ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に友人と映画『インセプション』を観てきました。
ディカプリオ主演、日本の渡辺謙も出ているわけですが予告編がイマイチ面白そうじゃなかったのだけ覚えてました。
超映画批評でもあまり良い評価ではなく、まぁレイトショーで1200円だし別にいいかな?と言う感じで行ったわけです(´・ω・`)

■映画『インセプション』予告編


予告編を観ると相手の潜在意識に侵入してアイデア盗むスパイ映画みたいな言い方してますが本編は全然違います。
ターゲットの意識に潜入しインセプション(植え込み)を行いクライアントの思い描く方向にターゲットを向かわせる。
説明するのはちょっとややこしいですが、そういう映画です。

しかしこれが予想に反して凄い面白かったわけです。
ターゲットを眠らせその夢に仲間と潜入。夢の中で接触し敵と認識させずに情報を聞き出そう。しかし植え込みの場合は
相手に自発的に決意したと思わせるちょっと手の込んだ方法。夢の中で更に夢の中へと潜ろうと言う展開があり、意識下の
防衛本能と戦いながら更に下の(夢の)階層へと導いていく。階層別に時間の流れる速度も違い、上の階層へ引き戻す為に
残るメンバーも居てそのギリギリの駆け引きも面白いわけです。

解り難いですね。観ている方も「今、誰が、どの階層にいるのか」をよく覚えておかないとわけがわからなくなります。
そこにコブ(ディカプリオ)の過去のトラウマがトラブルを引き起こしてどんどん窮地に陥るメンバー。サイトー(渡辺謙)も
ちょい役ではなくディカプリオに次ぐ重要なメンバーとして登場するのも同じ日本人としては嬉しかったです。

やはり一番面白かったのは最後のオチなんですがあれをどう解釈するか。
コブは現実の世界に戻っていたのか?それとも自身が理想とする夢の中に囚われてしまったのか?
どちらの解釈でも面白いとは思いますがそこは人それぞれでしょうね(´・ω・`)

『ダークナイト』は傑作でしたが今回も凄く楽しめました。クリストファー・ノーラン監督。
俳優ではなく監督の名前で今後映画を観に行きたくなった人は久しぶりです。

-------------------------------------------------------------

あといよいよ11月に公開が迫った『ハリーポッターと死の秘法』の予告も公開されていました。

■映画『ハリー・ポッターと死の秘宝』予告編


3D対応するんですね。1度は3D体験してみたいと思っていましたが中々チャンスがなく。
観るなら当然字幕。地上波で吹き替え観ましたがあまりにも酷い出来で壮大さの欠片も無く、観るに耐えませんでした(;´∀`)

-------------------------------------------------------------

開演前に本屋でホビー関係の雑誌を見ていたら凄く良いフィギュアを発見。

mark4.jpg ムービー・マスター・ピースと言う名のフィギュアシリーズ。

見た目が超合金っぽいですが購入した人のブログ等を読むとどうもプラスチックの様な感じで重さはそれ程でもないそうです。
しかしその質感、クオリティ!凄い!お値段も定価で2万オーバーとそちらもかなりのもの・・・。
写真はアイアンマンMark-?。?から指の関節も動く様になり腹も稼動する事で劇中のポーズも難なく取れるそうです。

SS401.jpg SS400.jpg

うお?、かっこいい。アイアンマン大好きだしこれは欲しい!と思い帰宅後にあみあみ等で調べたらマーク?は
9月発売なのにもう予約が売り切れ状態でどこもX。残念に思いましたが進化型のマーク?が来年1月に発売されるそうで
狙うならそちらか。でもマーク?って胸のアークリアクターが△であんまり好きじゃないのが・・・。
でもギミックとか更に進化するかもしれないしこれは買いたいですね!(`・ω・´)

mark6.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pattirin.blog63.fc2.com/tb.php/1058-2e20cfdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。