ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近はSteamでばっかり安いの買って遊んでる気がします。
来週かな?『Orcs Must Die2』が発売される事で1作目が75%オフでSteamで売られていたの開発しました。
ソフト単品だと2.49$ですがDLC2つがセットになったGOTY版でも3.74$とめちゃ安い。
ジャンルはタワーディフェンス+アクション。ストラテジーやタワーディフェンスは難しそうな印象を持ってましたが
これは半分アクションなので初心者の私でもかなりとっつき易く操作も非常にシンプルでした。

Steamで売られているのはマルチランゲージで最初から日本語メニュー&音声でした。

2012-07-28_00002.jpg 2012-07-28_00001.jpg

wasdキーで移動、spaceでジャンプ、shift押しでダッシュ、Eで罠の売買など。
マウスは視点動かしながら左右のクリックで攻撃をどんどんするだけ。
後は他のPCゲーの様に1~0までのキー部分に購入した武器や罠を割り当ててお金を払いながら順次設置。
お金はオークを倒す事で稼げるし、お金をケチりたければ罠はそこそこに自ら弓や剣で攻撃しまくってもOK!
でも無双プレイだけでは決して捌ききれない数なのでその辺のバランスは絶妙ですね( ´∀`)

敵は『ギアーズ』のHordeと同じでウェーブ単位で襲い掛かってきます。
3ウェーブごとに休憩が取れて準備も出来ます。

日本語版のプレイ動画を挙げてくれている人がいました。
ノリが妙に軽くギャグみたいな台詞周りや動きが非常にコミカルで面白いです。

■[Orcs Must Die]初回プレイ(完全日本語化作品) Towerdefence


滑って転んで階段の角で頭ぶつけて死ぬとか何のギャグ漫画だよ、と(笑)
弓でヘッドショットしたら「あ~らま、ご愁傷様♪」とか喋りまくるし減らず口がまた面白い。
無事ステージをクリア出来たらクネクネと踊って決めポーズするのも笑えましたw

なるほど、こりゃ確かに面白いし360のXBLAでも配信されていて2011年のベストXBLA賞を受賞するだけの事はあるわ、と。
元はAoEなどを作っていた人達がこれを作ったんですね。インディーズゲームですがゲームの楽しさの本懐を
直球で攻めている感じがして昨今の無駄に豪華なグラ&続編のオンパレード&マルチプレイばかりに対して
見事にアンチテーゼを示している感じで良いです。

スマホのゲームほど手抜きライト過ぎず、かつサクサク動いてアクションでモリモリ敵を倒せて爽快感がある。

セール価格も『2』が発売される7月30日まで!
これはとても手軽で面白しし非常にオススメ出切るゲームだと思いました。
短い時間でもサクッと遊べて終われるのも楽だな~と(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
個人的には純粋にタワーデェフェンスがやりたいですが、
かなり運が絡んでくるので自分で有る程度蹴散らせるのも良いですね。
(全く同じ配置で戦っても時にアッサリ抜かれるのがゲーム性で見て良い所とも言えますが)
ジャンプでショートカットも出来るし、移動にストレスを感じなさそうなのも良さげですね。
今は那由他の奇跡とルーンファクトリー4で手一杯なので年末セール待ちになりますけど。(^^ゞ
2012/07/29(日) 22:06 | URL | 多機種ユーザー #-[ 編集]
>>多機種ユーザーさん
確かにずっと据え置きユーザーだった私も最初見た時に刻命館っぽいな、と思いましたw
RTSやTDゲームは一手のミスも許さぬシビアさみたいな物がある印象がありますがアクション要素を入れる事で
ルールもかなり単純で明快になり初心者にはかなり遊びやすい内容になっています。とは言え、反面かなり
ライトな内容なのでガッツリとやり込むと言うよりは他のゲームの合間のちょっとした息抜きくらいが丁度良い感じです(笑)

なので私はデドスペ2→鉄拳6→トーチライト→OMD→デドスペ2~とグルグル回しながら遊んでます・・・^^;ヾ
トーチライトも面白いのですがだいぶ深い階層まで潜ると敵も強く、なのにスキルは種類が少なく単調な面もあり
初期ほどガッツリとやるのはしんどくなり1フロア制圧して下への階段見つけたらそこで終了してOMDやったりします・・・w
2012/07/30(月) 10:36 | URL | ぱっちりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。