ゲーム関係のニュースや遊んだゲームの感想など。 主に扱っているハードはXbox360とPS系です。リンクフリー、コメントもお気軽にどうぞ?。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数日前からソニーのサイトで謎のカウントダウンが行われていましたが『サイレン』の新作だったんですね。赤い背景にソニーの新作、製作のスタッフ募集をだいぶ前にしていたことを考えれば結構バレバレな感じでしたが写真を見るとかなり良さげですよ?(´・ω・`)
ファミ痛.com

080418siren02.jpg

080418siren04.jpg

過去作のCMがあまりにも怖すぎてCMが自粛したりと色々話題がありましたが今回はPS3にハードが変わり更にビジュアルに磨きがかかっていて公開されたSSを見るだけでかな?り怖く・・・。
ファミ痛の対談によると新作と言うよりも1作目の「新訳」と言う作りだとか。リメイクや続編ではなく新たな解釈?日本風土独特のホラーテイストはそのままに登場人物の半数を外人にして新たなストーリーが語られるんですね?

対談によると導入部分の舞台は同じでも中身は違う内容になっているそうです。
また新作に合わせて敵の行動パターンも強化されているらしく動きもスピーディーになり行動バリエーションもかなり増えている。武器を持ってない状態での難易度は上がっているそうですが極端に難しい局面には出くわさないようにバランスを調整しているそうです。

ホラーテイストがちょっと苦手なので過去作は敬遠していましたがビジュアルクオリティーがここまで上がると逆に遊んでみたくなりますよ。登場人物が半分が外人になったことも個人的には日本人ばかりのパニックホラーよりは興味をそそられます。また4月25日から体験版が配信されるそうです。

いいな?、遊びたいですよ。
このタイトルはソニー製なのでマルチになることはまずありえないでしょうしPS3のOnly Onタイトルと言ってもいいかもしれません。開発状況は90%で発売日も7月24日!いきなり発表した上にほぼ完成していて発売日も決まる!PS3オーナーには嬉しいサプライズですね(´・ω・`)


------------------追記------------------
GameTrailersにデビュートレーラーがありました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
敵?がなんかマネキンみたいな色遣いですね。もう少し健康的でも良さそうなんですが。生々しいとういう面で色遣いで損している感じです。PS3ですので関係ありませんけど。
ホラー系といえば、いつかやってみたかったのがテクモの和風ホラーの零なんですが、次回作がWiiだったのにはショックでしたねー
2008/04/21(月) 21:07 | URL | きず #wLMIWoss[ 編集]
嬉しい様な、個人的には要らない様な…。(^^ゞ
1作目持ってるんですが、高難度以上に「怖くて」放置してます。
やる気も一切起きません。w(2は少し長く遊べましたが、高価買取へ)
バイオ等のゾンビ物は怖くないんですけど、コレは雰囲気が全く別物です。
「敵を殺せない、人間が弱い」特に「屍人の不気味さ」この3つが…。
(視界ジャックすると分かりますが、屍人はゾンビでは無く言葉も喋ります)
バイオと違い、妖怪やお化けへの恐怖が染み着いてるのかもしれませんね。
体験版も懲りずにやるつもりですが、製品版は多分買えないでしょう。orz
2008/04/21(月) 22:19 | URL | 多機種ユーザー #-[ 編集]
>>きずさん
土気色で生気が無い表現なんでしょうがゾンビみたいに腐っているわけでもないので派手に血を流していない場合はやや人形っぽさもありますね。
私は零の1作目だけ借りてやりましたがあちらもかな~り怖いですよ。ヘッドホン付けて暗い部屋でやれば効果抜群です。ゲーム的には・・・一部の敵の攻撃が理不尽に強く怖さもあってほっぽり出してます・・・w

>>多機種ユーザーさん
私もギアーズやバイオ系のグロは平気なんですが和風テイストのこういうホラー的なものどうも苦手で・・・。
テクモの『零』もちょっとやりましたが途中で投げました。屍人が言葉を喋るのも死んでいるけど喋る、みたいでかなり気持ち悪いですね。目や口から血が出てる表現も腐っているより怖いです;;
360は基本的に洋ゲーメインでこの手の和風ホラーがまず出ないのがちょっと残念です。怖い物みたいさな部分もありますが一度は遊んでみたいですね。デモ版でタダですしw
2008/04/21(月) 23:17 | URL | ぱっちりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。