ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近次世代機についての色んな情報が飛び交っています。良いものから悪いものまで様様ですがいわゆる次世代機の世代になってからなんだか手放しで喜べる出来事が減った気がします。

まず良かったこと。良かったことなのか・・・・?
既に北米では発売されている360のハイエンドverとも言える「360エリート」が日本でも発売が決定されましたね。120GものHDDを日本のコンテンツ状況だと持て余すだけで正直ニーズあるのか疑問ですがこれもMSの「日本も捨ててないよ」のアピールとか思ってしまったり?

l_ki_ms37.jpg

HDMIケーブル、120GのHDDが通常版に比べアップグレードされ色が黒。これで47800円。高い様な安い様な・・・。単品での120GのHDDが18000円。今のご時世にどういう規格か知りませんがこの単品の値段はアリエナイ。だから既存ユーザーの買い替え用としても本体が故障してない限り需要あまりなさそうな気がします。これから買おうと思っている新規ユーザーさんでHDMI端子搭載TV持っている方ならお買い得でしょうね。

一方悪い方。
某掲示板でもスレッドが建ったりしているPS3に関するニュースが。各メーカーから公式にアナウンスがあったかはわかりませんが日本の大手メーカーのバンナム、セガ、カプコンがPS3の販売不調などを理由にSCE系ハードでの発売を3?4割減らすと発表したそうです。また■eやコナミはPS3の普及が進むまで開発・発売を待つという始末。 ⇒アメーバニュース

確かにPS3はその価格がネックなって当初の予定ほど売れておらず、また本体を牽引する程のビッグタイトルも当分は発売予定がなくサードメーカーからしたらリスクが高いので正しい判断かもしれませんね。開発が他機種の様にコスト高騰化を抑える環境がないのも余計に敷居を高くしているのもあるでしょう。

サードメーカーが尻込みしてしまうのもわかるというもの。こういう時こそSCE自らソフトをバンバン出して引っ張るべき所ですが費用の高騰化はSCEも当然例外ではなく『みんゴル5』や『ぼく夏3』『GT5』など手堅い続編物で固めているのでユーザーからは目新しさなし。今は亡きクタたんがコンセプトをもう少し作り手に優しくしていれば・・・と言っても後の祭りですね(´・ω・`)

でも個人的にはまだCMとかをバンバン流しているだけMS(もといMSKK)よりはやる気が感じられるだけマシです。自社発売の『Forza2』や『ライオット』の時ですらCMしなかったし幻の『ギアーズ』日本版のパラパラ踊りCMにはまさにギアーズを侮辱するかの内容。ついでにお蔵入り。完全に日本市場はサードにお任せ状態だから開いた口が・・・(;´Д`)

任天堂の爪の垢でも飲ませてやりてぇ・・・。日本のお膝元と言うのを抜いても任天堂は商品アピールは優秀ですね。ゲームの内容はともかくDSやWiiが世界規模でバカ売れなのはコア層ではなくライト層に訴えかけた戦略の勝利は明白。でもですよ、・・・な内容のゲームが多いのだけはいただけませんね。

だ?か?ら?、3つのゲーム機のいい所を合わせ(ry
360のオンライン機能と作りやすさ、PS3のソフト資産、Wii位の開発費用+戦略。う?ん、角が取れて丸くなった分、面白みのないハードになりそうな気も・・・。失敗しそうなハードが出来そうです。難しいですねぇ(;´Д`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pattirin.blog63.fc2.com/tb.php/240-9aeda6dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。