ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。
ふとファミ痛.comを見ていたら『アップルシード』のTVアニメ版が製作されているそうです。
タイトルは『アップルシード ジェネシス』。基本的に設定は同じで主人公はデュナン、ブリアレオスで舞台はオリュンポスだそうですが時系列的にはオリュンポス完成前とのこと。
ファミ痛.com

27日?30日の間に開催された「東京国際アニメフェア2008」で発表されたばかりらしく公式サイトすらまだないみたいです。ボイスアクターにデュナン・ナッツ役には朴路美(代表:∀ガンダムのロランなど)。ブリアレオスは『EXMACHINA』では山ちゃんが当てていましたがその辺はまだ不明ですね。OVAや映画『APPLESEED』『EXMACHINA』全てで毎回キャストがコロコロ変わるのも珍しい・・・。

アニメはフル3Dで製作されているそうで要するに映画版と同じテイストと言うことでしょう。
とは言え、かける金額が違うでしょうし同クオリティとはいかないでしょうが続報の出来栄えが楽しみです。それよりも記事を見ていて根本的に「えぇ!?」と思ったことが

キャラクターデザイン:美樹本 晴彦

そして唯一写真が載っていた美樹本氏デザインのデュナンが

a03.jpg


( ゜д゜) おぃ・・・・どう見ても・・・アスナ・エルマリート(ガンダム エコール・デュ・シェル)だろ・・・

いくら漫画家の作風と言うかテイストと言えどもさ、あだち充じゃあるまいし同じ顔とかやめろよ・・・;;
ちなみにすっかりスタンダードとなった映画版のデュナンの顔が↓↓

02.jpg


最初は可憐で儚げな少女だったとでも言うつもりか?
放送は2009年春を予定しているそうでまだ始まったばかりなのに絵コンテは既に8話まで出来ているそうです。う?ん、これは色んな意味で楽しみなアニメが1本出来ました( ´_ゝ`)
スポンサーサイト

以前公開された個人製作の動画『DEAD FANTASY』の続編、『Episode 2』がUPされました。
どこかで聞いた様なタイトルの通り、『DOA』と『FF』の女性キャラが原作無視の超人バトルを繰り広げるのは今回も同じですが前作のラストからの続きなのでティファが合流した直後からスタートします。




また新キャラとして『DOA』側には同じテクモ繋がりで『NINJA GAIDEN』からレイチェル、後半以降にはFF?からはリノアが参戦。レイチェルはともかくリノアはもう原型留めてないんじゃ・・・w
円月輪はともかくガンブレードは使うし背中から羽生えてるし。それにしても今回は色々ネタ要素含んでますね。ティファはポーション飲むし、ヒトミはブロッキングしてるし効果音も使ってます。しかし今回はかなりテクモ側がボコボコにされてますね。製作者はFFが好きなんでしょうか?w

--------------------------------------------------------------------------
それはさておき、360用ソフト『RAIDEN FIGHTERS ACES』を買ってきました。
来週には『Dark Sector』も発売され、正直どっちを買おうか悩んだのですが『Dark Sector』はファミ痛の評価がイマイチだったこと&ニコ動のプレイ動画見たら微妙だったこと、RAIDENはデモ版で中々の好感触でしたが3本セットとは言えフルHD化でもないのに7140円も。『AC fA』がミサイル禁止部屋が多かったりブレオン部屋ばっかりと何か面白みに欠けるのでもう1本くらい買おうと考えていましたが悩んだ結果『RAIDEN』をビッグカメラで買いました。

定価は7140円ですがビッグカメラでは既に新品が6120円と1000円近く安かった上にポイントを使い約5600円で買いました。ビッグカメラはポイント還元凄いですね。これだけでもまた560円分つきました。こんなにデカくつくとソフマップで買うのが馬鹿馬鹿しくなってきますよ・・・。

帰宅後さっそくディスク IN!
起動中に取説見ますが「次世代機でこんなに薄い取説はないんじゃないか?」と言う程ペラペラw
安全情報のページから数えてもたったの14ページ!シューティングですしLiveもスコアランクくらいしかないので仕方ないかもしれませんがせめて各シリーズごとの特徴や使用可能機体の性能やショット類の説明くらい載せて欲しかったなぁ(´・ω・`)

ゲーム自体は最初にストレージ機器の選択時と収録タイトル選択時以外はロードなし!
まんまゲーセン感覚で遊べるのは素晴らしい!移植度も完璧です。完璧ついでにクレジットも変更不可の3しかないのまでは余計です・・・。オプションでクレジットの増加もできませんしこれはキツイなぁ。『OMEGA 5』みたいにプレイ時間に応じて増える仕組みなら嬉しいのですが・・・(;´Д`)

使用可能機体も各シリーズ多いですしショットやレーザーの種類も様様。
ステージ構成も選択でランダムに出きるのでマンネリ化を防げますね。難易度も6段階ほどあります。買う前は「正直どうかなぁ」と思いましたがデモ版の感触を信じてよかったです。そういえばLiveArcadeで『斑鳩』も間もなく配信されるそうですし『怒首領蜂大往生BL』や『ケツイ』などシューティングが充実してきそうですね。私的にはシリーズ通して遊んでますし『怒首領蜂大往生BL』が一番楽しみです( ´∀`)

今日はちょっと興味深い動画を見つけました。
ゲームと言うよりはグラフィックエンジンですね。箱○ユーザーにはお馴染み『Gears of War』でも使われ、作ったのも同じEpic Gamesの「Unreal Engine3.0」。今年のGDC2008で講演された模様をまとめた動画でデモにはギアーズが使われています。グラフィックに興味ない人にはつまらないかもしれませんが・・・;;




このトピックに関しては西川善司氏のコラムでも以前取り上げられたので見た人もいるでしょうが実際に動画で動いているのを見れるチャンスはそんなになくちょっと嬉しいです。いくつかトピックがありますが直接ゲームとかかわりがありそうな要素だけチョイスしてみました。

Ambient Occlusion(環境光からの遮蔽)
要するにゲーム中、光源からの直接的なライトだけではなく実際の環境の様に周囲のオブジェクトからわずかでも拡散されたライトまでもを表現しようとする技法ですな。今世代機の影生成法であるステンシルシャドウやデプスシャドウは影が強くですぎる。その影をボカすのではなく「Screen Space Ambient Occlusion」と言う技法で遮蔽された陰影まで生成し、細部までよりリアルに影をつけるわけですな。

Advanced Character Lighting (先進的なキャラクタライティング)
解説動画の中で左側が今までのUN3でのキャラライティングで右側が新しいライティング。
左側は物理的には正しいのかもしれませんがキャラも一緒に暗くなっていてわかりずらい。新しい方は絵適な良さ(見易さ)を上げる為にソフトなライトが当たっている感じがして視認性は上がっていますね。

High Density Crowds (大規模群集)
最新のUE3.0では何と同時に表示可能な群集オブジェクトが100体を超えているそうです。ギアーズではローカストが出てきても1画面に映るのは多くて5体くらいだったのを考えると凄い進化です。また見ていてわかるのですが画面やや右下でローカストが車の障害物にぶつかり、避けて進む際に回りのローカストと衝突しながら進んでいます。リアルである反面、パーティクルで行う簡単な物理演算結果をふと思い出してしまい下手すると「いかにも群集物理」適な風に見えてしまいますが・・・w

Dynamic Fluid Surfaces (動的な水面表現)
個人的には最近では『鉄拳6』で採用されたオクターブエンジンがこの手の印象強いですがあれは専用エンジンですしね。UE3.0でも水面の流体物理が取り入れられています。マーカスが水中を移動すればそれに合わせた波動生成がされてますし銃を水中に撃てばパーティクルを使用した水しぶきが上がっています。

Destructible Environments (進化した破壊システム)
とりわけゲームの面白さに直結しそうだな、と思ったのがこれ。UE3.0には構造解析ツールが実装されたそうで事前にシーン中の動的破壊を計算させて実行時にリアリティある破壊をもたらしているそうです。しかも壊れ方が1パターンではなくちゃんと破壊毎ごとに計算されているというのも凄いです!映像内ではトルクボウで壁や床を破壊していますが、壁なら外装が剥がれて中の支柱が、床なら埋め込まれている鉄筋が表示されています。ギアーズではこれらの要素がないために背景に変化はありませんが『GoW2』ではこの辺もぬかりなく表現されそうですね( ´∀`)

能書きが長ったるしくなりましたが要約すると「GoW2は非常に面白くなりそうだ」。これだけ。
EpicはUE3をライセンス販売しており日本ではスクエニが『ラストレムナント』に使用していますし『ロスオデ』にも使われていたかな?まずは自社の看板タイトルであるギアーズ2で効果的にアピールしてくるでしょうがライセンス許諾を受けた日本のメーカーからもこういう機能を活かしたタイトルがいつか出てくれるといいですね。シリコンナイツ社の件もあるので疑問な部分もありますが・・・(;´Д`)

今日のファミ痛.comに『ガンダム オペレーショントロイ』の記事が出ていました。
記事の見出しに「徐々にその内容が明らかに」とありますが・・・たしか最初はロンチソフトとして情報出してましたよね・・・?先月のファミ痛360のバンナムへのインタビューで「足掛け4年」と答えてますし・・・徐々にってレベルじゃ(ry

また面白いのが誰が見てもわかる見た目の劣化変化。
■製作発表時
6b66bc64.jpg メカの金属質もいいし陰影もちゃんと着いてます

■今週のファミ痛
53378f77.jpg あれ・・・・・?何か・・・・(;´Д`)

これ何て劇的ビフォーアフター?しかも状況悪くなって(ry
まぁゲームは発表時に公開する写真はあくまで仮のグラフィックであることがよくありますし、酷いものだと「前作のモデルを使い回してフォトショで加工し発表⇒製品版で何とか遜色ないくらいのグラに持っていく」と言うタイトルも聞いたことがあります。いやいや、誰も『ラン○○○ーズXX』なんて言ってませんよ。そんな話を聞いたことがある、程度の噂話ですから( ´_ゝ`)

実際携わっていたタイトルがファミ痛に掲載されたとの事で見てみると「これα版以前の背景が仮のモデルのやつじゃねぇか!」と笑うしかないことが私もありましたな、そういえば・・・。それくらい結構適当だったりすることもあります・・・;;

話を戻し、ともあれ実際の開発状況がガンダムファンにとっては何よりも気になるところ。
ファミ痛360の3月号インタビューでは
■開発は9割がた終了している
■現在はオンライン周りの調整
■今年の夏くらいには出したい

と言うことです。
つまりどう転んでもこれ以上グラが良くなる事はないのですね・・・orz
発売時期についても確か去年も似た様なこと言ってた気がしますがきっと勘違いでしょう( ´・ω・)y-゜゜゜
とりあえず難易度ノーマルでカラード側とORCA側でクリアしました。
今回は前作『4』に比べストーリー、演出面の強化がかなり功が大きくオフで遊ぶのがだいぶ面白くなっています。現在はオフは難易度ハードで遊びつつ、オンライン対戦で盛り上がっております(`・ω・´)

mi2.jpg

■ストーリー
今回オフ1周のミッション数は前作よりは少ないですがストーリーが複数ありEDも分岐して全く違うパターンになるみたいなので結構楽しめます。ストーリーもそれ程意味不明でもなく登場するリンクスもきちんとキャラ付けがされています。総ミッション数は42ですが1つのルートでプレイできるのは多くて20ちょい。選択するミッションによって戦えるAFも変わりますし敵となるリンクスも変わります。全部クリアするには複数周遊ぶ必要がありますがクリアデータの内容は引き継いで最初からプレイできるので苦になることは全くありません。

■パーツ数
『ACfA』の特徴としてAF戦はもちろんですがパーツ数が『4』の倍になっています。
しかも購入可能になるのはどちらかと言えば新規パーツの方が先にどんどん出てくるのでアセンブリする楽しみは相変わらず面白い。個人的には背中武器に大型チェインガンが増えて種類も結構あるのがツボです。左右に背負ってリロード無しで「ドドドドドドッ」と撃ちまくるのは「これぞ漢の武器!」と思える趣があります。威力的には・・・・ぶっちゃけ弱いんですけどね・・・・w

■メニュー周り
今回のアセンブリメニューではメニュー周りが一新され見やすくなりとてもいい感じです。
assemble.jpg

メニュー上の横並びで各パーツカテゴリを変更、左縦の並びでパーツ切り替えができるので持っているパーツを瞬時に視覚的に捉えやすくなり楽です。またミッション説明画面では前作では簡素なモデルがオマケ程度に表示されるだけだったのに対して今回は攻撃対象から雑魚的まで半透明なモデルで大きく表示されブリーフィング見ているだけでかっこいい!と思えてしまいます。

BRF2.jpg BRF1.jpg

■バランス
今回は一部武器の組み合わせが超がつく程強力でオン、オフ共にややバランス崩し気味です。
特に補助ミサイル+分裂ミサイルの組み合わせが強すぎる!これを使えばアリーナのタイマンで上位リンクスだろうが接近される前にボコボコに出来、開始1分かからないことがザラになります。おかげでオン対戦でも「分裂ミサイル禁止部屋」が建つほど。また今回の肝とも言えるAF戦ですが倒すだけならブレードやとっつきを両手に持って接近し殴るだけで倒せてしまったり。ここは自分で縛りプレイすればいいのですが正直「なんだこりゃ・・・」と最初思いました。でもAFの異常なデカさ、砲撃の激しさ、種類の多さは間違いなく面白いの一言です!

■オンライン対戦
オン対戦もメニュー周りが大きくかわりました!
前回は検索するにしてもルールなど絞る必要ありましたが今回は条件をANYばかりにすれば全てのルールで部屋検索結果が表示され、今どういうルールの部屋がどれだけ建っているのかが一発でわかります。しかも部屋に名前が付けれる様になったので「ミサイル禁止」や「ブレオン」など事前にわかるので助かります。また今回からプレイヤーマッチでは死亡後に復活する設定が追加されチームマッチで一度死んでも時間限界まで何度も復活できフルに楽しめたりします。これはホントにグッジョブです!(`・ω・´)

■その他
ここまではほぼ満点なのですが一つだけ不満があるとすれば図面読み込みが今回はえらく長いロードが入る様になってしまったこと。これはオン・オフ両方で、「ミッションに合わせて」「対戦部屋のルールに合わせて」図面を選択する度にかなりの時間を待たされます。体感で20?30秒くらいでしょうか?特にオン対戦だとロード時間のお陰で他のプレイヤーを待たせる事になったりしてちょっとイライラ。前作はパッパと切り替えれたのになんでこうなったんだ・・・;;

トータルで見たら純粋に『AC4』の続編ですしシステム周りも更に昇華されメカアクションとしては屈指の面白さがあります。オン対戦は変わらずの面白さですが今回はオフがストーリー&演出がかなり強化され、淡々とプレイする印象が強かった前作から大きく変わっています。カラード側&ORCA側でクリアすればショップで買えるパーツが全て貰えますしフリープレイでは難易度ハードが有り、アリーナでリンクスとも戦えてオン・オフ共に充実した感じです。

後はレギュレーションファイルを早く配信してもう少しバランス調整してもらえたら更にアセンブリを考える楽しみは増えそうです。オン対戦もこれから盛り上がってきそうでメカ好きには至福の時です( ´_ゝ`)
今日は関西で唯一『スト?』のロケテストが行われている大阪にあるハイテクランドセガ・アビオンへ行ってきました!アビオンはいつも行ってるゲーセンですし何と言う幸運。格ゲーファンとしてもここは是非ともプレイせねばと意気揚々朝から行ってきました。
STREET FIGHTER ?公式サイト

st4_ryu.jpg

やはり関西で唯一ロケテが行われている店舗ですし昼前だと言うのに人が台の回りにいるいる。
筐体は4つで1プレイ100円です。2ラウンド先取制なのもあり回転は結構速かったです。みんな誰を使っているのかな?と見ているとやっぱりリュウ、ケンが多いですね。定番と言えば定番ですが。

さっそく並び私も3プレイほどしました。
使用キャラは?ガイル?春例?C・ヴァイパーをチョイス。ちなみに使用可能キャラは全部で10人。最近発表されたルチャ使いのエル・フォルテやどこぞの隠し撮り動画で存在が確認されたサガットなどは入っていませんでした。

-------------------------------------------------------------------
■ガイル
st4_guil.jpg

有名な戦法「待ちガイル」が初代スト?で強かったガイルですが今作も待ち戦法はともかく、通常攻撃のリーチも相変わらず長く使いやすかったです。技が溜め系ですがJ強P⇒弱Pxn⇒ソニックブームなどは普通に入ります。サマーソルトも対空としては健在ですし体感的には上空はもちろん、やや斜め前への当たりも強かった感じがします。ただシステム的にブロッキングなどが無く、純粋に飛び道具に対してはガードかジャンプ回避しかないので撃ち合いになるとやはり溜めキャラは押されます。無念・・・。

■春麗
st4_chun.jpg

春麗、脚太い!でもそこがまた・・・
春麗も飛び道具は気孔拳ですがゼロ系とは違いやはり溜めです。あとはスピニングバードキックと百裂脚。そしてなぜかゼロ系の技だった旋円蹴が・・・。相変わらず通常攻撃の当たり判定がデカい!J強Kが斜め下に向いて足を放つので相手の飛び技を見越して出すと対空技が出る前に潰せますね。そこからは弱Pで刻むよりもむしろ百裂脚連打する方が効果的かもしれません。基本的にコンボゲーではなくなっているので単発の威力強い技を繋いでいく方がよさげでした。あとEXスピニングバードキック、出だしが無敵な上にリーチも長いので起き上がりなどに使うとかなり強力でした。技と関係ありませんが勝利ポーズの顔がリュウのSSを見ればわかりますが同じテイストなのでかな?り濃くてカワイクアリマセンヨ(;´Д`)

■C・ヴァイパー
st4_vipper.jpg

期待の新キャラ、クリムゾン・ヴァイパー。使っている人は結構いました。
<必殺技>
・サンダーナックル:雷を手に纏い突撃する。弱は低姿勢で波動拳などを潜れ、強で出すと斜め上に出て対空技にも。
・バーニングキック:軽くジャンプして炎を纏う回し蹴り。空中でも可。
・セイスモハンマー:地面を殴り衝撃波で相手のダウンを奪う。弱で手前、中で真中、強で遠くに出せる。
・ハイジャンプ:靴からジェット噴射して通常よりも高くジャンプできる。

使っていて一番技が使いやすかったのがヴァイパーでした。
サンダーナックルで飛び技をすり抜けて攻撃したり空中で出すバーニングキック。ガード硬直は長めなバランスだったので上手くハマれば押せ押せでいけます。出も早くかなり良い感じ。技は良い感じでしたがまぁ・・・見た目が女リーゼントですからね・・・。キャラ的に惹かれる部分は最弱かも・・・w

-------------------------------------------------------------------

使ったのはこの3人だけですが他のプレイヤーのを見ていても「特に○○が強い!」的なバランスではありませんでした。システム的にもほんとにシンプル。空中ガードや操作が難解な刻みまくるコンボもない。ダメージレートもかなり押さえられている感じで『鉄拳6』だと1コンボで体力5割が当たり前ですが『スト?』はMAXの1/5くらい?システムはスパ?X似でダメージはスト?3rdと言えばわかり易いかも。何?わかりにくい?(;´Д`)

あえて言えばケンがやはり頭一つ強いと言えば強いかも。
スト?と同じく密着から「中P⇒強P⇒必殺」と繋がるのでこれは痛い。しかもリュウ、ケンの波動拳は入力が溜めではない上に速度が速い!ガイルや春麗は溜めな上に明らかに飛び技の速度が遅かった。これはどうかと思いますよカプコンさん・・・。酷い試合だと離れて波動拳の連打でHPが減る減る。

ともあれ、私的には思ったよりは面白かったです。
最近のシステム満載、コンボゴテゴテの格ゲーに比べ実にシンプル!その分読み合いが面白いしダメージも低いのでちょっとミスったからと言って一気に半殺しにされることもありません。こりゃ正式稼働したら遊びたくなります。公式ブログによれば本格稼働は今年の夏です!ただこれは好き嫌いがかなりあるかもしれませんね。一緒に行った友達にはえらく不評でした・・・w
今でも人気のFPS『CoD4』と『HALO3』に追加マップパックの配信が決まりましたね。
『CoD4』は4つのマップを含むVarietyマップパック、『HALO3』が3つのマップを含むレジェンダリーマップパック。配信日は『CoD4』が4月3日、『HALO3』が4月15日です。
Xbox.com(アメリカ)
Bungie.net

■CoD4
ilmChinatown.jpg
マップ名:Chinatown

ilmCreek.jpg
マップ名:Creek

■HALO3
Avalanche01.jpg
マップ名:Avalanche

今やっても面白い両タイトルのオン用マップ追加が4月の上?中旬に重なり嬉しい悲鳴?
特に『CoD4』は今でもオン対戦しているフレンドも多いですし配信される頃には『Army of Two』や『AC for Answer』も一段落していそうですし、また人が戻ってくるかもしれませんね。しかし・・・両方とも言えるのですがマップが3、4つだけなのに800MSポイントも取るんですね。

円に直すと1200円。しかも24日には『RS:VEGAS2』も発売され全部買うとまさにFPS漬け。
全部買うと約9700円近くもします。う?ん、『VEGAS2』は純粋にソフト1本丸まる新作なのでこちらは買います。DLCは両方欲しい気もしますが時期的にもまだ熱いのはやっぱり『CoD4』!今回買うならこちらを買おうと思います。

『HALO3』の方は公式に「半年経てば無料」と言っているわけですし急いで買う必要もないですしね。
あとXNEWSさんの記事のコメント欄見るとど?も前回含め評判がよろしくないようで・・・。前回買われた人の意見もありこの調子だとちょっと様子見してよ?かな?と・・・(´・ω・`)
買ってきました『AC for Answer』。
ソフマップで買ったらパッケージの表絵が違うジャケットが3枚セットになった「Custum Jaket Set」が貰えました。これはソフマップオリジナル?まぁそんなことはどうでもいいです。説明書を読むとアサルトアーマーなどの新要素以外は操作も画面の見方も変化なしなので殆ど読みませんでした(´・ω・`)

ただ1つ、説明書を読んでいると前作『AC4』からデータ引継ぎができるっぽいことが書いてあったので「おぉ!」と喜んだのも束の間、ただ図面とエンブレムだけ引き継げるんですね。図面はあってもニューゲームからすれば当然パーツは無いので構成できません。使える様な使えない様な・・・

とりあえずどの企業に所属するか選択を迫られましたがレイレナードが好きなのでどこにも所属しないフリー傭兵になることに。フリー=倒産?したレイレナード社で貰える機体はアリーヤです。キーアサインを済ませいざ戦場へ!

やってわかったのですが、以前の雑誌対談だとミッションは基本「4」と同じみたいなこと書いてましたがほとんど新規じゃ?序盤から見たことないミッションばかりです。ブリーフィングは前作とガラリと変わりターゲットやステージのグラフィックが沢山みれます。説明も前作は「お前は誰だ?」と言いたくなるオペレーターの女性でしたが今回は昔のACの様に各社それぞれ声が違う人が説明してくれます。こっちの方がいいですよね。

acfa01.jpg

ミッションを2?3個やりましたがアリーヤってこんなに操作がピーキーだったか?と思う程サイドのクイックブーストがキツく機体制御に四苦八苦。オマケにブースト消費が鬼のように多いのですぐガス欠になります。スピーディな操作で翻弄できる反面、装甲が薄く積める武器が必然的に軽く弱いのになるので火力はキツイですね。

あぁ・・・早くショップでパーツ買いたいのにストーリー進行に合わせて増える仕組みなのか序盤では何も売っていません・・・。これはキツイ・・・。

序盤にBFF社の拠点用の小型アームズフォート(AF)を破壊するミッションがあり、さっそくヴァンガード・オーバードブーストを使うシチュエーションがありました。どんなものかと思ったら基本的に用途が急接近用アイテムなので目標までひたすら真っ直ぐ前進前進。敵の砲撃が来たらクイックブーストの要領で左右に回避くらいしかできませんね。目標近くになったら自動的にパージされます。2000キロとの説明でしたが意外とトロい?オーバードブーストの2?3倍くらいの体感ですね。

そして小型とは言えさすがAF。
ミサイルや砲弾の飴あられ。オマケに巨大砲台の攻撃でAPが8000近く削られるので撃たれない様に急接近して巨大砲台の死角へ回りながら回りの小型砲台を攻撃していきますが中々上手くいかず既に3回程リトライしています・・・。スピードはあってもガス欠になりやすく武器もマシンガンでは火力が・・・。こんなことならまたGA社とかでスタートすれば良かったのかな、とちょっと後悔デス。

ともあれ久々にまたACで熱くなれそうで休みの日はドップリ遊べそうです( ´_ゝ`)
ファミ痛のフラゲなのか、MGS4プレミアムパッケージのスキャンが出回っています。
『MGS4』はソフトだけの通常版、特典映像付きBDのスペシャルエディション、スペシャルエディション+PS3本体限定色のプレミアムパックが発表されています。今回スキャンされたSSでは同梱本体が「鋼-HAGANE-」と言う限定カラーになることが記載されています。

7c13c29b.jpg 6b6ffb5b.jpg

SSでは明記されていませんが本体はおそらく40G?
北米では80Gでしたかな?コントローラーはワイヤレスのデュアルショック3でしょう。映り具合なんでしょうが光沢と言うよりはつや消しな印象ですね。限定カラーなので本体右下に「METAL GEAR SOLID 4 LIMITED EDITION」と書かれていますがこれは小さすぎやしませんか?『MGS4』限定カラーなんだからもっと派手な感じでも良いと思うのですが意外と地味ですね(´・ω・`)

どうせやるなら360のHALO3限定カラーくらい派手でもデザインが良ければファンは買うと思いますよ?PS3の表面に装甲の継ぎ目を思わせる溝をデザインしたりとかですね、もう1工夫欲しくなります。文字も小さいしあまりありがたみが・・・。

41WFboKDy3L.jpg

個人的にこの360カラーはかなりツボです。
どうせ壊れるなら『HALO3』発売前に壊れて欲しかっ(ry

『MGS』に話を戻しますがPSで発売された初代MGSが「PS3 ゲームアーカイブ」で(既に?ファミ痛発売時点で?)配信されているとのSSもあります。これって360のLiveArcadeみたいなやつですよね?それともアーケードクラシックス?配信日は書かれていませんが価格は600円。360のLiveArcadeよりも安く、しかもボリュームもあるのにこの価格は良いですね。

199f4bcf.jpg

本体売上が不調なソニーとしては人気、知名度共に世界でも抜群な『MGS』だけに普及台数を一気に加速させたいところでしょう。今年中盤はPS3は『MGS』一色になりそうですね。『MGS4』のどのバージョンでも『MGO』のスターターパックが付いてきますし。発売は喜ばしいことですがただ1つ、最近のメーカーの売り方や過去のMGSからすると半年?1年で完全版的な物(インテグラルとか)を出しそうで変に勘ぐってしまいます。

半年?1年後なら『鉄拳6』も出てるでしょうしどうせならその時一緒に買おうかなぁ?
今回の鋼カラーには正直魅力を感じなかったし。地味すぎですよ(´・ω・`)
今日はゲームではなく久々に映画を。
昨年末に公開された『APPLESEED』の続編『EXMACHINA エクスマキナ』のDVDが14日に発売されました。劇場公開時に観に行きたかったのですが誰も一緒に行ってくれる人がいなく一人で観るのもむなしい、と言うことで諦めDVDが発売されるのを心待ちにしていました。今回もネタバレはなるべく避けていきます。

exmachina00.jpg

EXMACHINA公式サイト

前作『APPLESEED』同様、今回もフルCGアニメーションですが技術の進歩は凄いですね。
前作はキャラのモーション自体は違和感なかったのですがフェイシャルモーションがモロにCGの人形っぽく目がギョロギョロ動いてかなり気持ち悪かったのを覚えていますが今回は実に自然。自然と言ってもリアル系ではなく普通のアニメとして見ても全く違和感ない仕上がりです。

質感もCG映画独特のマットな質感と重さをきちんと感じさせるしっかりしたモーションと効果音。
カメラワークもわかりやすいカットが多く観やすかったです。ストーリーは基本的に前作『APPLESEED』の続編なので観ていない人にはわかり辛いかもしれませんね。ヒトミやアテナなど引き続き登場しますが説明は一切ありません(´・ω・`)

今回のメインはデュナン、ブリアレオス、テレウスの三角関係。人間だった頃のブリアレオスの顔を持つバイオロイドのテレウスがデュナンの相棒として配属されることで始まりますがこちらは結構面白かったです。反面、メインの敵やバックグラウンドはかなり強引と言うか、最後の方は「さすがにちょっと都合良過ぎじゃない?」とツッコミたくなりました。悪役なんて直球すぎてわかり易すぎですw

また今回はプロデュースにジョン・ウーが携わっているので映画やゲーム『STLANGLEHOLD』よろしくブリアレオスの2丁マシンガンなどが炸裂しまくりです。でも関わってたのってあくまでその辺くらいだったような・・・。前面に押されても困りますけど。

私はアクション満点の銃撃シーンとアサルトスーツ?みたいなロボの戦闘シーンがちゃんと見れただけで満足です。実際こんな強化スーツみたいなメカあればいいな?、なんて。あとES.W.A.T隊員のボディアーマーがカッコいいですよ。メカのフィギアとかあれば欲しくなります。話自体は可もなく不可もなく。普通です。

そういえばSEGAから『APPLESEED EX』なるゲームが発売されていましたな。地元のJoshinで売っているのを見ました。評価はどうか知りませんがちょっとだけ興味が湧きました。公式サイトで画面を見ると「お?、なんだかクリムゾンティアーズみたいだな」と思いきや製作は同じドリームファクトリーでしたか。設立当初はトバルNo.1やエアガイツ、格闘超人など割とメジャーどころを手がけていたのですが最近はあまり聞きませんね。今は何作ってるんだろ・・・。

何か・・・全然関係ない形のオチになってしまいましたな。
強引にまとめると『EXMACHINA』は中々面白かった!10点満点で言えば8点くらい!レンタルで返却がめんどくさいから思わず買ったけど後悔はしなずに済みました( ´_ゝ`)

今か今かと心待ちにしている『AC for Answer』のデモ版が来ないかわりにマケプレでは新しい映像コンテンツが結構配信されていますね。テイルズ新作、ロスプラコロニーズ、ドラゴンボールなどなど。来週水曜に発売なのにフロムソフトはデモ版配信しないつもりなのか?(´・ω・`)

とりあえず一通り映像コンテンツをDLして早速拝見。
テイルズはもう・・・何も言うことはないです。相変わらずな内容っぽいですね・・・。面白そうだったのが『ロスプラ コロニーズ』。360版の後に発売されたPC&PS3版で完全版的な事を言っておきながらそれをまとめて少し+αしたくらのものをまたフルプライスに近い値段で出すあたりかなりユーザー舐めてますが・・・。




LOST PLANET COLONIES 公式サイト

5月29日発売。定価は税込みで6290円です。6290円!6290円!!
北米だと$29.95なのに何故日本は倍額なんだ!?え?カプコンよ。日本だとどうせそんなに売れないから一人から高く搾取しようって根性か?そもそもフルプライスで一度買ったユーザーにはDLコンテンツで対応するのが筋じゃないの?と激しく文句言いたいです。だいたいプラチナコレクションまで出しといてまた定価で完全版商法するとかユーザーを馬鹿にしすぎです。

文句言いたい部分もありますが内容はオン用の追加部分が結構あるので面白そうではあります。
特にエイクリッドハンティングはナイスアイデアです。トレーラー見ると「これ何てAK無双?」とツッコミたくなりますがみんなでワイワイやりながら協力して倒すのは対戦とは違う面白さがありそうです。また発表された内容だとマルチプレイ時にはプレイヤーもAKを操作できるのも良いですね。

他の追加要素ではオンライン用のアバターに女性雪賊が追加、windows版とはクロスプラットフォーム対戦が可能と言うのも大きいですね。でも前作『エクストリームコンディション』と今回の『コロニーズ』のユーザーは対戦できないと言うのはやりすぎだろ・・・。

5月は確かに欲しいソフトあまりなく金銭的には大丈夫ですが追加要素だけの同じソフトにまたフルプライス払うのはちょっとなぁ、と。買っちゃうと色んな意味で負けた気もしちゃいますし(;´Д`)
何もネタないな?と思ってたら意外なものが。
一体ソースはどこからかなのかは知りませんが『ヴァルキリープロファイル』のシリーズ最新作がDSで出されると言うニュースが痛ニューに掲載されているじゃないですか。これホントなんでしょうか・・・。

60573266.jpg

af777ff4.jpg

ヴァルキリープロファイル-咎を背負う者-
発売日/未定
価格/未定
メーカー/スクウェア・エニックス
機種/ニンテンドーDS
ジャンル/RPG

>>時代設定はどの時代か詳細は書いてないが、レナスが死者の魂を集めると書いてあるので
>>VP1より前の時代の話か?

写真これだけじゃなんとも・・・。
ホントだとして、ハードはDSですか。持ってないのでご縁はありそうにないですしまた2Dドットに逆戻り。2Dが悪いとかじゃなく、単純に写真見た感じそこらにあるゲームと大差ないような?写真から予想すれば戦闘は『1』に近くなるかもしれませんね。キャラは

------------------------------------------------------------
主人公:ウィルフレド
人間男。銀髪。過去の経験から戦乙女を憎んでいる青年兵。
冥界のヘルから手に入れた「戦いに勝利できる羽(女神の羽?)」で神々と戦うことを
決意する。ウィルフレドが羽の力を使う度に羽が黒く染まっていくらしい。

レナス
紹介文は「地上では戦乙女と呼ばれている。運命を司る3女神の次女!」としか書かれて
いない。VP1よりも前の時代か?

エーリス
冥界から訪れた謎の女性。ウィルフレドの手助けをする。
------------------------------------------------------------

ほんとにスクエニは続編&リメイクの嵐ですな。
ソースがどこぞのブログですし釣りってことも・・・。とりあえず公式に発表あるまでは話半分にしといた方が良さそうかもしれませんね(´・ω・`)

[追記]
調べてみたらソースは来週発売のジャンプの早売りから来てるみたいです。
と言うことはこれはガチネタっぽいかもしれませんね。
以前からチョロチョロっと情報が出ていますEAが発売予定のソフト『Mirror`s Edge』。
しかしいかんせんEAと言えば海外の大手で日本では馴染みが薄い会社。おまけに『Mirror`s Edge』は更に日本では人気が出ないFPSに見た目が近いのであまり話題になってないような・・・。しかし各ゲームサイトで紹介されている記事を読めば今までのゲームとはちょっと違い面白そうですよ?

5276.jpg

ストーリーや世界観の詳しい説明はGameWatchで詳細されています。
大雑把にまとめるとプレイヤーは女性キャラFaithとなってプライバシーの全くなくなった情報統制の未来において直接手渡しでドキュメントを渡すと言うことですよね?今のメッセンジャーボーイみたいなもんですか?そういう職業?なのでFPSっぽい視点ではあれども銃をドンパチよりも逃げることがゲームの醍醐味のようです。

5203_d.jpg

今までのFPSでは基本的に見えているのは自分の腕くらいでしたが今作は下を向けばプレイヤーの足が見えますし視点も行われたモーションに合わせてちゃんと動くそうです。1回転すればほんとに画面がグルリと回ると言うことですね。発想は面白そうですがかなり酔いそうかも・・・w

5203.jpg

攻撃はあくまで主目的ではなく障害を取り除く行為?
蹴った足がちゃんと見えてますし視点も体の捻りに合わせて若干傾いています。多くの写真は建物の屋上でクレーンなど赤い色が逃走ルートの目印になっているらしくわかりやすいですね。ただ屋外のビル上をピョンピョン逃げ回るだけではなく屋内も用意されているようで公開されたSSでは描画にUE3を使用しているらしくかなりリアルです。

5276_e.jpg

実写と見まごうクオリティ。開発中のタイトルですし必ずしも製品版でこのクオリティが出るかはわかりませんが結構期待してもよさそうじゃないですか?実現すれば『CoD4』や『Crysis』に並ぶタイトルになるかもしれませんね。

Game*Sparkに今作のプレビューが掲載されています。良い点としては新鮮なゲームプレイや遠くまで見渡せる高解像度テクスチャ、高いストーリー性などが上げられる一方、悪い点として目標が赤で表示されて簡単すぎる、攻撃がパンチとキックだけ、場所が屋上なので地上に人は見えても活気がない、そうです。

これはあくまで開発途中のプレビューでしょうし作っている方もその辺は重々承知しているハズ。
現に新しいSSでは銃を撃っているシーンもありましたし他の点も順次改善されると期待しております。発売時期は不明ですがハードはPC、PS3、360です(´・ω・`)

19日の発売に向けて操作感覚を取り戻す意味もありプラコレ版『AC4』を買いました。
オフは既に難易度ハードまでクリアしているのでもっぱらシミュレーターでCPUリンクス相手に遊んでいます。そういえばレギュレーションファイルが更に1つ更新されていました。以前辞めた時は1.5でしたが1.6が最新になってました。

また『AC for Answer』の発売が近いからか、以前は過疎化していたマルチプレイに日本人ユーザーが結構戻っている感じでした。ランクマッチはまばらでしたがプレイヤーマッチのTEAM4とTEAM8には検索すれば部屋が3?4個建てられていました。相変わらずマッチングが上手くいかないのかスタートしても蹴られてロビーに戻されることが多かったです。この辺は『for Answer』で解決してくれると嬉しいのですが・・・(´・ω・`)

マケプレではまだですがトレーラー3がありました。
世界観や新要素のアームズフォート、更にビジュアル面が強化されたミッション説明画面などを見ることができます。戦闘前のイベントシーンも強化されているそうで楽しみです。一部のキャラに少佐田中敦子さんが声を当てているのもGOODです。




トレーラーには特に説明されていませんがファミ痛記事でしたかな?
オンライン対戦時に部屋でアセンブリ変更ができるようになったそうです。地味な部分ですが以前はブレード部屋用にわざわざ図面を1つ作ったりと面倒な部分が多かったので改良された様で嬉しいです。

そういえば昨日日本橋行った時にソフマップで体験台が設置されてました。
遊びたかったのですが人がかなり群がっていてとてもじゃないですが並ぶ余裕が・・・。それだけ注目度は高いとも言えますしオンライン対戦が過疎らずに盛況するといいですね。欲を言えばPS3版と360版でハードの垣根を越えた対戦ができれば人も更に増えて嬉しいのですがそりゃ無理ですよね?・・・(´;ω;`)
今日は久々にマジギレしそうです。
大阪へ友達と映画を観に行ったついでに日本橋のでんでんタウンへゲームとフィギアを買いにいったわけです。最近フィギアを買うのはもっぱらボークス。タチコマの超合金が売ってれば買おうかどうか考えていましたが展示スペースにマブラブに登場するメカのフィギアが大々的に売っていました。

A3=ADVANCED SYSTEM OF ACTION ARMSと名付けられたシリーズです。
マブラブは元がエロゲーであること、アニメかゲームかは知りませんがJAM PROJECTが楽曲を手がけていることくらいしか知りませんが展示サンプルの出来栄えを見てかなりかっこよかったので今日はこちらを買うことに。カッコよかった「F-15J 陽炎」と言うのを買いました。お値段6500円デス。

kagerou01.jpg

こういうやつです。
なかなかオリジナリティに溢れたデザインですしデカいカタナも魅力です。色々用事を済ませ帰宅しいざ組み立て!墨入れをすればかなりよくなりそうだったのでテンションは高かったのです。

が・・・。まさか開始10分で大破するとはその時は思いもよらなかったわけで・・・。
開始早々腰部分に取り付ける飛行パーツを取り付けるのに間に1パーツ挟むのですがこれが全くはまらない。でっぱりの棒に対してユニット側の穴の直径が明らかに狭い。グイグイ押し込もうにも全然うまく入りません。方向やパーツもLRが刻印されているので間違いようもないはず。なんだこれ・・・不良品か?と。

仕方なくデザインナイフででっぱりの棒をガリガリ削って何とか入るようにします。
今度は背後にブレードマウントをとりつけて盾を持たせてもう一度飛行ユニットを付けようと少し力を込めてグイッと押した瞬間、「ボキッ!」と嫌な音が・・・。見ると腰部分からボディが上下に真っ二つ。単純にパーツが外れただけかと思いきや断面を見ると・・・

( ゜д゜) 何かが折れてる・・・・え・・・・どういうこと???

ようするに力を入れすぎて腰部分に入っていた支柱?が折れてしまったわけで。
そんなに無茶苦茶な力入れてませんよ?G.F.Fとかでも少し強めに押し込むパーツとかありますが壊れたことなんてありません。しかもその支柱、直径が0.5mm程しかない!しかも金属とかではなく手首のでっぱり等と同じ樹脂の硬いパーツかプラっぽい感じです。

お前・・・こんなゴツイ上半身と下半身をこんな細い棒1本で繋いでたんかよ・・・・。
オマケに設計ミスなのかパーツが全くはまらない仕様で力を込めたらもれなく破損する糞仕様ですか?バイオハザードの名物Pの三上氏の言葉を借りれば「わざと壊れるようにした買い替え需要」でも狙ってるのか?と激しく言いたい。オマケにHPを見ていると

●材質の性質上、パーツの合いを調整いただく必要がある場合がございます。

なんて事を書いてる始末。つまり「そういう仕様だから壊れても文句言うなよ」と言うことか?瞬間接着剤で繋げようにも患部が異様に細い上に上下のパーツが重くてとてもじゃないけど無理。ついでに折れた支柱が腰の回転を担っていたので接着すると動かなくなります。アクションフィギアなのに。今日はこれだけは言いたい。

( ゜д゜) こんな商品作ったやつはまじで氏ね。造形云々以前に商品として欠陥品だ。そして金を返せ。もう二度とこのシリーズは買わない。絶対。

もう治す気力すらなくなったわけでこんなゴミはさっさとゴミ箱にポイです。
やっぱり商品として一定のクオリティがあるG.F.F以外は信用できなくなりました。この憤りはプラコレで買った『アーマードコア4』で晴らそうと思います(´;ω;`)

やはり日本でも発売が決定ですね、『GOD OF WAR 落日の悲愴曲』。
ローカライズは今まで通りカプコンで発売時期は今年の夏です。夏・・・ってことは8?9月くらいでしょうか?四季で考えると今は冬だから春⇒夏と近そうなイメージですが月で考えると近いようで遠いかも?ともかく日本語版が発売決定したことはシリーズファンには朗報ですよね( ´∀`)
日本語公式サイト




日本語版トレーラーはまだですか??(´・ω・`)
海外レビューでも高得点を獲得し、PSP史上最高レベルとも言われる程のビジュアルクオリティを再現しているそうで携帯機とは言えどPS2版をプレイしてきた人でも違和感なく遊べそうです。クレイトス様のボイスはもちろん玄田哲章氏!外でも遊べるPSPで『GoW』が出きるのはかなり嬉しいです。

話は全然関係ないですがファミ痛に360用に『怒首領蜂 大往生ブラックレーベルX(仮題)』と『ケツイ?絆地獄たち?X(仮題)』が発売される記事が出ていましたね。最近はLiveArcadeでも『トリガーハート エグゼリカ』や『OMEGA FIVE』など縦or横のシューティングが相次いでます。オリジナルはもちろんですがアーケードからの移植作も多くプレイモアが今度『真サム』をLiveArcadeで配信予定などかつてのアーケード全盛時代の空気が感じられます。

アーケードと言えば期待が高まる『スト?』ですが痛いニュースにネタにされちゃってますw
だって価格が239万4000円って・・・。コメント読むと筐体4台分の値段とのことですがコレは基盤などの部品のみで筐体は別ですよね?次世代機でも発売を考えるとHD対応の新しい筐体用ですよね?こんな値段で大丈夫なのかカプコン・・・。

そういえば最近は『VF5』や『鉄拳6』などHD対応のディスプレイ直立型筐体が使用され、お店の出費が痛そうです。ゲームのHD対応化はこういう所にもしわ寄せが行ってるんですね。こりゃ田舎のゲーセンは以前の古いタイプの筐体ゲームしかないわけだわ・・・;;
今日はいつもと違うジャンルでも。
PCの周辺機器になるんでしょうか?攻殻機動隊のマスコット的キャラのタチコマを超合金使用のUSB接続式のおもちゃっぽい機器です。PCと接続することでデスクトップ上の窓内でTVアニメよろしくアニメーションしたり喋ったりするそうですよ。決して某氏の日記からネタをパクったわけでは・・・・嘘です。もろパクりです。だってゲームで今日は目ぼしいニュースもネタもなかったんデスヨ(;´Д`)

l_ts_koma012.jpg

「電脳超合金タチコマ」 ⇒魂ウェブ
( ゜д゜)フォォォォォォォォォォ、欲スィィィィィィィィ!

私は攻殻は好きですしメカ好き人間としてもタチコマは非常に好きです。
大きい声では言えませんが会社のPCの前には小さなタチコマフィギアを置いています。今回の商品は超合金!しかも写真を見る限りディティールもかなり良さそうですよ!これで重量感バッチリの超合金ならタチコマ好きは買わない理由はないでしょう!

ホビーショウで展示されていたのをIT-Mediaが取材した記事があるのでそちらを見ればより詳しくわかるかと。
電脳超合金「タチコマ」に会ってきた
「電脳超合金 タチコマ」な日々

ちなみに定価は13440円。
アマゾンだと20%オフで約1万円程で購入できます。衝動に駆られて購入決定手前まで進んだ時、ふと思ったのですがこの手のPC関連の商品の場合は対応OSってよく表記されてますよね?でも見たところ特に表記がない。フラッシュメモリみたいにMe?Vistaくらいまで手広くカバーしているのかな?と思い一応あちこち調べてみると「魂ウェブ」の詳細から判明。対応OSは推奨と書かれていますが「XP以降」とのこと。

(#゜д゜)ちょっと待てぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。

私のPCはwindows2000だ!なんだ?使えないのか?
今時の商品なら普通2000くらいまではカバーしてくれてもいいんじゃないのか!?う?む・・・フィギアとして飾ってもいいくらいの出来っぽいんで買おうかどうか・・・。もう発売されてますから注文すればすぐに届くでしょう。でもどうせならPCと連動して喋らせたいし・・・。この為だけにOS変えるってのもちょっと。一応調べてみるとドスパラショップならXPの日本語OEMで12000円くらいですね。

Vistaは値下げされるのは上位2種類だけですし。う?む、推奨とかかれているのが非常に気になります。普通に考えたら動きませんよね・・・。久々に即ゲットしようとしたのに何てもどかしい(;´Д`)
土日にかためてプレイしようやくクリアしました。
何だか最後はかなりあっけない終わりかたでしたね。ラスボスなんて攻撃パターンはかなり単調だし、事前に「セーブはできません」なんてメッセージが出た時はもし死んだらかなり前からやり直さないとダメだったのでかなり緊張しましたが何ともアッサリでやや拍子抜けです(´・ω・`)

bioshock11.jpg

海外での前評判がかなり高かったのでどんなものかと思いましたが最後までやってみたらさすがにちょっと過大評価っぽい気がしますが・・・・。確かにグラフィック面はUE3を上手く使っていることもあり質感や水の表現は目を見張る物があります。が、水中都市の雰囲気を満喫できるのはデモ版で遊べた序盤くらいまでで中盤以降は密閉感のあるステージばかりをウロウロするだけ。

ステージを進むにあたり特に仕掛けらしい仕掛けもなく。
プレイヤーは超能力を駆使してスプライサー(敵)と戦っていきますが、海外ゲーム独特の「何を使ってもいい自由度」のお陰で反対に全く使わない能力や武器があるのも確か。どうせならステージを進める仕掛けに超能力や武器を駆使するくらいの事をしてくれた方が各能力の存在感も出るでしょうに・・・。

見た目的な部分は非常に良いのですがゲーム的にはやや荒削りっぽい印象ですね。
ですが物語の導入部分や内部で入手できるボイスレコーダー?は日本語音声化のローカライズのお陰でバックグラウンドまで楽しめます。敵がつぶやく台詞までもれなく吹き替えられているのは最近のローカライズされたゲームとしては完璧の出来かと。

ホラーテイストのRPGの様な成長要素のあるFPSと言うのも他に見ないオリジナリティーと言えるのでただ銃をぶっ放すだけのFPSに食傷気味な人にはいいかもしれません。ただ、ゲーム的にオフ専の内容なのでマルチプレイがないので一度クリアしてしまうとそこで終わりなのがちょっともったいないです。

私もノーマルでクリアしましたがエンディングも凄くあっさりしたものでしたしスタッフロールや盛り上げる曲もなく。保存したらいきなりタイトル画面になりビックリしました。2週目を遊ぶにしても能力引継ぎなどの特典は一切なくまた最初から全てやり直し。ゲーム的にも『CoD4』の様な超リアルな戦場ならともかく独特の世界観をひたすらお使いゲームな内容なので飽きは早そうです。

私はまた0からやり直す気力もなくお腹一杯になったので地元のJoshinまで売りに行きました。
買取価格は4000円!sofmapで買取価格検索したら上限価格でも3800円くらいだったので日本橋まで行かなくてよかったよかった。ついでにク○ゲー決定だったPSPのカプコンクラシックスも売りました。こちらは買取価格500円・・・・いらないからいいですけどねw

1週間ちょいで終わってしまいまた暇に。
早く本命の『アーマードコア for Answer』が遊びたいです。ファミ痛360のインタビューで3月上旬にアームズフォート戦のデモ版を配信予定だそうで非常に楽しみです。発売が19日なので早くて5日、遅くて1週間前の12日かと予想しますがどうでしょう(´・ω・`)

『ソウルキャリバー?』。
キャラが公開される度にネタにしていますが今回も新たにキャラのSSが公開されました。GameSpyで公開されたのはキリク、シャンファ、あとリザードマンですね。リザードマンっていつもはサブキャラ扱いなのにSSが出てくるとは・・・今回はレギュラー入りなんでしょうか(´・ω・`)

soulcalibur-iv-20080229110412360.jpgsoulcalibur-iv-20080229110334829.jpgsoulcalibur-iv-20080229110329189.jpg

相変わらずキャリバーシリーズのデザイン担当の人の絵がいいですね。
他の格ゲーの場合、基本的に立っているだけの絵が多いのですがキャリバーシリーズは武器を持っていることもありますがポーズも含め躍動感溢れていて非常に魅力的です。

GameTrailerでは今回新しく公開されたSSをスライドショー形式で動画で見ることができます。スライドショーなので仕方ないですが無音ってのは・・・。過去作のBGMでもいいから流してよ(;´Д`)




かわいいよシャンファ(;´Д`)ハァハァ
イラストと違いキリクの衣装がやたらとゴツく見えるのは気のせいでしょうか?特に肩当が・・・・。シャンファは耳横の髪が更に伸びたし衣装もお腹や脚周りの露出が増えてます。リザードマンは・・・かっこいいとか言う以前にあんま変わらんな、と。しいて言えばエリマキトカゲ?

キャラクターは着々と公開され順調なのは非常に喜ばしいですがもうそろそろ新システムまわりの話も聞いてみたいですね。YouTubeなどでアップされている動画だとゲーム的には今までと全く同じで変わり映えがしなかった印象があります。以前雑誌のインタビューで「壁を利用」がどうこうと書かれてました。ファミ痛あたりでもうそろそろインタビューしてくれると嬉しいですね(´・ω・`)