ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週は台風で行けなかったので今日観に行ってきました。
1週経っていましたがお客さんはそこそこ入っていました。元が格ゲーだから男率高し( ´_ゝ`)
今作は3D上映のみ。初めての3D映画でかなり楽しみでした。

■鉄拳 TEKKEN BLOOD VENGEANCE TRAILER_JP


主役はシャオユウとアリサ。そこへ映画オリジナルの神谷真と言うモブキャラにしか見えない男が主軸。
簡単に言えばM細胞と言う謎の細胞実験の被験体の生き残りの真を狙って三島財閥とG社が襲うしシャオ達が助ける、と。

結論から言うとシナリオが壊滅的に酷い!!
鉄拳なんだからバトルシーンが見物と思っていたら女2人が主役もあって学園で何故かラブコメみたいな展開はあるし
リーや巌竜は出てきてもギャグキャラ化して話の腰を折る。極めつけは核のハズのM細胞と言う不死の細胞(?)ですが
ラストの仁、一八、平八のバトルでは「M細胞なんぞ不要だ!」とシナリオの根底を否定する始末。何だこれ・・・

哀れオリジナルキャラの真は何の活躍もせず最後は平八に立ち向かうも背骨折られて死亡と散々な役目でご退場。
その後3人の壮絶な格闘戦で城はぶっ壊れるし、キャラはデビルマン化するし。最初から殴り合ってればいいじゃない。
結局話の肝は何だったのか?三島親子はただの喧嘩、シャオとアリサは振り回されてるだけ。真は意味もなく死亡。

これならまだ実写版映画の『TEKKEN』の方がちゃんとトーナメントしてる分マシだったと思いたくなります(´・ω・`)


映像は3Dですが何となくキャラに被写界深度の強い版がかかっているかな?程度で飛び出す感覚とかは皆無。
一番3Dっぽく感じたのが本編前の予告のキャプテン・アメリカが盾をこっちに投げてくるシーンと言う始末だから笑えない。
3Dメガネは少し色が着いているガラスだったので若干暗く見えるし彩度も落ちる。暗いシーンだと残像やチラつきがキツく
揉み合いながら戦われるともう何しているのか全く分からないのは非常に残念でした。

鉄拳BVパンフ1 鉄拳BVパンフ2

内容は悲惨ながらも一応パンフは買いました。こっちはフルカラーで設定やコンテ、インタビューまであって満足です。
バイオのCG映画も見た当時はストーリーが酷いと思いましたがこれはそれに輪をかけて酷い。
ゲームと被るけどまだラースを主軸にしてくれた方がまだ良かったんじゃないかと。シャオとアリサとか誰得・・・。

パンフにも載ってますが、亡くなった郷里氏に代わり平八は石塚運昇氏。『TT2』も同じですが意外とマッチしていました。
鉄拳は好きだから出来るだけ映像とかのコレクション品は買いたいですがこれはちょっとなぁ・・・。
あ!だからオマケとしてハイブリットには『鉄拳TT HD』が付いてるのか!?Σ ( ゚д゚)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。