ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『バイオハザード5』の最初のトレーラーが公開されてからもうだいぶ経ちますね。
最近のファミ痛に『バイオ5』のメイキング映像が収録されたDVDが付録でついて進捗に喜べる一報、相変わらず海外では今回の舞台がアフリカ(のとある地域)で相手が黒人だと言うことで人種差別問題を問題視する事が多々あるようです。

bio5.jpg

カプコン25周年記念サイトで一部公開されているプロデューサー竹内氏へのインタビューでも舞台はハッキリとアフリカと述べられています。最初のトレーラー公開時から海外の黒人女性のブログか記事かは忘れましたが

■これは黒人差別だ!白人が黒人を撃ち殺すゲームだ!
              ↓
■今までのバイオは白人がゾンビだったじゃねぇか!黒人になった途端にファビョんな!

と言うやりとりがされてきて今でも海外では問題になってるみたいですね。
Game*Sparkに掲載されている記事ではニューズウィーク誌でも人気のゲーム系Blogを担当しているアフリカ系アメリカ人記者N’Gai Croal氏は今回のカプコンのプロモーションの説明不足に苦言を呈しています。

詳しい内容は長いのでGame*Sparkさんを見てもらえればと思いますが、要するに事前に「今回の舞台は○○で設定は○○ですよ。誤解のない様に言っておきますが決して人種差別的な意図はありませんよ」と一言説明しておけば少なくとも今ほど多くの誤解はなかっただろう、と。

また作る側はもう少し扱うモノを慎重に検討すべきだろう、と言うことですね。
ましてや『バイオ』シリーズは世界規模で売れてるタイトルだけに影響力は決して小さくはないと言うことでしょう。島国で日本人以外の人種と基本的に混じることがなかった日本ではあまり敏感に感じ辛いかもしれませんがやはり海外だと人種差別は大なり小なり身近な問題なんですね。

と言う理論もわかるのも半分、敏感に反応しすぎとツッコミたくなる気も半分・・・。
今まではずっとアメリカ人の白人(一部のみ黒人)がゾンビ化して撃ち殺し、『4』ではヨーロッパの山村が化け物の巣と化してたのに何も問題なくスルー。『5』になり黒人が相手になった瞬間怒り出す。いかに人種問題が歴史的な観点からもデリケートな事であろうがさすがにちょっと都合よすぎじゃないのと・・・

あまり大きく本音書きすぎると左寄りか右寄りかなど言われそうなので怖いですが今回はCroal氏の言う通りカプコンの公開の仕方がちょっと迂闊だったんじゃないかなぁ?と思いますよ。完成度にはより一層の期待をすると共に今後のプロモーション活動も注目するところですね(´・ω・`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本人は基本的に「外人」と一括りにしますからね。(肌の色とかでは余り差別しませんし)
丁稚奉公等は在っても、黒人みたいな日常での「奴隷」は殆ど無いですから。

MOHライジングサンの敵は日本人ですし、ブレイジングエンジェルの真珠湾は明らかに嘘でした。
ゲームと割り切るべきか、歴史物として訂正を求めるべきかは難しいですね。
要するに、数在るゲームでは何処も似た様な目に合ってる訳ですよ。w

こんな事でお蔵入りして欲しくないですし、延期や修正もする必要無いでしょう。
差別に敏感になる歴史的事実も理解出来ますから、上手くフォローして欲しいですね。
って言いますか、今更方向修正による延期は勘弁願いたい。(^^ゞ
2008/04/14(月) 02:17 | URL | 多機種ユーザー #-[ 編集]
架空のファンタジーではなく舞台はかなりのリアリティを持たせた現代で人種も必然的に現地の人間(人種)になれば今回の設定上仕方ないと思いますよね。プロモーションにはもう少し配慮が必要かもしれませんが基本的に今のまま開発が続き発売されると嬉しいですよね。だいたい今のところクレームつけてるのって米系黒人だけな気もしますが・・・w

クレームがあれども全体から見たらごく一部でしょうし見た目の表面的な部分に配慮した挙句また最初から開発とかは誰も望んでいないでしょうし。『4』の時は途中全部ひっくり返していましたがあれはゲームの内容的に進化させる必要があったからこそで今回の様な事での修正&延期はほんと勘弁ですw
2008/04/14(月) 23:02 | URL | ぱっちりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。