ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は11日から公開の映画『X-MEN 1st Generation』を観てきました。
今年はマーベルコミックの映画化としてマイティ・ソーとキャプテンアメリカが用意されています。

■X-MEN:ファースト・ジェネレーション


1つ前の『ウルヴァリン X-MEN ZERO』に比べたら肉体戦は少なく純粋に個々の超能力で戦うあたり
ちょっと物足りない気もします。主役のチャールズ自体、テレパシストで直接的には戦闘には参加しません。

ただ、作品を彩る面々がどのように出会いX-MENとブラザーフッドを結成するのかを見れるあたり
以前のX-MEN映画を見ていた人なら楽しめると思います。ローガン(ウルヴァリン)もちょっとだけ出てきます( ´∀`)

原作コミックでもそうですがいずれX-MENと敵対するマグニートーもやり方はともかく決して悪いヤツではない。
チャールズを気遣ったりとアクションだけでなく人間関係も見所だと思います。

『X-MEN』を皮切りに今月、来月はほぼ毎週に近いペースで新作映画が公開されるから忙しい。
来週18日は宇宙人による侵略映画『スカイライン -征服-』、24日はスピルバーグ製作の『スーパー8』。
7月2日は『マイティ・ソー』、15日は『ハリポタ 死の秘法パート2』。youtubeには字幕付き予告がありました。

■映画『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』特別動画(字幕付)


いよいよ完結で今年一番楽しみな映画。3Dに興味あるけど映画によってはイマイチだったりするので悩むところです。
3Dで観たいけどせっかくの良い映画をメガネかけて観難い状態で観るのも嫌だし・・・。

------------------------------------------------

『第2次スパロボZ』をクリアしたので兄貴に『空の軌跡』を評判が良いのでちょっと借りてやりました。
が、しょっぱなからゲーム独自の用語や設定のオンパレードにかなり混乱。
導力器(オーブメント)、クオーツ、セピス、魔法(アーツ)などなど。いきなりこれらの組み合わせでどうこうと言われる始末で
全く意味がわからない・・・。じっくりやれば理解出来るんでしょうがもう面倒くさくて・・・。

最近はこの手の細かい設定や属性のある和製RPGをやってないかったので余計にそうなんでしょう。
例のファルシやコクーンほどイミフではありませんが用語はもっと簡単に魔法とかスキルでお願いします(;´∀`)
困ったので取説を見てもクラフト、sブレイク等々、さらに頭が混乱したのでもう無理です・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まぁ心酔し切ってる私が言うのも何ですが、そこまで複雑ですかね?(寧ろ国や都市名や組織名の方が大変w)
実際ファルシやルシにしても、神とそれに選ばれた人間って程度の認識で取り敢えずは十分だったんですが、
どうもその面倒さが独り歩きして、FF13を叩く材料にされてた嫌いもあった様に思います。(確かにややこしいけど)

オーブメントは要は家電製品の総称みたいな物で、戦闘用に身体強化にも使われてるだけですし、
クォーツにしても、属性や特殊効果(攻撃力UP等)が付いてて、それを戦闘用の導力器にはめて能力を底上げし、
回復や攻撃等の術はその組み合わせで決まるってだけです。(遊撃士手帳に組み合わせは全部載ってる)
導力器のスロットを開放しないとはめれないですが、開放する事でEPも増えるので開放だけでも意味はあります。
セピスはそのクォーツの欠片(素)であり、スロット開放の為の材料でもあり、売ってお金に替える事も出来る。
序盤から雑魚を倒してればかなり溜まっていくので、物価の高めな本作では終始金策でお世話になります。
後は、クラフトはキャラ固有の小技、Sブレイクは溜めて撃つ必殺技って程度です。(Sは敵の行動に割り込む事も可能)

FCは一作目なのでキャッシュ効果も薄く、若干読み込みがかったるいって欠点もありますが、
世界観を好きになれれば、海外勢が逆立ちしても作れないこれぞ和製ってストーリーなんですけどね。(^^ゞ
音楽も文句ない出来なので、動画サイトでSCや3rdのOPを見るだけでも、海外にもファンが多い事を理解できるかも。
2011/06/14(火) 01:40 | URL | 多機種ユーザー #-[ 編集]
>>多機種ユーザーさん
最近のRPGには中々お目にかからない程の項目の多さにちょっと面食らったと言うのが正直なところでしょうか。
システムも噛み砕けばそれ程複雑ではないと思うのですが一気に説明されたのでとっつきにくいと感じてしまいました。
私の場合、スパロボの精神コマンドぐらい簡略化してくれるかFF7のマテリアくらいまでが限界かもしれません^^;

装備する道具、それに充てるアイテム、開放されるスキル等複雑に絡み合ってスキルを発動したり出来ると言う事
だと思うのですが出来ればその辺は初心者にはもう少し展開に合わせて順に説明して欲しかったです。
冒頭の詰め所で、アレも出来ますコレも出来ます、さぁどうぞ!と言われたので「(;^ω^)お・・・?」と真顔でなりました・・・w

私の感覚だと格ゲー初心者にいきなり鉄拳やらせてるのと近いかもしれません。
40名近いキャラと格闘術、1キャラにつき100近い技に確定反撃、コンボに投げぬけetc・・・。
ジャンルは違いますが今のゲームのぬるいくらいのチュートリアルが改めてありがたいかも、と思いました。
兄貴に言うと零は後発の新作だけありもう少し洗礼されていてわかり易いと聞いたのでそっちをやってみようとも思います。
2011/06/14(火) 23:54 | URL | ぱっちりん #-[ 編集]
セピス、クォーツ、スロット、零もやる事はほぼ同じだと思います。(^^ゞ
組み合わせに関しても、複雑な術を狙わなければ全く無視しても良いのも同じで、
正直、組み合わせなんか考えなくても欲しい効果(攻撃+とか)だけでEASYはクリア出来ます。

要は頭の中で言葉を変換できるかどうかなんでしょうね。(面倒だとそこで放棄してしまう訳で)
全ゲームでほぼ通用するであろうスキルって単語も、
スパロボやってれば精神コマンド、FALLOUT3をやってればPerksと普通に脳内変換してますし、
空の軌跡に関しては、徐々に徐々に要素が増えていけば良かったんだと思います。
アニメ化もされるので、そこから入るのも世界観に慣れるには良いかもしれませんね。
2011/06/16(木) 23:09 | URL | 多機種ユーザー #-[ 編集]
>>多機種ユーザーさん
一昔前の作品のリメイクですし当時はそれでも問題なかったのかもしれませんね^^;
単純に私の年が上がって面倒くさがり屋になったり忙しくて中々時間が取れなくなってきた事もあり
最近はジャンルに関係なくサクッとすぐに遊べるゲームばかりしている様な気がします・・・

そういう事が続くと面倒と言う偏見から中々抜け出し難くなるのですがアニメ化とかの違うアプローチがあれば
手に取るきっかけには良いかもしれませんね。また例によって途中で止まっているのですがグレンラガンがまさにその口です。
碧の軌跡ももうすぐ発売されますし前作品がアニメ化されるなら要チェックですね。検索すると某掲示板のまとめサイトが
ひっかかり、従来のファンからは作画に文句出まくりの様ですが新参者には関係ないので先入観なく見れそうですw
2011/06/17(金) 23:39 | URL | ぱっちりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pattirin.blog63.fc2.com/tb.php/1190-4827ba4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。