょ?( ´・ω・)y-゜゜゜
あけましておめでとうございます。
今年最初のネタは結局去年は一度も触れなかった『CoD4』を!オフをノーマルレベルで1度クリアして現在はマルチプレイにアタックしています。海外レビューでは「オフはすぐ終わる」なんて書かれてましたが結構なボリュームありましたよ?プレイヤーも基本的に一人のキャラに固定されていたので感情移入もしやすかったですね。

2007102301.jpg

オフだけでもかなり面白いですね。
敵の強さもノーマルレベルでも結構歯ごたえありボコボコ死ぬことも。過去作でもそうですが難易度が上がれば確実に難しくなりやり応えが出てくる良いゲームですね。グラフィック面は過去最高のリアルさ、現代戦になったことで武器も一気にハイテクに。ドラムマガジンのマシンガンも良いですがやはりグレネード付きのゴツいアサルトライフルがたまりません。

味方AIも優秀で擬似的にも「仲間と一緒に戦っている」感は従来作同様。
またシチュエーションも過去作の様にズンズン進軍していくだけでなく、各坐した「M-1 エイブラムス」を防衛しつつ応戦やCQB風にドアを突き破って制圧など現代らしさが活きています。指示は基本的に出せないので「制圧する楽しさ」は『RS:VEGAS』には劣りますがサクサク進めれるのは『CoD4』の魅力でしょう。

オン対戦(マルチプレイ)も快適で海外ユーザーとゴッチャで遊んでもほとんどラグを感じません。「こちらがマガジン1個分撃ち尽しても相手は倒れないのに、こちらは数発で死亡」とFPSにありがちなこともなく。階級に応じて武器のロックが解除されますし武器のカスタマイズも可能なのでかなり燃えます。

ローカライズ面はまぁ及第点と言うところでしょうか?
文字もちゃんと見えますし激戦中でもボチボチ読めるレベルです。が、基本的にローカライズされているのがメインもメイン。柱の部分のみで細部の会話や掛け声は全然翻訳されていません。おかげで無線指示は意味不明なのにその後いきなり「OK、わかった」みたいな事を喋りだす仲間。何がOKなんだよ!と軽くツッコミを入れたい事が多々あります。

そういう部分はやはり『CoD2』の方が丁寧に作られていたので比べてしまうとやや不満があります。海外作品なんだから幾分は仕方ないかもしれませんが、こういう細かい部分で手を抜かれると突然意味不明な状況に放り出された感があり何か納得できないままとりあえず指示に表示されるまま進むことになり「させられ感」が募ります。惜しい。こういう部分までキッチリ翻訳してくれていれば私的には『HALO』シリーズ以上の名作FPSになったと思うのに・・・。

FPSは銃を撃つだけでなくその「状況」も楽しむものと思いますし残念です。
それでもトータル100点満点で評価するとしたら90点オーバーなのは確実です。今までWW?設定でややマンネリ感が漂っていた空気を現代戦で一変させたのもポイント高いですね。次回作があればもう1度くらいは現代戦をお願いしたいところですが噂では『5』はまたWW?設定に戻る可能性があるそうです。え?・・・・もうやりつくしただろ?・・・;;

オフで擬似戦争体験をし、サバゲー感覚で遊びたくなったらマルチプレイ。
どちらも非常にバランスが良いのでこれはハマります。こんなに好感もてたのは『BF2 MC』か『ギアーズ』以来でしょうか?印象的には『ギアーズ』はマルチプレイは充実ですがオフがやや物足りない。その部分をしっかり埋めたのが『CoD4』です。マルチプレイでは日本人も見かけますしだいぶ長く遊べそうです(`・ω・´)