ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はどこのゲームニュース系サイトもWiiの発売日&価格決定&同時発売ソフトのニュースでいっぱいです。64→GCと苦渋を味わってきた任天堂ですが今回の次世代機競争ではユーザー、開発者、販売店ともに高評価受けてますからそりゃぁみんな注目しますよね。

発売日は12月2日。税込み25000円と正直予想よりはちょっとだけ高かったかな?とも。SCEやMSの次世代機みたくHD化やトリプルコアなど値段かかりそうな機能を採用せずあくまでもゲーム機として最低限のスペックアップに抑えてるみたいなので20000円ジャストくらい?と思ってました。

発売はPS3と同時orそれより前、と多くの人が予想していたみたいですがPS3よりも約1ヶ月後とはかなり意外。PS3が先に出るけど(値段高いし)ユーザーはWiiを選ぶ、という強気な姿勢でしょうか?それを裏付けるのか、同時発売に「ゼルダ」「Wii sport」さらには「SDガンダム」と隙の無いタイトルラインナップ。正直これはスゴイですね・・・。

360もロンチにこれくらいタイトル揃えてたら違っただろうなぁ・・・とかPS3のロンチが未だにハッキリしないorゲームショウで発表されるかも、という不安に比べたらWiiのスタートダッシュは快調そうですね。
しかし不満も。GCの時からそうでしたが対象年齢がやはり小?中学生、高くて高校生くらいまでの印象が強いです。『子供から大人まで』と謳っている任天堂ですがこの場合の大人ってのは小さい子供がいる親or老人なんですかね?コアユーザーがいそうな20?30後半くらいの年齢に向けたソフトがないような・・・。Wii用バイオハザード新作がありますがいくらなんでも1本だけじゃ無理でしょ。

もちろんその年齢の人がやっても面白いんでしょうが「PTAの親が財布の紐を開けそう」的な流れを感じます。悪い言い方をすると。値段が安かろうが高かろうが結局決めてになるのは発売されるソフト。いくら斬新&低価格でもコア層も取り込まないと64やGCと同じ道を辿る可能性があります。

そこで代わりに中年層を狙って用意したのがバーチャルコンソールでしょうか?下位互換がどこぞのハードと違って保証されているみたいですしバーチャルコンソールで過去のハードのソフトがネット配信で遊べたりといたれりつくせり。値段は微妙ですけど・・・。「下位互換は打ち切り」とかいう某幹部に爪の垢を煎じて飲ませてやりたいです。過去の遺産でいつまで引き止められるかも疑問ですがその間に大人にも訴求力のあるソフト出せれば・・・

沈黙を守ってきた任天堂が動き、後はPS3ですがこちらは恐らくゲームショウだと。あの鬼高い値段でも買おう、と思えるような発表して欲しいですね。特に全く不明なネットワーク関係とか。「ゼルダ」級の人気タイトルが同時発売だといいなぁ(´・ω・`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pattirin.blog63.fc2.com/tb.php/113-bdb6b388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。