ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はPS VITAの体験キャラバンが大阪でやっていたので行ってきました。
家電屋のモックと違い実際に遊べるのでテンション上がります。
難波CITYと難波パークスの2箇所行ってきました。

VITAキャラバン難波パークス1 VITAキャラバン難波パークス2 難波パークス

噂通りの晒し者状態・・・w
試遊タイトルによって待ち時間が異なりましたが長くても待ち時間15分くらいでした。
『忍道』『リッジレーサー』『Gravity Daze』の3つをチョイス。『アンチャ』や『地獄の軍団』は予約しているので
今回はその他のタイトルを中心に選びました。良さそうなのあれば1月とか買えばかな?、と。
10~15分でどれだけ魅力が伝わるのか難しいところですがやってみなくちゃ話にならない。

■『Gravity Daze(グラビティ・デイズ)』
47dc04b6-s.jpg

独特の世界観は悪くないし会話も漫画のこま割りみたいな感じで中々面白いです。
空中に無重力でフワフワと浮いて移動したり攻撃したりとちょっと癖があります。
浮くのはいいんですけど進行方向に背中向きで吸い込まれる様に突っ込んで行ったりと見た目的に「?」な印象が。
攻撃を避けるのにボタンではなく画面をフリックする必要があるのがボタンから右手が外れて次の操作がしにくいかと。

■『忍道2 散華』
af95e5b4.jpg

アクワイア製作と言うことで『天誅』シリーズとほぼ同じ。
過去の『忍道』シリーズは未経験なので差はわかりません。
良くも悪くも目新しさがなくゲーム的に古臭い印象は拭えません。AIも相変わらずですし・・・。
注視状態だと背面タッチが機能して視点が動く?最初それを知らず本体の背面をベタ持ちしていたので
十字キーやパッドでも操作出来ず画面が変な方を向いたままになり混乱しました(;´∀`)

■『リッジレーサー』
23-Sep-11-1-04-44-PM.jpg

グラフィックの綺麗さでは一番でした。メニュー画面とか凄く綺麗だしUIも未来的でカッコいい。
ゲーム中は30fpsなのが従来に比べちょっと残念でしたが遊んでいたらそれ程気にはなりませんでした。
最近はリアル系レースばかりしていたのでアクセル放してハンドル切るだけでドリフトする操作にちょっと戸惑いました(笑)
COMが弱く楽勝で1位になれるのでやり甲斐があるかは微妙ですがタイムアタックならスピード感あるし楽しそうですね。
コースやマシン数さえ噂みたいに少なくなければロンチで買うならありだと思いました。


長くても15分しか遊べなかったのでこれだけで良し悪しは言えませんがVITAで遊ぶとどんな感じなのかはわかりました。
Xボタンと右スティックが干渉する様な事は一切なく一安心。パークスは『みんゴル』がなくて残念でした。
短時間だとどうしてもアクションやレースなど1ゲームがパッと遊べるのに良い印象が残り易いのは致し方ないでしょう。
画面の綺麗さは有機ELでコントラストも高く発色も良かったですね。

----------------------------------------------------

e22bff03.jpg

発売日から帰りにファミマへ寄っていますが全く売っていません!
地元のファミマは学校の通学路なので夕方には学生に全部持っていかれてるのかもしれません・・・orz

002_20111204204718.jpg

4亀に記事が出ていましたが地味に良さそうですねこれ。4980円とそれ程高い訳でもなく
コントローラー2個の充電+8本までパッケージ収納+本体のUSBポートが空く。

帰りに日本橋の電気街もウロウロしましたがエーツーにPS3の『アーカムアサイラム』が置いてませんでした。
前はあったのに残念。360版は沢山ありましたけどね。『アンチャ3』と『ダークソウル』の中古の山が凄かったです・・・w
無理して買う必要もないし連続して同じバットマンも飽きそうなので次は『MW3』でも兄貴に借りますか(´・ω・`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まぁ忍道は確かに大きな変化は望んでない(望まれてない)タイトルですからね。
敵AIにしても賢すぎて隠れ場所を的確に見抜かれたら腹立ちますから…。(あの視界も計算ずくの立ち回り)
楽しさの基本はハラキリエンジンに寄る複数回プレイ可能なマルチシナリオと忍具を駆使したアクションで、
初見で分かれってのも無理な話ですし、高精細が売りのVITAの展示には最も向いてないと思いますよ。w
これで忍道1の「匠」という名のミッションエディット機能が有れば(ファンの)高評価は確実なんですが…。
って、自分必死過ぎですね。(^^ゞ

Gravity Dazeは機能的にも面白そうなので、ロンチでは無いけどアレこそVITAの展示に向いてる気がします。
2011/12/05(月) 18:58 | URL | 多機種ユーザー #-[ 編集]
>>多機種ユーザーさん
天誅もそうでしたけどいかに自分でカッコいい忍らしい動きや暗殺をするか、が売りのゲームだと思いますし
そういう意味ではバットマンとかと根っこは同じ「なりきり」とストーリー、演出がメインですもんね。
忍具の説明など試しながらじっくりやるタイプなので体験版の10~15分で魅了しろ、と言うのも酷な話です^^;
ただ他のタイトルが実際に遊びながら指示してくれたりしていただけに、丁寧なチュートリアルが逆に本編を遊ぶまでに
やたらと時間を浪費してしまうのがもどかしくも思いました。もう少し見せ方に工夫があれば天誅やシリーズ同様の魅力は
しっかり伝わったと思うとデモ版にしろアピールの仕方で損をしているのは非常にもったいなく思いました・・・;;

待ち時間の制約もあり全部触れなかったのが心残りです。
パワスマやかまいたち、塊魂、みんゴルもやってみたかったですがそこはもう発売後のユーザー評価待ちです^^;
2011/12/06(火) 13:23 | URL | ぱっちりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。